« 左義長・どんど焼き | トップページ | 京都へ »

餅お講

Dsc_0001

 
午前10時に漁師町のご門徒へ月忌初め。
帰宅後、女房とご門徒からお預かりした相続講志(本山への上納金)の記帳作業。
午後は病院へ。
予約診察。
心電図検査の後診察。
病院前の薬局で薬を処方してもらって帰宅。
帰宅すると工務店の社長が離れの改築工事の壁などの打ち合わせ。
夕方は市街地の町内会の追悼会、餅お講に。
数年前までは会場となったお宅のお手次のお寺の住職が勤めていたのですが、集会場が会場となった数年前からは私が専属のように・・・。
そして2~3年前まではお勤めの後、短い法話をしていたのですが、会場の管理の都合でお勤めのみとなりました。
昨年の物故者は2名。
お二人とも正覚寺とはご縁がなく、私はお葬式にはお参りさせていただいていない方でした。
お経の間にお焼香。
今年から私一人がお経を読むだけではなく、お経を短くして、正信偈・同朋奉讃を唱和することに。
後ろから何人も正信偈のお勤めの声が聞こえて、変更してよかったと思いました。
お勤めの後は餅お講。
正月の鏡餅などを持ち寄り競りをします。

« 左義長・どんど焼き | トップページ | 京都へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 左義長・どんど焼き | トップページ | 京都へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック