« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

長い1日

Dscn1079 
午前8時前に出かける。
山間の集落の老人介護施設へ。
遺体安置室。
10名余りの参列。
簡素ながらお葬式を。
午前9時過ぎに施設を出、帰寺。
午前10時からお葬式。
終えて、隣の町内のご門徒宅へ。
一周忌。
正午過ぎに帰寺。
施設でのお葬式の方が、本堂で、遺骨と共に待たれている。
スタッフさんに手伝ってもらって準備をし、還骨、中陰。
遅い昼食をいただいていると電話。
10時からのお葬式の方が、遺骨と共に火葬場から帰られると。
役僧さんと喪家へ。
午後1時半過ぎから還骨、中陰。
2時半頃帰宅。
少し仏具の作業をして、午後3時に月忌。
続いて、山間のお寺へ。
昨夜亡くなられたご門徒のご実家。
お弔いに。
午後4時半頃帰宅して、法名の選定。
午後7時からお通夜。
東へ30分ほどの親戚のお寺のご門徒。
長い1日が無事終了。
少し不安だったのですが、無事勤めることができました。

 
Dscn1081

福祉施設へ

Dscn1071 
夕方までお参りの予定はなし。
法名の選定をして、所要に穴水へ。
想も。
ファミレスで食事を済ませて帰宅。
しばし、昼寝と思っていたら、老人福祉施設に入所していた方が亡くなられたとのこと。
明日、火葬をするので、お参りに来て欲しいと。
どういう状況なのか分からないまま、とりあえずお参りに。
施設に伺うと、霊安室に案内される。
室内に、お棺の回りに7~8名の方々が。
明日9時30分に火葬をするのでその前にお参りをして欲しいと。
10時からお葬式の先約があるので、午前8時過ぎにお約束。
帰宅してお通夜の準備。
合わせて福祉施設の方の準備も。
夜はお通夜。

焼き栗

Dscn1046

 
昨日、川向こうのお寺の報恩講で、控室で話題になった焼き栗。
偶然、後輩のフェイスブックに。
コメントを書き込むと、届く。
ありがたい!
午前10時から納骨法要。
家主が老人介護施設に入居され、弁護士さんが成年後見人のお宅。
ご兄弟らが参列。
午後は、川向こうのお寺へ。
報恩講満座。
御代前首座で二重の和讃のお調声をさせていただく。
午後3時に月忌のお参りをして帰宅。
午後4時から輪島高校同窓会の理事会。
百均で買い物をして帰宅。
 
 
Img047Img048_2 
先日の旅行の移動中に読み終えた本。
正覚寺の本堂は押し板形式ですらない。
セレモニー形式だとか、葬儀場だとか皮肉を言われることも。
しかし、負け惜しみではなく、私は恥ずかしい本堂だとも思わないし、新様式の本堂に改築したことに悔いはない。
新様式の本堂は、正覚寺の住職としての私のアピール、メッセージ。

報恩講

Dscn1010 
昼食後、今日も川向こうのお寺へ。
報恩講3日目。
今日は27日、大逮夜。
元々声が低いので、高い声が求められるお勤めは辛い。

 
 
Dscn1015 
午後3時30分に墓前勤行。
母子がお参り。
午後6時、午後7時と中陰。
2七日と4七日。

山間のご門徒

Dscn0965  
午前中は車で20分ほどの山間の集落へ。
かつては4軒のご門徒があったのですが、今は1軒だけ。
老夫婦の家庭。
息子さん一家は金沢近郊。
報恩講・お取越。

 
Dscn0967  
材木の積み込み作業をしている。
訪ねると、椎茸のほだ木の出荷作業とのこと。
 
Dscn0969  
野菜をたくさんいただく。
昨年は全滅でいただけなかったカボチャも。
今年も腐ってしまったのだけど、私のために残った1個を保管して下さったとのこと。
ありがたい。
 
昼食後は、川向こうのお寺へ。
報恩講2日目。
日中は、若さんが指導する合唱団による音楽法要。
私たち僧侶は内陣出仕。
ほとんどお荘厳。
お逮夜は、正信偈草四句目下、五三の淘で六首引。
首座でお調声をさせていただく。
 
夜は、スタッフさんの慰労会。

平等院と本山

Uji1 
今日はあいにくの雨。
ですが、宇治へ。
修理を終えた平等院。
紅葉がきれい。

 
Uji2 
鳳凰堂内部の拝観も。
 
 
Honzan1 
京都へ戻って、本山へ。
渉成園・枳穀邸。
 
Honzan2 
紅葉がきれいでした。
 
Honzan3 

総会所。
本山の報恩講の行事の一つ「カフェあいあう」。
展示を見学した後、コーヒーを。
 
Honzan4 
本山・東本願寺へ。
参拝後サンダーバードで帰路。

世界文化遺産・姫路城

Himeji 
午前6時半前に出かける。
金沢駅へ。
金沢を9時過ぎに出発のサンダーバード。
11時半過ぎに新大阪。
新幹線で姫路へ。
姫路城。
修復を終えて公開されたというので。
白というけれど薄いクリーム色に見える。

 
Himeji2 
姫路城西御屋敷跡庭園好古園へも。
紅葉が美しい。
 
 
Igarasi 
午後5時前の新幹線で京都へ。
連休の最終日の夕方の登りの新幹線。
立って45分。
夕食は祇園へ。
叔父さんの納骨の際、昼食をいただいた割烹。
夕食後は歩いてホテル。
ホテルのバーで1杯。

本堂で

Dscn0821  
午前10時から本堂で満中陰。
終えて、役僧さんは納骨に。
私は、祥月命日のお参りに。
正午前に帰宅して、昼食。
午後1時から本堂でのお葬式、諷経。

のり子

Noriko 
午前10時から諷経。
セレモニーホール。
200~300人収容のホールに、空席ばかりが。
驚きともったいないとの思いが・・・。
帰宅すると宅配便が・・・。
お世話になっている名古屋のお寺の前住職さんから・・・。
写真ののりなど・・・。
若夫婦に大ウケ。
昼食後は月忌を。
その後は、天気がよく暖かだったので軽作業を。
午後7時からお通夜。
街外れのお寺のご門徒。

 
 
310081_00000_0000_yhrg04g4201411222 
午後10時過ぎ、こたつでネット。
突然携帯、続いてテレビ、防災無線も。
構えると揺れ出す。
大きな揺れ。
久々に怖い思いをしました。
震度4。
長野、新潟と連動して奥能登が揺れるんだと思いました。

山本二三展

Img044_3
 
午前9時半頃出かける。
金沢へ。
「山本二三展」。
とてもきれいな絵で、見に行ってよかったと思いました。
絵を見ながら、絵画とアニメ絵の違いは何なんだろうと思いました。
長崎の絵、両親の絵もきれいでした。
輪島も描いてもらえば・・・と思ったら、東北の温泉のポスターが。
教科書の挿絵も。
 

Img045_2
 
 
Dsc_0002
帰りに寄ったショッピングモールの花屋さん。

「報恩講仏花」が売られている。
隣のバケツにはもう少し高い物も。
そちらは残りは1束だけ。
こういう物が売られている、さすが真宗王国だと思う。
午後7時に月忌。

火葬場の予約

Dscn0757 
朝、電話。
棺桶はありますか?
市役所で紹介されたとのこと。
スタッフさんを紹介。
しばらくするとスタッフさんから電話。
依頼主はキリスト教の教会とのことで、火葬場の予約を頼まれたとも。
直接火葬場へ申し込んでもらうことに。
しばらくすると、市役所から電話。
スタッフさんからも電話。
市役所からは予約できないからと・・・。
おかしいなぁ!市・町からも予約できると書いてあるのに・・・。
仮予約はマネージャーが、本予約が私がボランティア。
続いて、掲示板の張り替え。
天候が荒れていたり、多用だったりで、10日前に終了した報恩講のポスターのままだったので・・・。 (--;)
午後3時に病院へ。
2ヶ月ごとの診察。
今日は心電図検査。
お酒は?の質問に、少しと。
たまにですね?っと言われて、つい、はいと返事。
ほとんど毎日なんだけど・・・ (^^;)
深酒はしないように・・・と。
ハイと返事。
いつもの同じ薬が処方さる。
午後7時に中陰・3七日。

紅葉

Dscn0716  
午前10時から月忌を。
毎月23日の月命日にお参りさせていただいているのですが、歌舞伎見物に東京へ出かけられるというので、今月は今日。
天気がいいので徒歩。
帰宅後しばらくすると保険屋さん。
本堂の火災保険の更新。
保険料が・・・と思うが、もしもの場合に備えて・・・。
保険に加入していたおかげで震災復興できたのですから・・・。
昼食後、昼寝。
夕べ、夜中に咳が出て何度も目覚めたせいで眠たい。
午後2時半頃から月忌を2軒。
午前と同じく徒歩。
公園の紅葉がきれいだったので、帰りは少し遠回りも。
下校する小学生や高校生から声を掛けられる。
写真を撮ると、高校生の一人が、「もみじがきれいだね」と。
すると別の高校生が、「紅葉(こうよう)だろ!」と。
「もみじは、紅葉と書いてもみじと読むんだよ」と。
へぇ~!見かけによらず勉強してるんだぁ。
夕方は鍼灸院へ。

 
 
Dna   
「ミトコンドリアDNAは母親からのみ受け継がれるため、女性の子孫が生まれずにどこかで女性が途絶えてしまえば、そのミトコンドリアDNAは継承されない」
男系でなければならないという意見が強いようだけど、ミトコンドリアDNA的には女系であるべきなんじゃないの?

報恩講満座

Dscn0622  
午前10時に昨日のお葬式のお礼参りを受ける。
故人の娘さん2人だと予想していたら、叔父さんも。
娘さんらは東京と金沢。
今後のことについて説明・相談。
お婆さんの独居家庭になるので・・・。
早めの昼食。
12時半前に出かける。
女房の実家へ。
報恩講の満座。
御代前の首座で添え勤めのお調声を。
写真は、女房の実家近くの海岸の岩。

お葬式

Dscn0544 
午前10時からお葬式。
当初は広間での家族葬とおっしゃっていたのですが、本堂で。
40~50名?と思われる参列者。
本堂に変更されてよかったと思いました。
午後1時半頃から還骨・中陰(初七日)。

夜は家族で食事会。
門徒総代さんの居酒屋へ。

お通夜

Dsc_0002 
午前10時から祥月兼お取越・報恩講。
山間地の一軒家。
ご夫婦が参列。
お経に続いて正信偈・同朋奉讃。
続いて月忌のお宅へ。
11時のお約束が11時20分頃に。
前のお宅での会話が長くなったので・・・。
日頃は90歳ほどのお婆さんの一人暮らしのお宅。
昼食後、お通夜の準備。
看板のプリント、法名の選定、お骨箱の準備・・・。
それから買い物。
ドラッグストアとホームセンター。
ドラッグストアでは、のどと鼻のスプレーなどを。
ホームセンタ-ではLED電球を。
夜はお通夜。
30~40名の参列。

しいたけ

Dscn0497  
午前11時から満中陰。
お斎は、親族で食事会。
私と役僧さんは免除。
午後1時半に月忌。
漆器屋さん。
先月結婚した次男にお祝いをいただく。
朱色の菓子器。
ありがたい。
引き続き午後3時に百ヶ日。
郊外の大きなお宅。
寒い。
写真は、昨日、女房の友達からいただいた椎茸。
大きく肉厚。
水炊きでいただく。
午後8時半頃電話。
お葬式の問い合わせ。
明日・明後日の日程。
新宅さんなので、仏壇がないとのこと。
火葬場の仮予約。
書類を準備して、仮のご本尊、道具などを準備して枕勤め。
夕食で1杯飲んだので、女房に送ってもらう。
帰りは、喪家のご近所産が送って下さる。
明日の午後から出かける予定でしたが、中止。

山の中腹の集落へ

Dscn0381_2  
午前11時から33回忌のお勤め。
郊外の山の中腹のようなところ。
日本海に向かう北向きの斜面のお宅なので、これからの季節は大変だと思う。
お婆さんのご姉妹2名と家族3名の合計5名の参列。
伽陀、表白、お経、正信偈・同朋奉讃で50分ほどのお勤め。
同朋奉讃の勤行本は寺から10冊持参。
お勤めを終えると、お持ち帰り用に準備されたお弁当。
帰宅してお弁当を真ん中に、女房と瑞恵ちゃんと3人で昼食。
午後2時過ぎ、市街地のお寺の住職さんが。
教務員という本山への上納金のお世話をされている。
金沢在住のご門徒の方が本山へ納骨に行かれるので、その手続き。
教務員のご住職を送り出して、女房と出かける。
郵便局からご門徒宅、業者さんへ。
お参りに来られなかったお宅へ報恩講のロウソク代のお返しや祠堂・永代経の記念品のお届け、支払いに。
夜は頼母子講。

先祖の祟り

Dscn0380 
午前10時頃お参りに出かける。
車のキーと同じところに置いてあるガイガーカウンター。
いつもは0.10μ㏜か0.12μ㏜なんだけど、今朝は0.15μ㏜。
どうしてだろう?
午前10時過ぎにご門徒宅へ。
玄関先で待っていて下さる。
お父さんのお葬式を、他宗派のお寺のご住職に導師をしていただいたお宅。
10日から9歳の息子さんが入院。
難しい症状のようで、すぐに金沢大学付属病院へ転院。
検査中とのこと。
そうではないかと思っていたのですが、先祖代々の手継ぎ寺院である正覚寺ではなく他寺の導師で葬式をしたので、先祖が祟っていると考えられている様子。
導師をされた宗派は加持祈祷をされるので、なおさらそういう思いが強いのではないかと思いました。
ご先祖の祟りは心配しなくて大丈夫だからとお勤め。
昼食後、休んでいると女房が帰宅。
1時半頃後輩が。
お世話をしている会の打ち合わせ。
後輩を送り出して、女房とけんか。
分かったと言っているのに、3度同じことを繰り返すので、そのしつこさに腹が立つ。
疲れて眠いので横になる。
女房に腹が立って眠れないかと思ったのですが、しばらく眠ったよう。
3時過ぎに百均へ。
夕方、ちょっと作業。
午後6時から入仏式。
自宅を改修されてお仏壇を安置されたので・・・。
引き続き午後7時から中陰・3七日。

トートバッグ

Dscn0322_2
 
女房は7時半に出かける。
今日・明日と七尾。
真宗大谷派能登教務所・済美精舎の報恩講のお斎のお世話。
午前9時から13回忌と23回忌の年忌のお参り。
ご夫婦が参列。
赤本を準備されていたので、正信偈・同朋奉讃のお勤めも。
メール便でトートバッグが届く。
1枚だけのハガキだったので諦めていたのですが・・・。
ささやかながらうれしい。
午後2時に本堂で祥月命日のお勤め。
母娘が参詣。
インターネットで調べて、香炉のふたのヤニを除去。
夜は頼母子講。

酒とつまみと男と女

Photo   
夕べは早く寝たので、早く目覚める。
女房は8時頃で掛ける。
明日・明後日の日程で七尾の真宗大谷派能登教務所・済美精舎の報恩講。
で、女房ら坊守会の役員さん方がお斎の接待を。
今日はその下ごしらえ。
私は、まず祠堂・永代経の掲示の追加。
続いて、報恩講用の五具足の花瓶などの撤収。
立華をバケツに取り払って、花瓶を片付ける。
11時頃、3名の方が相談に。
お昼前に、報恩講で残った野菜を片付ける。
昼食後、横になると眠ったみたい。
郵便局からレターパックを買ってきて遠方のご門徒にお飾りのお下がりの発送。
宛先は手書き、差出人欄はスタンプを。

スタンプがなかなか乾かない。
ヒーターで暖めたり、ドライヤーを当てたり・・・。
シールも可能と書いてある。
もっと早く気づくべきだった。
プリンターでタックシールに差出人をプリント。
学習しました。
 
2_2

祠堂・永代経

Dscn0266  
今日は祠堂・永代経のお参り。
昨年までは10時でしたが、今年から10時30分に。
約60名の参詣。
1時間余りの勤行の後、ご挨拶をさせていただいて、お斎・昼食。
私とお世話方は、お荘厳払い。
午後1時頃から慰労会。

Dscn0268

報恩講

Dscn0228  
午前10時から報恩講。
登高座をして式文、嘆徳文。
下高座後、正信偈、五淘三朝浄土3首引。
心配された参詣者もそこそこ。
日曜日でしたが、お仲間の法中も3名。
若院と役僧さんも。
6名でお勤め。
お勤めをしながら、報恩講だなぁ!と思う。
お斎・昼食後、ほとんどの方が帰ってしまうのではないかと諦めていたのですが、私が想像した以上に残って下さる。
ありがたい。
午後も私を含めて6名でお勤め。
無事今年の報恩講を勤めさせていただきました。
今年の反省を来年に生かしたいと思います。

報恩講初日

Dscn0213 
午前中は最終準備。
仏旗を出したり、掲示を追加したり・・・。
次々とご門徒の方々が・・・。
今日の午前中はお参りはないのですか?
申し訳ありません、今日は午後からです。
深く反省。
午前もお勤めの日程にすべきでした。
帰られた方もおいでましたが、午前10時前から本堂で休まれる方も。
午前11時頃には10名以上の方が・・・。
で、急遽お勤めをすることに。
正信偈・同朋奉讃。
御文も。
で、午前11時半過ぎにお斎・昼食のご案内。
私も正午過ぎにお斎をいただきました。
お斎には35~40名ほどの方が。
午後1時半からお勤め。
今日は八日講を兼ねて。
参詣者を心配していたのですが、20名ほどの人が参詣。
7ヶ寺合同の八日講ですが、3ヶ寺が不参。
報恩講時期の土曜日なので皆さん多忙な様子。
午後3時頃、今日のお参りは終了。
その後、明日のお参りの準備。

八百比丘尼像

Dscn0155 
午前中は報恩講の準備。
ホームセンターへ買い物にも走る。
明日からのお斎・昼食の下ごしらえに女性スタッフさんも。
女房も本堂の立華など・・・。
ご門徒の方々が訪ねてくるので、そのたびに手を止められて作業がはかどらないと機嫌が悪い。
報恩講をするからご門徒が訪ねて下さる。
訪ねられるのが嫌なら行事をしてはいけない。
早めの昼食。
12時40分頃、役僧さんの車に同乗して郊外のお寺へ。
報恩講満座。
ご住職が登高座。
私は、祖師前の二座目。
結讃・如来大悲・・・。
午後3時頃帰宅。
帰宅後も報恩講の準備。

お荘厳と報恩講

Dscn0125 
朝食後、本堂のお荘厳。
明後日から報恩講。
打敷を掛けて、お供え・お飾りの華束。
想像以上に作業がはかどる。
昼食後、役僧さんの車に同乗して郊外の山間の集落のお寺へ。
報恩講大逮夜。
首座でお調声を。
あまり声が出なくて申し訳ありませんでした。
午後3時前に帰宅して、再び本堂のお荘厳。
ほぼ完了。
夕方は百均へ買い物に。

昼の月

Dsc_0001 
午前10時から23回忌。
同じ町内のご近所。
もちろん徒歩で。
11月5日の今日がご命日。
故人の息子さん夫婦が参列。
帰宅して、11時過ぎに昨日のお葬式の喪主のご夫婦がお礼参りに。
中陰の打ち合わせ、満中陰の日程についてご説明、新宅さんなのでお墓について相談。
冷蔵庫に残っていた季節外れの冷やし中華で昼食。
午後1時半から3回忌。
隣の町内のご近所。
こちらも徒歩で。
母子3名が参列。
午後2時半頃帰宅。
報恩講のお供えが届いたので、ロウソク台を志納下さった方へのお返しの準備。
コーヒータイムの後、鍼灸院へ。
写真は、午後4時半頃、鍼灸院へ出かける際に玄関から見えた月。

お葬式と百ヶ日

Dscn0049 
午前10時からお葬式。
セレモニーホール。
大きなホールに3分の1ほどの参列者。
経費がもったいない、ついそう思ってしまう。
お葬式を終えて、役僧さんは火葬場へ。
私は帰宅。
昼食後、午後1時頃に着替えて電話を待つ。
午後1時20分頃電話。
火葬場から帰宅すると。
役僧さんとご自宅へ。
還骨、中陰(初七日)のお勤め。
2時半頃帰宅。
本堂へ。
一昨年の祠堂・永代経の掲示を下ろし、昨年の掲示をそこへ移す。
今年の祠堂・永代経の掲示の箇所の確保。

午後7時から百ヶ日。
七日勤めはそれぞれ一段階ずつ上っていくということですか?
他宗にはそういう考え方もあるようですが、すべての人は浄土に救われているので段階を経るという考え方はありません。
百ヶ日のお経は違うのですか?
法事の意義はどういうことですか?
法事は追善供養、亡き人が地獄へ落ちることなく極楽へ往けますようにと願うことと思われているようですがそうではありません。
亡き人のご恩に感謝し、亡き人のご恩によって育てられ生かされている自分の生命の重みを確認する、それが浄土真宗の法事です。
そんなお話しを。

週刊百科2週分

Dscn0019 
午前中は報恩講の準備の作業。
昼食を終えてしばし昼寝。
午後は、お通夜の準備、法名の準備などなど。
空き時間は、週刊百科を。
先週号に続いて今週号。
午後7時からお通夜。

閉店

Dsc_0001 
午前10時から17回忌。
こちらは若院にお任せ。
私は11時から一周忌。
終えてお斎・昼食。
お斎はご辞退したいところなのですが、昨年の満中陰のお斎をお断りしたので今回は・・・。
ビールを少しだけいただきました。
お斎の会場への行き帰りに通った友達の奥さんが経営していた店の前に張り紙。
閉店のお知らせ。
残念。
帰宅して、郵便局からはがきを買って、プリント。
報恩講のお手伝いの依頼と野菜の提供の依頼のはがき。

買い物に

Dscn9949 
今日はお参りの予定はなし。
報恩講の準備作業という予定。
朝食後、予定変更。
報恩講用の買い物に。
女房と想と3人でお出かけ。
車で1時間ほどの七尾へ。
買い物を終えて女房の実家へ。
女房の実家のご門徒の方がズイキを酢漬けにして下さるというのでいただきに。
帰宅して夕食を待っているところへ電話。
枕勤め。
私は初めて伺うお宅だったのですが、かつては正覚寺からお参りに伺っていたようです。
明後日・明明後日の日程でセレモニーホールでお葬式。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック