« 東京ブラックアウト | トップページ | リフォーム »

医者に殺されない47の心得

Kondoh2 
この本を読み終える。
当然ながら先の本と同じような内容だったけれど、とても勉強になった。
リビングウィル、先の小野寺先生と基本的には同じ。
言いなりではいけない、と感じる。
夕方、鍼灸院へ。

女房は友達のお母さんの中陰のお参りに。
私は、午後7時から月忌を。
8時半過ぎ、女房と共に帰ってきた後輩夫婦と近くの居酒屋へ。
おいしいお酒を。
 
Kondoh3 
近藤誠のリビングウィル
いっさい延命治療をしないでください。
 私は今日まで、自由に生きてきました。
 64歳まで、好きなことに打ちこんで、幸せな人生でした。
 そして、自分らしく人生を終えたいと思っています。
 今、私は意識を失っているか、呼びかけに少し反応するだけだと思います。
 すでに自力では、呼吸もほとんどできないかもしれません。
 このまま命が尽きても、何も思い残すことはありません。
 だから、決して救急車を呼ばないでください。
 すでに病院にいるなら、人工呼吸器をつけないでください。つけられているなら、
はずしてください。
 自力で飲んだり食べたりできないなら、無理に、口に入れないでください。
 点滴も、チューブ栄養も、昇圧薬、輸血、人工透析なども含め、延命のための治療
を何もしないでください。すでに行われているなら、すべてやめてください。
 もし私か苦痛を感じているようなら、モルヒネなどの、痛みをやわらげるケアは、
ありかたくお受けします。
 今、私の命を延ばそうと力を尽くしてくださっている方に、心から感謝します。し
かし、恐れ入りますが、私の願いを聞いてください。
 私はこの文章を、冷静な意思のもとに書き、家族の了解を得ています。
 いっさい延命治療をしないでほしい。
 この最期の願いを、どうぞかなえてください。
 決して後悔しないことを、ここに誓います。

« 東京ブラックアウト | トップページ | リフォーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京ブラックアウト | トップページ | リフォーム »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック