« ガソリンスタンド | トップページ | ダメ医者にダマされるな! »

お経が長いのは有難迷惑

Nodoame 
午前10時、中陰・5七日。
天気もいいし、お隣のご町内のお宅なので徒歩で。
従兄のお寺の御門徒。
お勤めを終えて、お茶をいただきながらおしゃべり。
すると、満中陰のお勤めの所要時間は?との質問。
私は、お宅でのお勤めは40~45分、納骨に30分、トータル90分以内だと。
すると、先日の従兄の3七日のお勤めは1時間だったと。
私のお勤めは30分。
それからすると…と心配されている様子。
同じ宗派なのにどうしてお勤めが違うんだと質問される。
住職によってお経の選択、読み方の選択が違うからだと…。
そういえば、従兄のキン役を務めさせていただいたことがあるが、長かったような…。
で、正直に前もって終了時間をお願いしておけば…と助言。
お経が長いのは、ありがた迷惑なんだと感じる。
帰宅すると、マネージャーが支払業務を終えて、コーヒー。
私も。
昼食後は、時々うつらうつらしながら読書。
午後4時、月忌。
川向うのご門徒。
徒歩10分余りの距離だが、適度な気温なので徒歩で。

« ガソリンスタンド | トップページ | ダメ医者にダマされるな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガソリンスタンド | トップページ | ダメ医者にダマされるな! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック