« お国のためになんか死ねるか | トップページ | 家族葬続き »

枕勤め2軒

Dsc_0007 

午前7時前に電話。
大阪の従兄弟から。
枕勤めの依頼。
何時頃?と問われるので、8時半頃にと返事。
起床時の薬を舌下に含んで溶けるのを待つ。
送ってもらったFAXの住所でお宅を調べる。
準備を整えて8時過ぎに出発。
山間部は雪道。
いつもは30分の道のりを40分掛けて。
枕勤めを終えて9時半過ぎに帰宅。
 
 
Dsc_0008
女房が続いてお葬式だと。
聞くとご門徒の方が亡くなり家族葬が希望とのこと。
遅い朝食を済ませて枕勤めに。
勤行を終えると女房から連絡を受けたマネージャーが・・・。
遺族の親子と4人で打ち合わせ。
午後1時半に八日講。
川向こうのお寺が宿寺。
7ヶ寺のうち欠席が4ヶ寺、3名で出仕・勤行。
2時半過ぎに帰宅。
明日のお参りの準備などなど。
午後5時に仮通夜に。
休んでいけば?とのお誘いをお断りして帰寺。
 
 
Dsc_0010
午後7時からお通夜。
西の山間のお寺のご門徒。
ご住職ご夫婦で参勤。

« お国のためになんか死ねるか | トップページ | 家族葬続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お国のためになんか死ねるか | トップページ | 家族葬続き »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック