« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

家族葬

Kobako 
午前10時にお葬式。
4~5名が参列の家族葬ということだったが、10~20名の参列。
お葬式を終えて火葬場へ。
昼食後、病院へ。
2日が予約日だったのだが、2日は親戚のお葬式となったので・・・。
午後2時頃帰宅。
午後2時30分に還骨・中陰。
遺骨は本堂でお預かり。
スタッフさんを送り出して、薬局へ。
夜は役員会。

お弔い

Dsc_0004  
午前10時からお葬式。
ご導師は、川向こうの大きなお寺のご住職。
若院さんと私と3人でお参り。
10時50分頃出棺。
見送る。
午後12時半頃、火葬場から火葬終了の連絡。
1時半過ぎから還骨・中陰。
2時過ぎに送り出す。

 
Dsc_0001 
引き続き、スタッフさんと広間での家族葬の準備。
お通夜のお勤めは若院・長男に依頼。
夕方、東へ40分ほどの親戚のお寺へ女房とお弔いに。

こんごう会

Dsc_0003  
朝食後電話。
ご門徒の方が相談があると。
4名の方の訪問を受ける。
正覚寺のご近所の方が亡くなられたとのこと。
正覚寺で家族葬(密葬)とのこと。
病院で亡くなられたとのことだが、遺体を自宅に搬送することができないと。
受け入れさせていただくことに。
手続きをして、マネージャーに連絡。
明日・明後日の日程でお葬式に。

手打ちそば、美味しくいただいた。
蕎麦のせいか、日曜日のせいか、近年のこんごう会としては多くの門信徒の方が参詣。
60食準備していただいた蕎麦は、53食
私たちとしては、上出来の行事だった。
お参り下さった皆さんに感謝、感謝。
お参りを終えて、早速スタッフさんと共にお荘厳払い。
午後1時過ぎに病院からのご遺体を受け入れ。
早速枕勤め。
午後2時に月忌を。
帰宅して、今夜のお通夜の準備。
午後4時、お棺を受け入れ。
午後7時からお通夜。
川向こうのお寺のご住職がご導師。
 
Dsc_0002

甲状腺ガン

Hana 
朝、7時半過ぎに電話。
お葬式会場の申し込み。
川向こうの方。
川向こうの大きなお寺のご門徒。
電話をしてこられたのは、正覚寺のご門徒の方。
火葬場の予約をして、書類を準備、スタッフさんに連絡。

午前10時に3回忌の年忌。
伺うと、故人の息子さんらご兄弟夫婦が。
お母さんは?と尋ねると、入院とのこと。
甲状腺ガンで、放射線治療と。
私は、それは不幸中の幸いかもと。
メスを入れたり、抗がん剤は止めた方がいいらしいと・・・。
その他、近頃仕入れた知識を・・・。
何を食べても苦くて食欲がないこと、処方されている漢方で気持ち悪くなるので、おかゆの他胃瘻もと。
胃瘻が外されて、口からだけの食事になれば・・・。
お勤めの前後にそんな会話を・・・。
写真は、女房の立華。
台所では、女性スタッフさんが明日の仕込み。
スタッフさんと共に昼食。
午後、昼寝の体制に入ったところへ電話。
おそば屋さん。
試食をして欲しいと。
お椀を持って女房と。
OK!
その後、おそば屋さんが台所の下見に正覚寺へ。
酒屋さんへ日本酒を買いに。
そばに日本酒という希望もあるかと・・・。
帰宅するとマネージャーが・・・。
女房と3人でコーヒーでおしゃべり。
そこへ電話。
親戚の方が交通事故で亡くなったらしいと・・・。
夕方、女房と想と3人で、精米と買い物。
 
Dscn7509

恨韓論

Konkanron
Konkanron2 
今日もお参りの予定はなし。
午前中は読書。
上の本を読み終える。
親日の台湾人の著書なので、思い入れが・・・。
でも、勉強になった。

 
Dscn7503_2 
午後、明後日のお参りのお荘厳。
一昨日お荘厳を払ったばかり。
女房に、払わなくてもよかったのでは・・・と。 (^^;;

女房の手伝い

Dscn7483 
今日もお参りの予定はなし。
坊守会の会計をさせていただいている女房の手伝い。
会計簿、決算書などの作成。
読書も。
午後は、友達がケーキの差し入れ。
コーヒータイムも。

ドライブ

Dsc_0006  
叔母さん方を案内して木ノ浦へ。
映画「さいはてにて」のロケ地を観たいと言われるので・・・。
帰路、塩田村にも。

 
Dsc_0007 
千枚田にも。
草刈りがされてきれい。
昼食はお寿司屋さん。
午後、本堂のお荘厳払い。
夕方、鍼灸院へ。

叔父さんの7回忌

Dscn7429 
午前10時に月忌。
さわやかな天気だったので徒歩で。

 
Dscn7442 
午後2時に本堂で7回忌の年忌。
叔父さんの法事。
叔母さん方や従兄弟らが・・・。
 
Nebuta0 
夜は、旅館でお斎。
親族懇親会でした。

お寿司屋さん


朝食後から明日の法要の準備。
ホームセンターへも2回。
午後2時45分頃、瑞恵ちゃんの運転で出かける。
七尾へ。
3回忌。
お勤めを終えて、お斎。
おきまりのお寿司屋さん。
お酒をいただく。

クスリ

Kongou_2 
Dscn7410 
午前11時から本堂で1周忌。
10時過ぎから遺族の方々が・・・。
本堂裏にお墓があるので・・・。
揃われたので定刻前にお勤め。

昼食後、女房と正覚寺通信の封筒詰め。
掲示板の掲示物を交換。
午後7時に月忌。
 
Kondoh
Kondoh2_2

この本を読み終えた。

 

クスリを生んだ人類は、クスリによって滅びるのかもしれません。

・・・・・・
「21世紀は感染症の時代」と言われています。
今、世界のあちこちで「クスリの効かない耐性菌」が生まれ、また新型の凶暴な感染症が次々に起こって、瞬く間に国境を越えて広がっています。

西アフリカではエボラ出血熱。中東ではMERS(中東呼吸器症候群)中国では新型肺炎SARS。日本では76年ぶりのデング熱。
非常に治りにくく死に至りやすい結核やマラリアも、世界に蔓延しています。
その一因に、クスリの使いすぎがあります。

・・・・・・
地球温暖化の問題もあります。

 

SFやコミックの話しではなく、現実として人類は滅亡に向かっているのかも・・・と感じた。

原発を含む核も同じだが、人類は進歩しているのではなく、愚かになっていっているのではないかと感じる。

満中陰、納骨

Dsc_0009 
朝一番に女房にゲラ刷りのチェックをしてもらう。
1ヶ所ダメだしされて修正。
その後、正覚寺通信のプリント。
途中、コピー用紙を買いに。
電気店に行くがない。
ホームセンターへ。
レーザープリンタからインクジェットに交換したのでプリントに時間が掛かる。
まぁ、仕方がない。
3分の2を終えたところで一旦中断。
午後3時、本堂にて満中陰。
15名程度の参列。
本堂でのお勤め後、納骨。
近くの墓地へ。
お斎は、お食事代。
ありがたい。
帰宅して、残りの3分の1をプリント。
夕食後、三つ折りに。

通信作成

Honzan32 
女房は、昨日から立華教室の社中の懇親旅行。
東京へ。
私は、朝から28日に迫ったお参りの案内を。
昼食を挟んで午後も作業。
原稿完成。
あとは、女房のチェックでオーケーをもらうだけ。
午後3時、月忌に。
曇り空なので徒歩で。
帰りは、寺の近くまで戻るとポツリポツリと。
午後5時から3回忌の年忌。
お勤めを終えて、お茶をいただきながらお話し。
88歳のお爺さんがおいでる。
自宅介護。
糖尿病を。
施設でアンカで低温やけど。
足先まで血が届かない状態。
それでも自分でトイレに行ける、食欲もある。
最近、違う病気も見つかったと・・・。
ガンらしい。
切ったり削ったりしないで放置とのこと。
私は、治らないものなら切ったり削ったりしなければ、安らかに大往生できるらしいと。
さらに、糖尿の食事制限も止めて、食べたいものを好きなだけ食べさせてあげて、我慢させない方がいいのでは・・・とも。
すると、医師にはすでに食事制限はしないと伝えてあると。
お爺さんは、大好きなお刺身をおいしそうに食べるとのこと。
帰り際、お爺さんにケガに気をつけてね、と声をかけさせていただいて失礼した。
お爺さんは、ありがとうとお返事してくれた。

のんではいけない薬

Nondeha 
午前中はオフ。
昨日・一昨日の研修会の資料の整理。
昼前に買い物に。
レジをする前に財布を確認。
なんと、バッグの中に財布がない。
出かける前に手にしていたのだが・・・。
家に戻るとトースターの上に。
情けない。 (-_-;)
午後1時半に祥月兼お取越・報恩講。
午後3時に百ヶ日。

 
先日、新聞広告を見て買った本。
自分に関係のあるところだけ読む。
現在1日5回薬を飲み、胸にも1枚貼っている。
不必要、無駄なのでは?
どうしよう?

ビハーラ2

Dscn7369 
各地のビハーラ活動の報告を聞く。
それぞれ頑張って活躍されていることに驚く。
私は大したことはできないけれど、日常生活の中でできることをやっていきたいと思う。

 
Dscn7378 
解散式を欠席して帰路。
午後3時40分発のサンダーバード。
午後8時頃帰宅。
 
Dohgen 
移動のサンダーバードの中でこの本を読み終える。
道元は、正当な仏法を追求し、他を一切廃した純粋な禅によりさとる。
曹洞宗の本山の永平寺は、道元が貫いた純粋な禅を守り通そうとしたために衰退してしまう。
一方、禅の教えに、伝統的な先祖崇拝や死者供養、現世利益のための加持祈祷などの密教的要素を取り入れ、女性の出家者や信者を大切にしたもう一つの本山総持寺は発展していく。
大衆に迎合して純粋さを捨てたことは堕落ともいえる。
しかし、大衆に受け入れられずに消え去ってしまったのでは、ないのも同じ。

ビハーラ

Bihara1  
午前9時頃出かける。
京都・本山へ。
ビハーラ = 終末医療の研修会。
私は介護もボランティアもしていない。
私の目的は、中村仁一先生のお話。

 
Dscn7368 
夜は中村先生の講義。
当たり前ながら本の通りの話。
よかった~!

お葬式

Dscn7332

 
10時からお葬式。
お葬式を終えて、ホームセンターへ。
蛍光灯を買いに。
交換。
午後1時半前から還骨・中陰。
お仏壇もお墓もないお宅なので、遺骨はお預かり。
終えて、月忌。
夜は、頼母子講。
 

過去帳

Dscn7310 
10時から納骨。
まずは自宅でお参り、続いて墓地へ。
午後は、スタッフさんとお通夜の準備。
ご門徒から教えていただいた資料を元に過去帳も調べる。
午後7時にお通夜。
その後、友達と居酒屋。

満中陰

Dscn7305_2  
午前10時30分から満中陰法要。
35日目。
自宅でのお勤めの後、納骨。
納骨のお勤めは役僧さんが。
その後、ホテルでお斎(昼食)。
私も役僧さんもノンアルコール。
そこへ電話。
亡くなられた方があって、仏壇がなくて・・・とのこと。
マネージャーと若院で対応してもらうことに。
帰宅後、読書で休憩。
夕方、明日のお通夜の準備。
夜は、ご門徒宅で一杯。

地名

Yawata 
午前中は予定がない。
本を読んで過ごす。
午後1時に月忌。
40歳ほどのご夫婦がお参りされる。
お勤めの前後にお茶を飲みながらお話し。
帰宅後、封筒の印刷。
作業をしながらこの本を読み終える。
面白かった。
「個人の氏名も地名も、漢字ではなくローマ字ないし仮名表記が正式のもので、漢字表記は雅号のようなものという方向にもっていったほうがいいと思います。」
この意見には賛成。
そもそも私の名前なんて初対面の人には読めない。
それに間違って登録される 「哲」とか「悟」とか・・・。
弔電が多く届きますが、読めない、読み方を迷うことが多い。

振り売りの魚屋さん

Dscn7244 
Dscn7259 
今日はお参りのお約束はなし。
午前中、マネージャーが支払い業務に。
午後は、女房は学習会に。
今月は、西の御隣寺。
私は留守番をしながら読書。

曹洞宗

Dscn7208 
午前中は雑務。
正午からお葬式。
曹洞宗のお寺の檀家さん。
ご住職が鶴見の本山・総持寺へ出かけられているとのことで、お仲間のお寺の住職さん3名がお勤め。
終えて、午後1時頃昼食。
食後の休憩をして電話を待つ。
午後2時半頃、火葬場から電話。
遺族の方々にそれを伝えて送り出す。
午後3時半頃、スタッフさんを送り出す。

 
Dscn7209

天皇家

Tenno  
女房は、朝から婦人聞法の会一日研修。
私は、留守番をしながら、お通夜の準備、読書。
上の本を読み終える。
古事記や日本書紀を読んだことがなく、神様の名前が難しくて、なかなか難解でしたが、天皇の始まりはこんな事情かも?って思った。
午後6時からお通夜。
夜は、頼母子講。
些細なことでもめる。
そこまで腹を立てること?っと思った。

Marujin  
昨日の読売新聞の記事。
近くにできたうどん屋さん。
頑張って欲しい。

八日講

Dscn7188  
午後はご隣寺へ。
八日講。
毎月八日に輪島市街地の真宗大谷派の寺院7ヶ寺のお参り。
今月の当番はご隣寺。
大きな本堂のお寺。
その本堂に、出仕・参勤僧7名に参詣者3名。
厳しい現実・現況。
午後4時、本山への上納金の収納に係りのお寺の住職さんが。
夕方は鍼灸院。

天皇論

Izawa 
午後1時に本堂で中陰・6七日。
6名ほどの参列。
午後2時に1周忌にい。
ご夫婦が参列。

上の本を読み終える。
作家さんの本だけに、おもしろかった。
作家さんだけに、無責任に推論を語れる、というと井沢元彦にしかられるだろうけど・・・。

花火

Dscn7141 
今日はお参りの予定はなし。
本を読んで過ごす。
夕方、桂文珍の落語を聞きに行くつもりだったが、チケットは売り切れとのこと。
夜、落語から帰ってきた友達が、チケットが余っていたと・・・。
輪島らしいお粗末さ。
夜は花火。
その後、居酒屋。

 
Dscn7157

浄土は帰るところ

Dscn7091 
午前10時からお葬式。
写真は、お葬式前に読み上げる電報の順序などを打ち合わせする喪主とスタッフさん。
夕べのお通夜から少し参列者は少なくなりましたが、それでも本堂からあふれるほどの参列者。

 
Shaku  
この本を読む。
残念ながら、サブタイトルの『救済原理としての絶対他力』ということは、私には読み取ることができなかった。
「浄土は帰るところである」
「浄土は「帰るところのある人生を生きる」象徴であり働きである」
読んでよかった。
午後6時、4七日。
漁師町のご門徒。
10~20名の参列。
お仏壇の前でお勤め、その間にお焼香。
続いて、中陰壇・遺骨壇の前でお勤め、正信偈・同朋奉讃。
 
Dsc_0009  
今日は孫の3歳の誕生日。
お刺身デビュー。
にぎり寿司を。
 
20150605_191347 
Dsc_0011

お葬式~お通夜

Dscn7087 
午前10時からお葬式。
山間のお寺のご門徒。
ご導師の住職は同級生。
その親戚のお寺の住職さんがキン役のお手伝い。

昼食後、女房とご門徒からお預かりした本山への上納金の整理作業。
夕方、お通夜の準備。
午後5時、漁師町のご門徒の1周忌。
生ビールのサーバーが準備されて、親族で宴会をされる様子。
私は、帰宅してお通夜。
市街地から西の山間の集落のお寺のご門徒。
病気と薬の副作用の影響だと思うのですが、失礼ながら若年性認知症と思われるご住職。
袈裟の紐を結ぶところからお世話をさせていただく。
疲れた。

医者の言いなりになるな

Takada_2 
午前7時過ぎに訪問者。
お葬式会場の申し込み。
受付表に必要事項を記入していただいて、火葬場の仮予約。
スタッフさんに連絡。
午前11時頃診療所へ。
鍼灸治療の同意書をもらいに。
足の痛みの診察も。

上の本を読み終える。
午後、書店へ。
2冊購入。
帰宅すると、友達が。
差し入れのアップルパイとコーヒーでおしゃべり。
午后7時、お通夜。
故人は、昭和36年生まれの54歳。
透析治療を受けていたよう。
 
Takada2

ダメ医者にダマされるな!

Niwa 
裏庭。
写真ではわかりづらいが、動物に掘り返された跡。
さすがにイノシシではないと思うが、タヌキ?っと想像。
午前6時半頃ご門徒の方から電話。
50代半ばの甥が亡くなられたとのこと。
明日・明後日の日程でお葬式。
南へ10kmあまりの山間の集落のお寺のご門徒。

 
Okamoto 
女房は、地域の坊守会(寺院主婦の会)の研修会。
と言っても、ミニ旅行のようなもの。
瑞恵ちゃんはお友達と昼食に。
私はベルと留守番。
音楽を聴きながら読書。
上の本を読み終える。

これまで読んだお医者さん方とは基本的には同じ。
ただ、ガンの3大治療をこれまでのお医者さんほど否定しているわけではなさそう。
『がんをはじめとする慢性疾患は、3大治療(手術、薬、放射線)だけで根本的に治すには無理があります。
 病気を根本的に治すには自助努力、つまり「自分自身で自己治癒力を高める」必要があります。』

 
Dscn7057 
夕方、鍼灸院。
左足の土踏まず~かかとが痛い。

夜は、篠山から能登へ布教にやってきた後輩住職と居酒屋。

お経が長いのは有難迷惑

Nodoame 
午前10時、中陰・5七日。
天気もいいし、お隣のご町内のお宅なので徒歩で。
従兄のお寺の御門徒。
お勤めを終えて、お茶をいただきながらおしゃべり。
すると、満中陰のお勤めの所要時間は?との質問。
私は、お宅でのお勤めは40~45分、納骨に30分、トータル90分以内だと。
すると、先日の従兄の3七日のお勤めは1時間だったと。
私のお勤めは30分。
それからすると…と心配されている様子。
同じ宗派なのにどうしてお勤めが違うんだと質問される。
住職によってお経の選択、読み方の選択が違うからだと…。
そういえば、従兄のキン役を務めさせていただいたことがあるが、長かったような…。
で、正直に前もって終了時間をお願いしておけば…と助言。
お経が長いのは、ありがた迷惑なんだと感じる。
帰宅すると、マネージャーが支払業務を終えて、コーヒー。
私も。
昼食後は、時々うつらうつらしながら読書。
午後4時、月忌。
川向うのご門徒。
徒歩10分余りの距離だが、適度な気温なので徒歩で。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック