« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

鼻水ズルズル

Dsc_0001  
朝から鼻水ズルズル。
花粉症?家族のインフルエンザがうつった?
今日もお参りの予定はなし。

税務署の宿題作業。
夕方、鍼灸院へ。
夕食後も会計簿入力作業。
残りあとわずかなところまで。

会計処理

150224_2 
今日はお参りの予定はなし。
一日中税務署の宿題。
作業は順調なはずだったのだけど、昼食後、預金出納帳を記入しようとすると残金が違っている。
午前中の作業で、現金の出納を間違って記入してしまったらしい。
2時間かけて訂正。
疲れた。

月忌が1軒

Dsc_0001 
朝から税務署の宿題を。
午前10時に月忌のお参り。
写真は伺ったお宅の近くの振り売りの魚屋さん。
10時半過ぎに帰宅。
それからは昼食・昼寝を挟んで税務署の宿題。

法事4軒

午前9時半前に昨日のお葬式の遺族の方がお礼参りに。
遺骨を持参。
遺骨はお預かり。
喪主の独居老人家庭になるので・・・。
午前10時からの百ヶ日法要のお参り若院・長男が・・・。
私と役僧さんは10時半から満中陰。
納骨は役僧さんが・・・。
午後2時から3回忌。
分骨してあった頭骨の納骨のお勤めも。
引き続き午後3時30分から1周忌を。
昨年親子で亡くなられたお宅。
午後6時30分から町内の班の懇親会。
8時半過ぎに帰宅。
若院・長男が発熱で病院へ。
インフルエンザとのこと。
家族にうつらなければいいのですが・・・。

家族葬

Dscn4249  
午前中は税務署の宿題業務。
早めに昼食。
午後12時半前に出かける。
午後1時からお葬式。
家族葬とのことでしたが、20~30名の参列者。
今朝の新聞に掲載されていたので、ひょっとしたら参列者が多くなる?とは思いました。
午後1時30分過ぎにお葬式終了、出棺。
火葬場へ同行して勤行。
午後2時半過ぎに一旦帰宅。
午後4時過ぎに電話。
還骨・中陰に。
午後5時過ぎに帰宅。
そして、午後7時に月忌を。
これで予定終了。

税務署の宿題

Dsc_0001  
日中は予定なし。
朝から税務署からもらった宿題を。
午後4時頃からお通夜の準備。
法名の選定。
遺骨箱の準備。
午後6時半過ぎに出かける。
自宅葬。
5~6名の参列だとお聞きしていたが、10~20名。
着替えて、まず帰敬式・お剃刀。
続いて、勤行。
正信偈・草四句目下、念仏讃淘三ツ 和讃 生死の苦海ほとりなし 次第4首、回向 願以此功徳。
法話に代えて白骨の御文拝読。

税務調査

Dsc_0003  
午前9時半前に税務署の職員2名が・・・。
税務調査。
久々ですが、3度目。
午前中で一旦中断。
後日、3年間の決算書を準備が整ったら再度。

午後2時半から月忌を2軒。
帰宅して留守番を・・・と思っているところへ電話。
ご門徒の肩が亡くなられたとのこと。
枕勤めに。
東へ4~5Kmほどの集落の方。
久しくお付き合いがなかったのですが・・・。
自宅葬とのこと。
帰宅して火葬場の予約や棺桶などの手配。
遺族の方が来られる。
死亡届のための書類を渡す。
5時半過ぎに再び遺族の方が。
火葬認可の書類をコピー。
火葬の本予約。

日常

Dsc_0002_2 
朝から旅行の写真を整理しながらブログを。
午後2時から漁師町へ。
月忌初め。
夕方は鍼灸院。
夜は頼母子講。

目黒雅叙園百段階段

ハノイの空港で約2時間。
午前0時20分発の飛行機で成田へ。
行きは6時間半だったので帰りも…と覚悟していたら、4時間半ほどで成田。
午前7時に成田着。
午前7時半発のリムジンバスで羽田へ。
9時頃羽田空港。
能登便は午後なので、荷物を預けて目黒雅叙園へ。

Gajoen1 
Gajoen2 
目黒雅叙園から恵比寿へ。
ヱビスビール記念館を見学。
品川駅で昼食。
羽田へ。
2時55分発の飛行機で帰宅。

ベンメリア

56 
ガイドが変わってベンメリア見学。

57 
58 
少年らしき僧の姿が・・・。

59 
60 
61 
62 
63 
64 
65_3 
66 
67 
ベンメリアは最も新しく発見された遺跡とのこと。
フランスによって発見されたそのままの姿。
修復の手が入っていない遺跡。

68 
69 
70 
71 
72 
73 
74 
75 
76 
77 
78 
79 
80 
81 
82 
83 
84 
85 
86 
87 
88 
89 
宮崎駿原作の「天空の城ラピュタ」のモデル・題材になったと言われる遺跡。

90 
午後3時半頃ベンメリア出発。
1時間ほどのドライブ。
一旦ホテルへ。
ホテルのロビーで休憩。
5時40分頃ホテルを出発。
空港へ。

100_2 
空港で缶ビールを。

101 
空港のターミナルから歩いて飛行機へ。
到着した時も同様でした。
これも貴重な体験。
午後8時30分にハノイへ向かって出発。
缶ビールで機内食。
午後10時過ぎにハノイ着。
空港内で休憩。

車窓の風景 2

43 
ベンメリアへの車窓の風景。
ベトナムの風景と似ているようですが、貧しさのレベルの違いを感じました。
走る道路は、ベトナムはきれいな舗装道路。
カンボジアは、舗装された道路も穴だらけ。
家も・・・。

44 
45 
46 
47 
48 
49 
50 
51 
53 
54 
55 
地雷除去の看板とのこと。
内戦から18年、まだまだ地雷が残っていると。

オールドマーケット

31  
バンテアイ・スレイから昼食レストランへの移動中。
事故に遭遇。
トラックが横倒し。

32 
オールドマーケット

33 
34 
35 
36 
37 
38 
39 
40 
41 
42 
予定のツアーはここまで。
ここで分かれて、私たちはベンメリアヘ。

バンテアイ・スレイ

01 
バンテアレイスレイ見学。
ヒンズー教寺院とのこと。
彫刻がきれい。

 
03 
042_2  
05 
06 
07 
08 
09 
10 
11 
12 
13 
14_3 
15 
16 
17 
18 
19_2 
20 
21_2 
22_2 
23 
24 
25 
26 
東洋のビーナスと紹介された像。
 
27 
28 
29 
30

移動の車窓から

39 
40 
41 
42 
43 
44 
45 
46 
47 
昨日見た高床式の集落と比較すると少し裕福そうに見えました。
でも、文化的とは言えない雰囲気。

タ・プローム

30 
7時過ぎにアンコールワットから一旦ホテルへ。
急いで朝食、荷造り、チェックアウト。
8時5分ロビー集合。
タ・プローム見学。

 
303 
312 
313 
333 
34 
344 
ガジュマルの大木が遺跡を侵食。
 
345 
ご本尊が安置されていた祠の中心。
本尊は盗難でない。
 
346 
348 
342_2 
349 
3410 
35 
木の間に仏像が。
 
353 
354 
355 
37 
38

夜明けのアンコールワット

01_3 
午前4時起床。
着替えてロビーへ。
5時20分集合。
夜明けのアンコールワットへ。

 
04 
05 
06 
07 
08 
暗いうちからスカーフを売る女性や絵はがきやマグネットを売る子どもたちが。
 
09 
朝焼けに数千人の観光客が・・・。
かつては、西洋人は朝焼けツアーへの参加は少なかったとか。
ほとんどの日本人は朝焼けツアーに参加するとのこと。
 
11 
6時40分~45分頃、陽が昇る。
 
13 
14 
15 
16 
18 
世界遺産観光でカンボジアの人々が少しでも暮らしてゆければ・・・
そう感じました。

アンコールワットと伝統舞踊アプサラ

Dsc_101  
午後3時過ぎからアンコールワットへ。

Dsc_102
Dsc_103 
Dsc_105 
Dsc_106 
Dsc_107 
Dsc_108 
Dsc_109 
単なる遺跡ではない、今も僧がいてお参りしている。

 
Dsc_111 
Dsc_112 
Dsc_113 
Dsc_114 
Dsc_116 
Dsc_117 
Dsc_118 
Dsc_123 
Dsc_120 
Dsc_122 
アンコールワットの夕日を堪能しました。
 
Dsc_124  
Dsc_125 
Dsc_126 
夕食と世界文化遺産の伝統舞踊アプサラを見学しました。

トレンサップ湖

Dsc_15  
トンレサップ湖観光。
古代から続く水上生活見学。
世界文化遺産とのこと。

 
Dsc_16 
船上に少年。
小学5~6年生らしい。
客の肩や背中を3分間ほどマッサージ。
チップを。
$1上げました。
そのチップで教科書などを買って学校へ通うとのこと。
帰りはこの少年が船を操舵。
 
Dsc_17 
Dsc_19 
Dsc_18 
Dsc_20 
Dsc_21 
Dsc_22 
家の引っ越し風景に出会う。
住む場所は村長に決めてもらうとのこと。
 
Dsc_23 
Dsc_33_2 
籠の中は豚。
 
Dsc_26 
子どもたちが抱えているのは大きな蛇。
少年が1ドル、1ドルと声を掛ける。
子どもたちが売っている者はどれも1ドル。
1ドルというお金に、カンボジアではかなりの価値があるらしい。
 
Dsc_29 
Dsc_0066

カンボジアの風景

Dsc_10 
昼食後、希望者だけオプショナルツアーに。
道中のカンボジアの風景。

 
Dsc_11 
Dsc_12
Dsc_13 
ベトナムの風景は昭和30年代に見えました。
カンボジアは、私が見たことのない時代、江戸時代や明治時代かそれ以前?っと思われる風景。
高床式住居。
板やトタンで囲われた家はまだまし。
椰子のような植物の葉が外壁の家。
それも大きな穴だらけの家も・・・。
貧しさを見せつけられる。

アンコールトム

Dsc_03

Dsc_01 
5時頃起床して、6時に朝食、7時半頃ホテルを出発。
世界遺産・アンコールトム見学。

 
Dsc_02  
日本の平安時代から鎌倉時代に使われていた町の遺跡。
隣国から攻め込まれて、町を捨てて逃げ、廃墟になったとのこと。
ジャングルになり、建造物は崩壊、消え去った町になっていたらしい。
発見され、修復・復元。

ハノイ市内観光

Dscn3518 
午前9時にホテルを出発。
ハノイ市内観光。
最初はホーチミン廟。

 
Dscn3538 
Dscn3541   
文廟。
 
Dscn3584  
オペラハウス。
 
Dscn3602 
玉山祠。
 
Dscn3628  
人力車にて市街地散策。
見えるもの全てがベトナム。
当たり前ですが・・・。
堪能しました。
 
Dscn3689  
昼食後空港へ。
午後5時10分の便でカンボジア・シェリムアップへ。
飛行機が遅れてホテルに着いたのは午後9時。

世界遺産・ハロン湾クルーズ

Dscn3331  
午前8時前にホテルを出発。
片道休憩を入れて4時間の道のりをドライブ。
世界遺産・ハロン湾へ。
150Kmを4時間。
悪路を覚悟していましたが、道路は舗装されていました。
時間がかかる理由は、バイクなどが多いこととスピード違反の取り締まりが厳しさ。

 
Dscn3359 
Dscn3357 
食事を含めて3時間半のハロン湾クルーズ。
 
Dscn3394  
Dscn3410 
曇りで霧の天候。
でも、それはそれで楽しめました。
 
Dscn3462  
Dscn3480  
鍾乳洞の見学も。
再び4時間のドライブ。
道中のベトナムの人々の暮らしの風景。
田んぼや畑は人力か牛、田植えも人力。
昭和30年代の日本のようなイメージ。
 
Dsc_0004  
夕食は、ベトナム料理。

ハノイへ

Dscn3302

Dscn3303
Dscn3304
Dscn3306 
午前5時起床、6時から朝食、7時半のバスで成田空港へ。
8時にJTBカウンター。
午前10時発の便でベトナム・ハワイへ。
 
Dscn3323 
遅れた搭乗者がいて、出発が30分遅れ。
6時間半のフライトでハノイ。
到着後、荷物の受け取りに1時間。
結局ホテルに着いた時には暗くなっていた。
ホテルで食事のつもりだったが、JTBの事務所でレストランを紹介してもらう。
ベトナム料理。

成田泊

Dsc_0001  
午前10時に昨日のお葬式の喪主ご夫婦がお礼参りに。
午後5時の便で羽田へ。
羽田~成田~ホテルとバスを乗り継ぐ。
成田泊。

旧火葬場にお参り

Dscn3272  
夕べは冷えてしんしんと・・・。
朝、スタッフさんが雪かきを・・・。
ありがたい。
午前10時からお葬式。

 
Dscn3278  
午後1時過ぎに旧火葬場へ。
建設会社の方と最後のお参り。
来週から解体されるとのこと。
終えて2時前にお葬式のお宅へ。
還骨・中陰のお勤め。
続いて月忌のお参り。

日中も零下

Dscn3215

Dscn3217 
午前10時から漁師町へ。
33回忌の年忌のお勤め。
漁師さんなので、シケの日を予想してお参り。
今日は波浪警報。
ご夫婦だけというお電話でしたが、息子さんも。
外は地吹雪という天気。
 
Dscn3239  
午後2時に再び漁師町のご門徒へ。
祥月命日のお勤め。
海岸には大きな波が。
帰宅後、お通夜の準備
午後7時からお通夜。
すぐ隣のようなところのご門徒。

八日講

Meido  
午前11時に百ヶ日。
金沢からも故人の娘さん一家が参列。
昼食後近くのお寺へ。
午後1時半から八日講。
参勤僧侶は宿寺のご住職を含めて5名。
お勤めを始める際は参詣者1名。
お勤めを終えると数名に。
午後2時半頃帰宅。
留守番をしながら読書。
上の本を読み終える。
実はこの本、数年前に買って少し読んだところで放り出した本。
仏教書ではなく、数学者による仏教等の数字の解説。
大工さんの曲尺や五重塔、本堂の屋根の曲線など、先人たちの知恵に感心する。

マッサン

Massan  
キャンセルもあって日中は予定なし。
午前11時半頃電話。
近所のご門徒のお爺さんが亡くなられたと。
マネージャーの2軒隣のお宅。
枕つとめ。
帰宅して昼食。
午後は、パソコンや読書などなど。
夕方6時半に郊外のお宅の祥月命日。
7時過ぎに帰宅。
評論家は朝ドラのマッサンがつまらないとのこと。
私はそれなりにおもしろいと思って観ているんだけど・・・。

隣町まで

Dscn3147_2  
午前9時半に出かける。
南へ30分ほどの隣町穴水町へ。
一周忌。
四日ぶりのお参り。
願主は町営住宅に一人住まい。
お勤めを終えて、11時頃失礼する。
帰路、お世話をさせていただいている会の業務、お届け物。
正午前に帰宅。
午後は、昼寝をはさみながら読書。
下の本を読み終えました。

 
Img002

思わぬことが・・・

Dsc_0003  
今日もお参りの予定はなし。
ネットをしていると市議会議員の同級生が・・・。
そうか!今年は選挙か。
友人と話している途中、大学の同級生から電話。
飛行機に乗って来いと。
同級生は東北在住。
どうしたのかと思ったら、結婚することになったから飲みに来いと・・・。
さすがにすぐに行くよとは・・・。
それにしても今年は還暦。
その年に結婚。
人生何が起こるかわかりません。
市議会議員の同級生を送り出して、昨年暮れにオープンしたうどん屋さんへ。
前橋からやってきた夫婦が回転したうどん屋。
群馬のうどんとのこと。
讃岐うどんのような腰の強さ。
つけ麺で食べるのが群馬流とのこと。
おいしかった。

 
Dscn3119  
庭のほだ木にナメコが。
出ないものと諦めていた。
それにしても、こんな寒い時期に出るとは・・・。
キノコは秋が旬だと思い込んでいました。

スキャナ

Dscn3109  
今日もお参りの予定はなし。
ネットや読書で過ごす。
午後、宅配便が届く。
昨日発注したスキャナ。
私のおもちゃのようなもの。
夕方、鍼灸院へ。

休み

Dscn2922  
今日はお参りの予定はなし。
午前中は上の雑誌を読むなどして過ごす。

 
 
Img012  
午後は、昼寝、コーヒータイムをしながら、届いた上の本を読む。
「なぜ阿弥陀仏なのか」私にはピンときませんでした。
どうして阿弥陀仏の名を称えると救われるのだろうか?

お葬式

Dscn2921   
午前7時過ぎに僧侶控え室に暖房を。
午前10時からお葬式。
山間のお寺のご門徒。
私は諷経。
お葬式を終えて早めの昼食。
正午過ぎに所用と買い物。
午後2時頃に帰宅。
ちょうど還骨・中陰を終えたところらしく、玄関にご導師の姿。
ご挨拶。
これで今日の予定終了。

年忌3軒とお通夜

Dscn2904  
今朝も寒い。
外は雪。
午前9時半に7回忌と一周忌の年忌。
遺族5名が参列。
11時前に帰寺。
本堂へ。
一周忌。
富山、金沢からご遺族5名が参列。
午後2時に3回忌。
3時過ぎに帰寺。
コーヒータイム。
スタッフさんと合流してお通夜の準備。
午後7時からお通夜。
西の山間の集落のお寺のご住職がご導師。
体力的に不安に思っていましたが、無事終了。

Jishin  
そうそう、忘れていました。
夕べ地震がありました。
ゴ~~っという音が近づいて、ドンッ!という衝撃に続いて、ユサユサと。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック