« ぜんのきらめき | トップページ | 納骨 »

お花もロウソク・線香もない

Dscn8348 
午前9時に改修されるというお墓の墓前勤行。
願主と共にお墓へ。
すると、願主のご夫婦は手ぶら。
お花もロウソク・線香も持っておられない。
私が持っていたロウソクと線香を。
お花はさすがに持っていないので・・・。
こういう時代になったんだと思いました。
墓前勤行を・・・と依頼されたら、お花とロウソク・線香を準備して下さいとお願いしなければ・・・と。
午前10時にお約束していたご夫婦が・・・。
遺骨の納骨、お墓の相談。
合葬墓にご案内し、見ていただく。
で、そこに納骨を・・・と。
期日は後日。
その後、女房と想と米の精米に。
昼食後、女房とご門徒の旅館へ。
10月に予定されている儀式の打ち合わせ。
その後は、スタッフさんとお通夜の準備。
午後7時からお通夜。
街外れのお寺のご門徒。
本堂にあふれる参列者。
どうして正覚寺でのお葬式を選択して下さったんだろう?

« ぜんのきらめき | トップページ | 納骨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぜんのきらめき | トップページ | 納骨 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック