« 親鸞 | トップページ | 山間地のお墓へ »

返事がないのが当たり前

Dscn6717 
午前10時からお葬式。
曹洞宗の檀家さん。
写真は内勤め。
剃刀を持たれて帰敬式を行われているよう。
この後三帰依をされているよう。

ある会合の日程調整をしている。
6名の会員に差し支えのある日を問い合わせるが、返事がない。
女房に愚痴を言うと、返事の期限を切らないと返事が来ない、それが常識だという。
つまり、返事を期待する私は非常識だと・・・。
世話役の問いかけに返事をしないことが常識、そういうものなんだろうか?
返事をもらえなければ、いつまでたっても日程が決まらない。
ストレスになる。

 
Dscn6720 
午後、女房は坊守学習会。
私は、住職寺族研修会。
ビハーラ・終末医療について。
夜は、頼母子講。

« 親鸞 | トップページ | 山間地のお墓へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親鸞 | トップページ | 山間地のお墓へ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック