« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

ネットで申し込んだら郵便で

46okunen

 
夕べから昨秋に申し込んだ分冊百科のメールを探す。
受信フォルダに見当たらない。
間違って削除したんだろうかとゴミ箱も探すがない。
おかしいなぁ?メールアドレスを間違って入力してしまったんだろうか?
間違いなく受付完了の画面を確認したんだけど・・・。
そこでふと思う。
ひょっとしたら郵便?
案の定、留守中に届いていました。
申し込んだ翌日に商品が届くという時代に、ネットで申し込んだら数日後に郵便。
アナログな対応に驚く。
さらに、ゆうちょの振替用紙が同封されている。
振り替えだと1週間から10日かかる。
すでに1週間が経って第2号が発売されているはず。
電話での申し込みは煩わしいので、クレジットカード払いでFAXで。
その手続きをしていると電話。
百ヶ日なのでお参りに来て欲しいと。
11時にお参りに。
瑞恵ちゃんと想は小児科医院へ。
帰宅すると正午。
私と女房は昼食と農協へ。
農協に口座を作ることが求められたため。
午後は散髪に。
帰宅するとご門徒の方が亡くなられたとのこと。
私の5学年上の方。
数年前に脳梗塞で倒れられ、自宅で療養生活をされていました。
日・月の日程でお葬式。

大恐竜展

Photo_3

 
ホテルを出て左へ行くと御茶ノ水駅。
そこがホテルの最寄りの駅。
しかし、今朝は右へ。
夕べ息子たちに教えられました。
秋葉原駅へも徒歩5分ほど。
秋葉原から上野へ。
国立科学博物館。
大恐竜展。
恐竜展は3度目。
しかし、新たに勉強させてもらいました。
 
 
Photo_4
上野から地下鉄で日本橋へ。
所要を済ませて昼食。
更科そば。
三越日本橋本店でエレベーターに乗ると。「北斎展」の表示。
これは見なければ・・・。
羽田空港午後3時30分発の便。
午後5時に帰宅。
能登空港はありがたい。

大浮世絵展

Photo

 
御茶ノ水から電車で両国へ。
江戸東京博物館。
大浮世絵展。
 
Ukiyoe_2 
切手などの図鑑でしか見たことのない有名な絵の数々。
堪能しました。
 
Photo_2 
同じ江戸東京博物館で東海道五十三次展も。
ラッキーでした。
 
 
Dscn5380 
両国からバスで移動。
スカイツリーへ。
平日だというのにチケット購入に20分待ち。
土日だったらどんなだろうと思いました。
 
スカイツリーを降りると午後5時。
ホテルへ戻って、3男、次男と合流。

初東京タワー

Dscn5359

 
能登空港を午前11時10分発の便で東京へ。
空港でサンドイッチで昼食を済ませてバスで移動。
所要を済ませて東京タワーへ。
スカイツリーができた時代に東京タワー初体験。
東京に縁のない田舎者なので・・・。
 
 
Dscn5365 
夕食はうなぎ屋さん。
友達の漆器屋さんの器が使われています。
NHKスペシャルでも紹介されたお店です。

寒いが雪がない

Dsc_0001
寒いが天気がいい。
寒いが雪がない。
不思議な冬。
午前中は予定がない。
ベルと留守番をして過ごす。
ネットでウダウダと。
午後は月忌のお参り。
夕方は鍼灸院。

真宗会館

Hanare

 
午前11時から3回忌。
日が差したり雪が降ったりのめまぐるしい天気。
お斎(昼食)はご辞退。
若夫婦家族はそれぞれ外出。
女房とベルと留守番。
昼寝をしたり、ネットをしたり、ちょっと本を読んだり・・・。
日曜日で大工さんが休みなので離れの改築工事をのぞきに。
天井が張られていました。
千葉在住の方から電話。
お勤めをお願いしようと関東のお寺を調べて電話をするが、お墓を移設しないから・・・とか、宗派が違うとか言われて見つけられないとのこと。
そこで、東京の真宗会館を紹介。
しばらくすると再び電話。
真宗会館に依頼することにしたと・・・。
それが間違いないと思いますと・・・。

地球46億年の旅

Sukyana_2 
今日はお参りの予定はなし、休み。
朝一番の訪問者は宅配便。
スキャナが届く。
すぐに必要というわけではなかったのですが、win8にしたらこれまで使っていたスキャナが使えなくなったので・・・。
 
 
46okunen_2 
書店へ。
昨日の新聞の広告で見た分冊の百科。
2号からは直販に。
勉強します。

加除式書籍の差し替え

Dsc_0001

 
今日は瑞恵ちゃんと想はお友達に誘われてランチにお出かけ。
女房は、友達のつきあいで呉服店の展示会に。
私とベルが留守番。
想が留守の間にと宗教法人の法律実務加除式書籍の追録を差し替える。
昨年の11月の入院中に届いていたのですが、作業をする気にならなくてつい放置していました。
昼食を挟んで3冊分を差し替えました。
夕方5時から13回忌の年忌のお参り。
大阪から帰省されたお兄さんとご兄弟でお参りしていただきました。

100,000年後の安全

100000

 
今日はお参りの予定はなし。
何となくパソコンなどを前に置いてこたつで過ごす。
昼前に来客。
ご門徒の方の娘さん夫婦。
娘さんと言っても私と同年代だと思われる。
富山在住で、病院に入院されているお母さんの見舞いのついでに・・・とのこと。
お母さんのお葬式の相談。
輪島に葬儀屋がないのでどうしたものかと尋ねたら、お寺に相談すればと助言されてと・・・。
お母さんは独居老人で、施設に入居されていたので自宅の電気などは停止してしまっていて、亡くなられても自宅には戻ることができないとのこと。
こういう相談が多くなりました。
 
昼食を食べ終えた12時半頃来客。
玄関へ出てみると4~5人の男性が。
私の顔を見て怪訝そうな顔。
○○さんですか?っと尋ねられる。
いえ、山吹です。
○○さんのお寺は?
ここは輪島市なので、隣町になります。
おかしいなぁ?ここの電話番号を教えられたんだけど・・・。
言葉は丁寧だけど一般人には見えない。
 
ネットのニュースで
を読んで、視聴する。
20分ほど視たところでスタッフマネージャーが「暇やぁ~」とやって来る。
コーヒーを飲みながらおしゃべりタイム。
残りは夜、寝床の中で。
視てよかった。

問い合わせの電話

Dsc_0001

 
朝7時過ぎに電話。
正覚寺を会場にした場合のお葬式費用の問い合わせ。
セレモニーホールにも問い合わせて比較されているとほとんどの人はセレモニーホールを利用される。
正覚寺は最低限の荘厳を含めた金額、セレモニーホールは荘厳をプラスしていかなければならない金額。
その違いは大きいのですが、それは電話では理解できないと思います。
問い合わせだけで、その後電話がかかることはありませんでした。
 
 
Hondou1
 
Hondou2 
今朝のもう一本の電話。
正覚寺の本堂が建てられたのはいつだ?との問い。
何のことだろうと問うと、写真屋さんから珍しい古い写真だともらった写真があるということ。
正覚寺の石場かちの写真と。
その写真を輪島の古い写真として応募・提出したのだとのとのこと。
明治末の大火で焼失して昭和初年に再建されたとお返事。
本堂の建築には数年~10年ほどかかっています、本堂が完成したのは昭和初年のはずと。
この写真はいつのものだと答えたらいいと重ねて問われる。
調べなければその写真の詳細は今すぐには返答できませんと。
今日取材を受けると・・・。
突然電話を掛けられて、すぐに調べて答えろと言われても・・・。
本堂が建てられたのは昭和の初め頃です、と同じ答えを繰り返すだけです。
昭和の初め頃と答えておきますか?と問われるので、そうして下さいと返事をしました。
ホームページで確認すると、石場かちは大正元年。
そうだ!明治の次は大正だった。
まぁ、いいか。
 
午前11時から満中陰法要。
水曜日ですが、今日が49日目。
お斎はご辞退。
昼食後横になると、やっぱり今日もしばらく眠ったようでした。
午後2時から漁師町のご門徒の月忌初め。
夕方は車で30分ほどの隣町の山間の集落へ。
道路脇の温度計は0度からマイナスへ。
能登空港手前の集落ではマイナス2度。
4七日のお勤めを終えると外は真っ白、凍みていました。
帰りは少しゆっくり目に、慎重に。

本は電子ブックの立ち読み

Dsc_0001

 
午前中はオフ。
留守番をしながら本を読もうと探す。
おかしいなぁ?冒頭の部分を読んだ本があったはずなんだけど・・・。
2階の自室にも居間にも見当たらない。
探し回って諦めたところで、はたと気づく。
そうだ!電子ブックだったんだ。
タブレットを開いてみると電子ブックを買ったのではなく立ち読みをしたようでした。
そこで手続きをして購入。
これで、タブレットでもスマホでもPCでも本が読めます。
午後は漁師町へ月忌初め。
お参りのついでに、本山で求めてきた打敷(お仏壇の卓に掛ける三角の布)と修理した数珠をお届け。
夕方は鍼灸院へ。
午後7時から祥月命日のお参り。

徒歩

Dsc_0001

 
今朝も寒い。
寝床の中にいても寒いのがわかる。
午前10時から月忌を。
毎月23日にお伺いしているのですが、大阪に住まわれている娘さんに孫守の依頼を受けて留守にするので・・・。
寒いが薄曇りという天気なので徒歩で。
うっすらと雪があるのでもんぺに長靴、コートにニット帽、手袋も。
日中融けかかった雪が夜中の冷え込みで凍ったようで、道路はつるつる。
長靴という選択は正しかったと思いました。
昼食後は昼寝。
気がつくと女房が見ているテレビが進んでいたので、眠ったのだと思います。
午後3時から月忌兼お取越・報恩講へ。
午後もコートにニット帽、手袋で徒歩。
細い小路は雪が残っていましたが、もんぺをはかずに厚手の妻がけのついた草履で。
傘を持って出かけましたが、行きも帰りのささずに。
帰り道に魚の振り売りをする漁師町のご門徒の方と立ち話。
新様式の本堂に建て替えてよかったねぇ、と。
ありがとうございます、おかげさまでとご挨拶。
ついでに友達の家に頼まれものを届けて帰宅すると4時5分ほど前。
すぐに着替えて組会(地域の真宗大谷派の会合)へ。
今度も徒歩で。
4時からだったのですが、5~10分ほど遅刻。
5時半頃閉会し帰宅。
新年懇親会があるのですが欠席。
午後7時から中陰・3七日。
川向こうのお宅なので車で。
川を越えると土砂降り。
午後8時前に帰宅。
これで本日の予定終了。

アウトレットパーク

Dscn5279

 
京都も雪。
9時半頃、嵐山を出発。
三井アウトレットパーク竜王へ。
雪のせいでしょう、駐車場はガラガラ。
いつもは行列というレストランにも行列はなし。
私はバッグと靴を買ってもらいました。
それでも午後2時過ぎには屋内駐車場は満車。
賤ヶ岳サービスエリアでコーヒータイム。
ここもガラガラで、レストランの客は私たちだけ。
食事をする時間ではないせいでしょうが・・・。
6時前にベルを迎えにペットホテルへ。
金沢駅西の駐車場からは車は2台。
大きい車には若夫婦家族、コンパクトカーには私たち夫婦とベル。
途中のショッピングモールで夕食を済ませて帰路。
私たちにとっては遅い正月休みでした。

宇治上神社と伏見稲荷大社

Ujigami

 
9時半頃ホテルを出て宇治へ。
宇治上神社。
京都の世界遺産の中で唯一訪れたことのない施設。
って言うか、昨年の春までこういう世界遺産があることも知りませんでした。
鳥居をくぐって門の前まで進み、駐車場を訪ねようとすると門から若い巫女さんが・・・。
ご祈祷のご予約の方ですか?っと。
いいえ、見学を・・・と答えると、門の前の空きスペースにどうぞと。
観光地と思えない、普通の田舎のお宮さんのようでした。
拝殿と本殿、脇に2~3の小さな祠のこじんまりとした小さな神社。
正覚寺の斜め向かいの重蔵神社のほうがずっと大きい。
インターネットで調べた知識では鎌倉時代に建てられた建物だとのことでしたが、平安時代の建物とのこと。
古い時代には神社はこういう規模だったのかもしれないと思いました。
本殿では何か調査?撮影が行われていて、神様は拝殿に移されているとのこと。
 
 
Husimi 
続いて伏見稲荷へ。
神社の手前にある龍谷大学前からガードマンが案内をしている。
境内の駐車場は満車とのこと。
指示された駐車場へ。
伏見稲荷は想像を超えた規模の大きな神社。
数名の参拝者で静かだった宇治上神社と打って変わって、参道は屋台が並んで祭り状態。
大勢の参拝者で賑わっています。
宿泊・食事の施設まで整っています。
拝殿には大勢の参拝者が頭を下げて祈祷を受けています。
脇には数十名の次の祈祷を待つ人の列。
行列のできるラーメン屋に並んだ経験はありますが、行列のできる神社は初めてでした。
商売繁盛・五穀豊穣、安産・万病平癒、学業成就を祈願とのこと。
長男が、「よこしまな考えでここに来ているんだなぁ」と。
世界文化遺産より現世利益ってことですかね。
それが神社ですから当たり前ですが・・・。
 
 
Arasiyama
 
本山へ参拝し、本山前の数珠屋さんへ依頼してあった数珠を受け取りによって嵐山へ。

京都へ

Dscn5222

 
お葬式の予定がなければ所用があって京都へ出かけるつもりでした。
午前中、相続講金を本山へ上納して今日の予定は終了。
で、急遽京都へ出かけることに。
11時過ぎに出かけ、金沢の駅西のペットホテルへベルを預ける。
立ち食いうどんで昼食を済ませ、午後2時前のサンダーバード。
午後4時過ぎに京都。
京都駅の南隣のホテルにチェックインして所要に。
5時を過ぎていたので本山は閉門後。
珠数屋と書店へ。
ホテルへ戻り若夫婦家族と合流。
 
 
Dsc_0002
 
電車やホテルのベッドでこの本を読み終える。
フィクションなんだけどリアル。
まさに現役キャリア官僚の作品。
「国の政治は、その国民の民度を超えられない」。
政治がお粗末、それは国民がお粗末だから・・・。

餅お講

Dsc_0001

 
午前10時に漁師町のご門徒へ月忌初め。
帰宅後、女房とご門徒からお預かりした相続講志(本山への上納金)の記帳作業。
午後は病院へ。
予約診察。
心電図検査の後診察。
病院前の薬局で薬を処方してもらって帰宅。
帰宅すると工務店の社長が離れの改築工事の壁などの打ち合わせ。
夕方は市街地の町内会の追悼会、餅お講に。
数年前までは会場となったお宅のお手次のお寺の住職が勤めていたのですが、集会場が会場となった数年前からは私が専属のように・・・。
そして2~3年前まではお勤めの後、短い法話をしていたのですが、会場の管理の都合でお勤めのみとなりました。
昨年の物故者は2名。
お二人とも正覚寺とはご縁がなく、私はお葬式にはお参りさせていただいていない方でした。
お経の間にお焼香。
今年から私一人がお経を読むだけではなく、お経を短くして、正信偈・同朋奉讃を唱和することに。
後ろから何人も正信偈のお勤めの声が聞こえて、変更してよかったと思いました。
お勤めの後は餅お講。
正月の鏡餅などを持ち寄り競りをします。

左義長・どんど焼き

Dsc_0002

 
今日も寒い。
午前中はこたつにこもって過ごす。
昼食後はしばし昼寝。
眠るつもりがなくても10~15分ほど眠った様子。
午後は月忌に。
斜め向かいの神社の境内で左義長・どんど焼きが行われている様子。
月忌のお宅は漆器屋さん。
私が仲介・依頼をした屠蘇器・銚子の修理をお願いしたお宅。
その修理に思わぬクレーム。
再修理に依頼主が納得して下さりホッとしたとご夫婦。
私は、ご迷惑をおかけしました、申し訳ありませんでしたと・・・。
無事円満に解決できてよかったと安心しました。
夕方は鍼灸院へ。
4時半頃行ってみると駐車場が満車。
あきらめていったん帰宅。
5時前に再び行ってみると駐車場に空きが・・・。
治療してもらえました。

イタリアン・ダイニング Orizzonte

Orizzonte

 
今日もお参りの予定はなし。
そして今日もほとんど零下で寒い。
午前中は何となくネットで過ごす。
昼食後は女房はお花のお稽古。
私はベルと留守番。
20分ほど昼寝。
その後読書。
居間でのこたつだと読書に集中できない。
でも、今日は一人で留守番だから・・・。
夕食は、女房と二人、イタリアン・ダイニングへ。
長男の同級生のお店。
カルパッチョ、前菜盛り合わせ、牛肉のソース煮、トマトサラダ、エビのピザ、イカのスパゲティ。
すべておいしい。
350mmほどのグラスで恵比寿の生ビールを、私は1杯、女房は3杯。

高校サッカー選手権決勝

Dsc_0005_2

 
今日も寒い。
ほとんど零下という1日。
明日も寒いらしい。
若院は明日から本山で登高座作法の講習と考査。
で、今朝から京都へ出かける。
瑞恵ちゃんと想も同行。
私たち夫婦とベルが留守番。
日中はお参りの予定がない。
午前中は、月忌初めというお参りの連絡のはがきを・・・。
 
 
Dsc_0002 
午後は高校サッカー選手権決勝を観戦。
星稜(石川)対富山第一の北陸同士の決勝戦。
後半終了間際まで2-0で星稜のリード。
星稜が優勝だと思っていたら、あれよあれよと同点で延長戦。
延長戦も同点で終了かと思った時に富山第一が決勝点。
選手個々人の技術は富山第一の方が上のような気がしました。
小さな県が並ぶ北陸。
冬は外でトレーニングできる日が少ない地方。
そんなハンディのある地方の高校がよくがんばったと思いました。
 
午後7時に中陰・2七日。

年末調整

Gensen1_2

 
今日はお参りが休み。
日曜日なのですが・・・。
他の輪島の浄土真宗寺院は、ご法事の予定がなければ、お取越・報恩講で忙しいでしょうが・・・。
トイレの中で思い出す、そうだ!年末調整をしなければならなかったんだ。
で、年末調整を。
パソコンを新調したら去年まで使っていたソフトが使えない。
で、別のソフトを探す。
もちろん無料のフリー・ソフトを。
去年までは各控除の計算・書類から市役所等への提出書類まで1つのソフトで行えたのですが、今年は計算ソフトと書類用のソフトはそれぞれ。
初めてのソフトなので戸惑って手間がかかるかと思ったのですが、スムーズに書類ができあがりました。
昼食後は想と一緒に昼寝。
眠るとは思わなかったのですが、しばらく眠ったようでした。
薬の副作用だと思います。

お葬式と追悼会

Dsc_0001

若院(長男)は街外れの集落へお取越・報恩講に。
私は午前11時からお葬式。
寒いので10時ではなく11時という時間の選択は正解だと思います。
街外れのお寺のご門徒でした。
 
 
Dsc_0002 
お葬式を終えてすぐにお葬式のお飾りを撤去。
午後のお参りのお荘厳。
午後2時から輪島青年会議所の物故会員の追悼会。
私も青年会議所のOBなので・・・。
約20名ほどの参列でした。

3回忌

Dsc_0001
今日も寒い。
午前10時から3回忌の年忌のお勤め。
今日がご命日。
家族でお参り。
午後2時からも3回忌の年忌のお勤め。
明日の11日がご命日。
こちらも家族でお参り。
帰路に月忌を1軒。
夜はお通夜。
街外れのお寺のご門徒。

山の中腹

Dsc_0003

 
午前中は年忌のお参り。
高洲山という奥能登で一番高い山の中腹のようなところのご門徒。
雪の天気なので写真のような景色ですが、晴れていれば日本海を眺められる景色のよいところです。
昼食後は昼寝。
 
 
Rakku
 
午後は、まずネットでの直販品の注文。
続いて、ネットで注文していた押し入れハンガーラックを組み立て。
これで私専用のハンガースペースを確保。
夕方はホームセンターへ。
LED電球を買ってきて脱衣場の電球交換。
これで今日の予定終了。

ヒーター一体型照明

Photo_2

 
浴室の脱衣場の暖房が壊れてしまった。
で、昨日ネットショッピングで・・・。
それが午前中に届く。
取り付けるためにソケットの交換が必要。
ホームセンターで探すが見当たらない。
ネットで調べると、ソケットの交換は電気工事の資格が必要とのこと。
なるほど!
で、友達の電気屋さんにメール。
返事がない。
忙しいのか、まぁ、いいか。
午後は八日講。
西隣のお寺が宿寺。
冷たい雨が降る寒い中10名以上の参詣。
すごい!
続いて年末にお葬式をされたお寺の中陰・2七日に。
帰宅すると電気工事が完了している。
メールに返事をせずに工事をしてくれたんだ。
ありがたい。
5時20分頃再び出かける。
30分ほどの山間の集落へ。
従兄弟の代理で中陰・2七日。
7時過ぎに帰宅して夕食。
夕食後確認すると、夕方飲んだつもりの薬が残っている。
情けない。 (T_T)

想と散歩、ショッピング

Dsc_0001

 
今日はお参りの予定はなし。
今朝は今冬1番と思える冷え込み。
寒い。
ところが天気はいい。
天気に誘われて想と寺の周囲を一回り、散歩。
昼食後はちょっと昼寝。
夕方、女房の買い物に便乗して想とショッピングセンターへ。
格安のDVDを2枚買いました。

鍼灸はじめ

Dsc_0002_2

午前9時から祥月命日のお参り。
元日が命日なのでお正月明けに。
曇り空で徒歩4~5分のお宅なので徒歩で。
コートを着て歩いて行くと、天気はいいが風が冷たい。
昨日買った帽子を被るべきであったと反省。
ご夫婦だけの世帯。
子供さんたちはそれぞれ金沢や東京に。
赤本を準備されているので、お経に続いて正信偈のお勤め。
10時頃帰宅。
女房が3男を送って能登空港へ。
3男は11時10分発の午前便で神奈川へ。
私は郵便局から年賀状を買ってきてお返事を。
ポストの投函は想と。
天気がいいので手を引いてあんよ。
11時半に早めの昼食。
午後1時からお葬式。
御導師ら僧侶方を送り出して本堂のスタッフさんの作業する場へ。
頭がふらつく。
いすに座る。
あれ?昼食後に薬を飲むと言ったが、飲んでいないかも。
居間に戻って確認すると昼の薬はそのまま。
情けない。 (;_;)
ちょっとした軽作業をし終えると、集金を終えたマネージャーが支払い業務。
夕方は鍼灸院へ。
治療を終えて帰ろうとすると鍼灸院の奥さんに呼び止められる。
メールの送受信ができないので見て欲しいとのこと。
いろいろ確認していると、大量のメールが送信されたか受診されたかでアドレスの使用が止められているとのこと。
それをパスワードを再設定して、停止を解除して無事復旧。
お礼にと奈良漬けをいただいて、7時過ぎに帰宅。

免許センター

Dsc_0003

 
夕べ電話があり今日・明日の日程でお葬式。
西へ15分ほどの山間のお寺のご門徒。
で、今夜はお通夜。
帰省していた3男は明日の午前便で神奈川へ戻ります。
その3男の免許証が今月10日で切れてしまいます。
その更新手続きができる日は今日しかありません。
10時40分からの講習を受けに免許センターへ。
初回の更新なので2時間の講習。
それを待つ間、ショッピングモールで買い物。
12時40分終了予定だったので、12時30分頃免許センターへ迎えに。
すると1時間ほど遅れているとのこと。
仕方がないので今度は道の駅へ。
午後1時半頃3男と合流して、ショッピングセンターで遅い昼食。
昼食後の薬を持参するのを忘れる。 bearing
午後4時頃帰宅。
夜はお通夜。
初めて正覚寺へ来られた御導師。

荘厳払い

Dsc_0001

 
午前10時に昨日のお葬式のお礼参りに。
喪主の妹の方が一人で。
喪主の50代のお兄さんは脳梗塞のご病気とのこと。
そういう事情もあってのことでしょう、34日目に三十五日法要を・・・とおっしゃる。
私は、
「昨日もご説明したつもりですが、三十五日法要という儀式はありません。
満中陰という49日目や50日目に勤めるべき儀式を早めて勤める目安として三十五日があります。
事情が許せば35日を過ぎてからの日程にしませんか」
と説明させてもらいました。
お礼参りの方を送り出してから本堂の荘厳払い。
本来10日までは修正会・正月の荘厳なのかもしれませんが・・・。
午後ようやくのんびりと・・・。
正月を過ごしたという気がしません。
お葬式のせいだろうと思います。
夕方能登空港からの午後便で次男が東京へ帰っていきました。
少し寂しくなりました。

自宅葬

Dsc_0002

 
今日も本堂は初詣の準備。
ところが、玄関の戸の鍵は開けたものの自動ドアのスイッチを入れ忘れたみたい。
何をやっているんだか・・・。
午前11時からお葬式、自宅葬、一人でお勤め。
当然火葬場へも。
帰宅して昼食。
今日も息子たちはそれぞれお出かけ。
私たち夫婦とベルが留守番。
昼食は今日も雑煮。
朝食も変わらず切り餅。
昼食後月忌初めを1軒。
正覚寺のご門徒ではないのですが、隣町のご住職の代わりに・・・。
午後2時半頃から還骨・中陰。
終えてホッとする。
疲れました。

箱根駅伝

Hakone2

 
本堂に初詣の準備をして、枕勤め。
脳梗塞で亡くなられたらしいとの診断書。
帰宅して箱根駅伝を観戦しながら法名の選定など。
息子たちはそれぞれお出かけ。
日中は女房とベルと。
昼食後、棺覆七条の準備を忘れていることに気づく。
遺族の方に電話して取りに来てもらう。
今日も年賀状が届く。
その中、差し出していない方から2通、宛先不明で戻ってきた年賀状が1通。
宛先不明は、女房が従兄弟からの転居の連絡を忘れていたため。
夕方、本堂を戸締まり。
夜はお通夜。
お剃刀(帰敬式)の際に故人のお顔を見ると、まるでただ目をつむっているよう。

お正月

Sdsc_0001_2

 
朝から本堂脇の部屋に座る。
初詣の参拝の方に年始のご挨拶を。
8時半から11時頃までに15~20組ほどの参詣。
少ない!っと思われると思いますが、私の予想よりも多い。
正覚寺とすれば上出来だと思います。
11時を過ぎるとピタリと訪問者がなくなり、12時半に撤収。
近年は、昼食に雑煮。
元日の朝食は、女房に実家製の豆餅を焼いて。
昼食後は、出してなかったところへ年賀状を。
業者などを除いて9通。
午後2時からは天皇杯のサッカー観戦。
中村俊輔のファンなので横浜マリノスを応援。
サンフレッチェ広島も嫌いじゃないんだけど、シーズン終了時の連敗でマリノスが優勝を逃していたのがかわいそうで・・・。
夕方、本堂の戸締まりをして居間に帰ると女房が電話を受けている。
ご門徒の方が急死されたとのこと。
事情はわからないが、検死が入っているということで、枕勤めは明朝。
明日・明後日の日程で正覚寺を会場にとのこと。
明日の午前中で本堂の荘厳を替えねば・・・と本堂へ。
すると、女房が本堂へ。
隣町の葬儀社に依頼して自宅で葬儀をされるとのこと。
どういう事情で、どういう判断かわかりませんが、もったいない・・・と思いました。
互助会に入会、積み立てをされていたのでしょうが・・・。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック