« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

お通夜

Dsc_0004  
朝食後、お通夜の準備などをして、女房とベルと所用に。
まずは穴水へ。
親戚のお宅へご挨拶。
続いて、輪島の郊外のお寺へ。
お留守。
名刺と共に持参した品物を玄関脇のかごの中に。
午後はスタッフさんとお通夜の準備。
広間の電灯が・・・。
先日交換したばかりなのに・・・。
器具と管の相性が合わなかったよう。
器具を交換することに・・・。
女房と電器屋、ホームセンターを回って・・・。
午後7時、お通夜。
広間で家族葬。

還暦の誕生日

Tezuka_birthdaycard2010
午前10時頃、昨日満中陰法要を勤められた責任役員さんのご夫婦が遺骨を引き取りに。
昨日の法要後お斎会場へ直行されたので、遺骨はお預かり。
それで、私の予定は終了。

で、家族で出かける。
高岡のショッピングモールへ。
私は、孫の想のご指名で、お守り。

満中陰2軒

Dsc_0001  
午前11時、本堂で満中陰法要。
故人は元門徒総代や責任役員をして下さった方。
30名余りの参列。
お斎(昼食)は、午後も予定があるのでご辞退。

 
Dsc_0003  
午後2時、本堂で満中陰法要。
本堂で遺骨をお預かりしていた方。
喪主・願主が東京・府中在住。
6名が参列。
本堂での勤行後納骨。
お墓は、車で約30分の隣町の山間の集落。
午後4時半頃帰宅。

想定外の昼食

Kensa  
昨日、病院でもらった検査結果。

午前10時から年忌のお参り。
東の郊外のご門徒。
13回忌と33回忌。
11時過ぎにお勤めを終える。
お茶をいただいて帰していただくつもりでいると、昼食をと。
ノンアルコールでお寿司を。
12時半頃失礼する。
お気遣いはありがたいのだが、想定外のもてなしに疲れる。
帰宅して横になると、しばし昼寝。
午後2時、月忌。
午後4時過ぎ、診療所。
鍼灸治療の同意書をいただきに。
 
Dohi_2

愚か

Sensoh2  
今日もお参りの予定はなし。
午前中、ベルはトリミングに。
早めに昼食。
女房は、正午に診療所へ診察に。
私は、午後一時半に輪島病院へ診察に。
採血と採尿、診察。
輪島市の健康診断も。

上の本を読み終える。
愚かな戦争をしたものだと思う。
しかし、愚かさは現代も変わらないと思う。
フクシマに懲りずに原発再稼働。
それはまさに主要な都市に空襲を受けても、沖縄に上陸されても本土決戦だと戦争を続けた帝国と同じだ。

エアコン

R0000252  
今日もお参りの予定はなし。
電気屋さんがコンセントを交換し、広間のエアコン交換作業完了。
午後は、離れのエアコンの修理。
ガスが漏れているとのこと。

 
Hibana
 
この本を読み終える。
おもしろかった。
ちょっと人生、生き方を考えさせられた。

あの戦争と日本人

Img013  

この本を読み終える。

「太平洋戦争の戦闘員の戦没者
 陸軍165万人 海軍47万人
 そのうち餓死による死者70%
 海軍の海没者18万人、陸軍の海没者18万人
 海没とは、輸送船が撃沈されて亡くなること
 死ぬのは名もない兵士、将軍や参謀は滅多に死なない」

英霊といわれる戦没者の70%は餓死。
36万人は海没。
戦わずに亡くなった、兵士としては空しい死。
これが現実。
そしてそのほとんどが将軍や参謀ではない名もない兵士。
安保法案を議論している人たちは、滅多に死なない人たち。

満州事変の首謀者、石原莞爾元陸軍中将の敗戦直後の言葉

「戦いに負けた以上はキッパリと潔く軍をして有終の美をなさしめて、
 軍を撤廃した上、今度は世界の輿論に吾こそ平和の先進国である位の誇り以て対したい。
 (中略)
 世界は、猫額大の島国が剛健優雅な民族精神を以て、世界の平和に寄与することになったら、どんなにか驚くであろう。
 こんな美しい偉大な仕事はあるまい」

安倍君に教えたい。

曹洞宗のお葬式

Dsc_0003  
午前10時、お葬式。
ご導師は、曹洞宗。

次男にお酒を発送。
この夏は帰省しなかったので、お中元などの頂き物を・・・。
午後、広間などの蛍光灯をLEDに交換。
夕方、電気屋さんが。
広間のエアコンの交換作業。
 
Dsc_0006 
今日もお祭り。

輪島大祭

Matsuri1 
朝からお通夜の準備をしたり、祭りの準備をしたり・・・。
午後もスタッフさんとお通夜の準備等々。
午後7時、お通夜。
ただし私はスタッフさんの仕事のチェックとご導師のご住職のご挨拶。
午後8時頃、スタッフさんを送り出して、祭り。
塀の脇で祭り見物をしていると、喪主や遺族の方々も・・・。
たぶん、思い出深いお通夜になったと思う。

 
Matsuri2

星の王子さま

59276121 
午前8時半過ぎ、マネージャーが。
昨日のお葬式の喪主の方から経費の集金。
朝食後本堂でのお参りの準備。
余裕をもっての準備。
9時半前、本堂へ訪問者。
マネージャー?っと思ったら、ご法事の願主家族。
もうおいでた?っと驚き。
遺骨や写真をお預かりしてお飾り。
お約束は午前10時半だったが、招待者が揃われたとのことだったので、10時20分頃からお勤め。
本堂でのお勤めを終えて、遺族と役僧さんは納骨に。
お斎は辞退。

昼食を待っていると電話。
ご門徒の方。
23・24日の日程でお葬式を・・・とのこと。
私は、明日はお祭りで、夜は正覚寺前の道路が通行止めになると…。
ご門徒の方もそれはよく分かっておいでるので、相談して再度連絡すると、いったん電話を切る。
しばらくすると電話。
駐車場は別に確保するから、明日・明後日の日程でお葬式をと。
お断りする理由がないので、お引き受けすることに。
火葬場の予約をして、スタッフさんに連絡。
午後4時、遺骨とともにご門徒の方々が…。
音信不通だった親族の遺骨。
本堂で追悼のお勤めの後、納骨。
夕食後、孫の絵本を。
「星の王子さま」。
こんな話しだったのかぁ!

お葬式

Dsc_0001  
午前10時からお葬式。
終えて、お花をいただく。
それからホームセンターへ。
LEDの蛍光灯を。
庫裡の小部屋の蛍光灯に不具合が・・・。
遺族の方の控え室。
どうせ交換ならLEDにと。
電灯を交換しているとスタッフさんが。
広間のエアコンが不調だと。
2年ほど前から不調気味だったエアコン。
先日も電気屋さんに・・・。
交換を決断。
昼食後、留守番をしながら読書、お葬式のお世話のチェックも。
還骨・中陰を終えた遺族の方々を送り出し、スタッフさんを送り出し、本堂・ご本尊前の立華。
明日の本堂での法事の準備。
夕方、電気屋さんとマネージャーがエアコン交換の打ち合わせに。
午後7時、月忌。
毎月母子でお参りして下さるのだが、息子さんは旅行とのことで不在。

お通夜

Dsc_0012 
今日はオフ、と思っていたら、ふと気づく。
今夜はお通夜。
朝からスタッフさんが準備。
私は看板などを。
風邪気味なので休息、読書。
女房は、夕方、診療所へ。
肺炎とのこと。
私はお通夜。
喪家は、南の山間の集落の方。
ご導師のお寺も南の山間の集落のお寺。

宮沢賢治

Handojapanwar 
この本を読んでいる。
「八紘一宇」ということばは、田中智学という人の造語ら

しい。
田中智学という人は、在家の宗教家として、「国柱会」と

いう日蓮宗の宗教団体を作った人で、信者を集めて日蓮宗

の普及に努めたらしい。
八紘一宇という言葉の意味は、日本の皇室が真ん中に座って世界を統一していくことが、世界人類にとっても幸福だということ。
その国柱会の熱心な信者の一人が、関東軍参謀として満州事変の作戦計画を立案し、成功に導いた石原莞爾という人
「日蓮聖人によって示された世界統一のための大戦争」と自著に書いているらしいが、軍人なので・・・。
もう一人が、驚いたことに宮沢賢治。
自然主義とロマンチシズム、勤勉さと優しさの精神を持った詩人というイメージの人。
宮沢賢治が法華経の信者だとは知っていたが、まさか「八紘一宇」ということばで、皇室の重要性と世界統一への道を説いた宗教の信者だったとは・・・。
「雨ニモマケズ風ニモマケズ」という詩の、最後の「サウイフモノニワタシハナリタイ」のあとには、「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経・・・・・・・」と、いくつものお題目が書いてあるそうな。
ちょっとカルトに近いものを感じてしまう。
宮沢賢治のイメージが少し変わった。

法話

_43062 
午前8時に従兄弟が。
着替えて出かける。
約40分のドライブ。
親戚のお寺へ。
午前10時から叔父さんの満中陰法要。
約45分の勤行。
着替えてご法話をさせていただく。
導入部分の自己紹介。
正覚寺とのご縁を説明。
時計を見ると11時20分。
えっ!もうこんな時間?
あせる。
そこからが本題だったのに・・・。
後半は動揺してのお話しだったので、飛んでしまった部分も。
結局45~50分ほどの時間を使わせていただいた。
でも、自己採点で60~70点のでき。
反省。

葬儀看板

Sougi_3 
夕方まではオフ。
明日の親戚の法要の法話のメモを準備したり、お通夜の準備をしたり・・・。

午後6時、百ヶ日。
午後7時からの中陰・6七日は若院が。
正覚寺でのお通夜は、広間での家族葬。
尚且つ郊外のお寺のご門徒。
私は、親戚の法要に福井からやってきた従兄弟と居酒屋へ。

お盆終了

Yoyaku 
午前10時、盆勤め。
新盆のお宅なので、金沢から故人の娘さん家族やお孫さん家族らが・・・。
終えて、市営の共同墓地へ。
遠方のご門徒のお墓へ。
ご依頼を受けたお墓をお参り。
これで、お盆の予定は終了。

正午過ぎ電話。
お葬式の会場の申し込み。
市街地から西へ10分ほどの集落の方。
同じ地区のお寺のご門徒。
以前にもお葬式をされたことがあるお宅。
早速、火葬の予約をしてスタッフさんに連絡。
今回は広間にて家族葬とのこと。
昨日から女房が風邪気味で体調を悪くして寝込んでいる。
病院へ。
気管支炎で肺炎になりかかっていると…。

お盆15日

午前10時、年忌、13回忌。
墓前勤行も。
午後一時半、月忌兼盆勤め。
午後2時、墓前勤行。
午後4時、本堂にて盆勤め。
遺骨をお預かりしているので。
午後6時半、盆勤め。
偈文のお勤めの後、正信偈・同朋奉讃。

お盆14日

Dsc_0006  
午前10時、新盆兼納骨。
午前11時、お盆勤め。
帰宅して、金沢からおいでた方と共に無縁墓へ。
10年余り続けてお参りに・・・。

午後のお参り1軒は、お爺さんが体調を悪くして病院へ行かれたとのことで、明日に延期。
午後3時半、お盆勤め。
息子さんの家族が帰省してお参り。

合掌

Dscn8412 
市営の共同墓地のお墓参りの帰り道?
正覚寺参道正面で合掌される方が。

 
Dscn84572 
朝から久々の雨。
本堂に立華は女房が・・・。
本堂にお参りしていただけるように準備を。
私は、法名軸など・・・。
若院は、朝から漁師町のご門徒の盆勤め。
午後は、私も盆勤め。
納骨や墓前勤行のお宅もあったので雨には困ったけど、涼しいのはありがたかった。

新聞記事

Dscn8380 
午前8時、墓前勤行。
市街地の南のはずれの集落の高台。
ご門徒3軒のお墓。
3軒並んで建っている。
御兄弟のお宅のお墓。

帰宅してスタッフさんと合流。
午前10時、お葬式。
西のご隣寺のご門徒。
故人は、離れの座敷の工事に関わった大工さん。
喪主は、本堂建設時の現場監督。
65歳で亡くなられた故人。
肺がんだったとのこと。
午後1時、月忌兼盆勤め、墓前へも。
御親戚の方4名もお参り。
午後2時、墓前勤行。
金沢近郊から御夫婦で。
 
Muenbaka 
マネージャーが届けてくれた記事。
私が主役になっていて申し訳ない。
 
Sensoh 
今朝の新聞記事。
同じ町内の方が紹介されている。
こんな経歴の方とは知らなかった。

お盆前

Dscn8299 
午前中はオフ。
調べ物ですごす。
午後1時半、7回忌。
首都圏から帰省して勤められる。
帰宅すると、女房の兄が。
野菜を届けて下さる。
午後4時、社会福祉協議会の依頼で無縁墓のお勤め。

夜は頼母子講。

お盆が近い

Rui 
午前9時、すぐお隣のご夫婦と共にお墓へ。
墓前勤行。
帰宅して、お盆の準備。
漁師町のご門徒へお参りのご案内。
はがきを。
女房の坊守会会計の事務も。
昼食後は昼寝。
その後、調べ物。
夕方、鍼灸院へ。
午後7時、友達の中陰・5七日。

年忌

Dscn8282_2  
午前10時半に年忌。
お爺さんお婆さんの50回忌。
午後もお勤めのお約束があるのでお斎は辞退させていただく。
そうめんカボチャ、ジャガイモ、タマネギをいただく。
ありがたい。

午後2時に年忌。
33回忌と13回忌。
6月にお約束していたのだが、願主の娘さんのお宅がお葬式になったので延期。

寺院消滅!

Toyo 
今日は東側の窓から風が入る。
涼しい。
午後1時半、八日講。
川向こうのお寺が宿寺。
暑い中、5名ほどの参詣。

上の雑誌を読む。
最近読んだ雑誌や本のダイジェスト版といった内容。
夕方、鍼灸院へ。
残念ながら駐車場は満車。
断念。
来週に。

魯山人展

Rosanjin 
石川県立美術館へ。
魯山人展。
これまでの魯山人のイメージは、私の中ではパトロンを捕まえるのが得意な世渡り上手。
そのイメージは、魯山人の作品を知らなかったからだった。
魯山人が世に出るきっかけとなった書に関しては私にはよく分からない。
しかし、焼き物のすばらしさに・・・。

 
Tetsudo 
美術館のポスターでとなりの博物館へも。
大鉄道展。
今はない七尾線の展示も。
女房は東茶屋街へという希望だったが、私は30度超の暑さの中で外の散策に自信がなかったので、アウトレットに変更。

蕎麦と美術館

Dsc_0026  
午前9時前に出かける。
11時20分頃、福井・蕎麦Dining一福に。
開店は11時半。
しばし待つ。
20食限定のランチ。
これで税込1,000円。

 
Ejiputo 
福井県立美術館へ。
古代エジプト美術の世界展。
5000年前のものとは思えない。
文明の高さを感じる。
 
Teduka 
福井県立美術館の案内の女性に勧められて福井市美術館へ。
手塚治虫展。

少年A

A 
今日も朝から暑い。
朝食後からエアコン。
読書ですごす。
上の本を読み終える。
先月手記を出版し、その内容から反省が感じられないと批判されていた少年A の両親の手記。
鑑定書には「悪い母親」と書かれているらしい。
私たちの子供はたまたまこういう子供ではなかった。
私はたまたまご縁がなくて人殺しをしていない。
そうとしか思えなかった。

午後4時過ぎ、墓前勤行を2軒。
午後7時、役僧さんと共に元門徒総代さんの中陰・4七日。

暑い

Beru 
朝から暑い。
朝からエアコンを。
女房は、朝から七尾。
坊守会役員会。
11時に本堂で年忌。
早めに準備を始めたら、10時半過ぎにおいでる。
10時45分頃からお勤め。
お墓も。
正午過ぎに終了。
午後は、昼寝、読書。
午後6時に墓前勤行。
早めに伺うと、墓地の入り口で待っておられる。
お参り後自宅までお送り。
夜は頼母子講。

朝焼け

Asa1_2
10時過ぎに寝たので、5時頃から目が覚めて眠れない。
外ではカラスが騒がしい。
日中はオフ。
月刊住職という雑誌を読んですごす。
昼食後の昼寝の後、ドラッグストアと書店へ。
帰宅するとマネージャーが。
留守中のお葬式の精算。
その後、読書。
午後7時、友達のお医者さんの中陰・4七日。
 
Asa5_2

暑い中、年忌

R0010434  
午前9時すぎに出かける。
南へ10分ほどの山間の集落のお寺。
年忌法要。
お斎はご辞退。
午前11時過ぎに帰宅。
昼食後、昼寝。
午後2時、3回忌と7回忌の年忌のお参り。
墓前勤行も。
3時半頃帰宅。

 
Daimyo  
Sensoh 
この本を読み終える。
戦国時代にあっても、武力に加えて政治力が…。
「太平洋戦争への道」、つくづく愚かだと…。
同じことを繰り返してはならない。
しかし、今…。

ぱしふぃっく びいなす

Pacific_venus 
目覚めて眠れないので、5時半過ぎに起床。
午前中はオフ。
なんとなくうだうだとすごす。
昼食後、昼寝、読書、昼寝。
午後4時、月忌。
帰宅して、マリンタウン、岸壁へ。
寄港しているぱしふぃっく・びいなすを見に。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック