« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

福井から

Hukui 
午前8時半過ぎ目覚める。
朝食をいただいて、9時頃失礼する。
カーナビの予想到着時間は12時30分。
ガソリンスタンドで給油して11時20分頃帰宅。
昼食をいただいて着替えていると電話。
ご門徒の方が亡くなられたと。
火葬場の予約などはマネージャーにおまかせ。
私はとりあえず先輩のお寺へ。
報恩講満座。
引き続き枕務めへ。
親族のみの家族葬とのこと。

ジャズコンサート

Dsc_0005 
午前10時、月忌。
午後1時に川向こうの先輩のお寺へ。
報恩講。
午後3時前、着替えて出かける。
福井へ。
コンサート。
音もよく、楽しんだ。
9時半頃、母親の実家へ。
従兄弟と1杯。

病院

Kusuri  
朝食後、ホームセンターへ。
害獣の忌避剤を。
裏の砂利の駐車場に被害があるので…。
女房に頼まれて、坊守会(寺院主婦の会)の交通費支給用の封筒作成。
午後2時、病院へ。
採尿・採血検査、心電図検査、診察。
薬のうち2種類はジェネリックに。

曇りの予報

Dsc_0002 
朝からハウスクリーニング。
年に1度、報恩講前に。
窓ガラス、カーペット清掃、床のワックスかけ。

市街地から東の高台の集落へ。
3回忌と7回忌の年忌のお勤め。
ご夫婦がお参り。
午後2時、月忌。
今月は、交通事故で亡くなった息子さん、お兄さんの祥月命日。
火災保険の更新手続きに保険屋さん。
午後3時頃から1時間ほどかけて、女房と2人で報恩講の案内の封筒詰め作業。
夜は後輩とお世話をしていた会の決算。
慰労会。

相続講

Dsc_0014   
午前10時、昨日の喪主・ご遺族のお礼参りを受ける。
その後、本山の上納金・相続講志の集金袋を封筒詰め作業。
昼食後、南向きの暖かい部屋でベルと昼寝。
午後3時過ぎ、鍼灸院へ。
夕方、保育所から帰った孫の想の自転車の相手。
雨。

お葬式

Dsc_0012 
午前10時、お葬式。
午後2時頃、還骨、中陰・初七日。
午後3時頃から報恩講のご案内の三つ折り作業。

害獣忌避剤

Dsc_0011 
ホームセンターへ。
害獣に庭を荒らされるので忌避剤を。
その後、法名を選定したりお通夜の準備。
お通夜の準備をしながら、報恩講のご案内の印刷。
午後6時半、お通夜。
遺族は4人兄弟。
全員が遠方に在住。
それでもそれなりの参列。

今日も

Dsc_0010

 
午前8時、夕べ亡くなられたとのご連絡をいただいた遺族の方々がご相談に。
引き続き、午前8時半、昨日お葬式をされた喪主のご夫婦がお礼参りに。
午前10時、お葬式。
私は諷経。
午前11時、百ヶ日、納骨。
正午過ぎ昼食。
午後1時半、枕勤め。
帰宅後、寺務。
夜は頼母子講。

ご法事~お葬式~お通夜

Dsc_0009  
午前10時、郊外のご門徒へ3回忌のお勤めに。
伺うと、お婆さんの23回忌のお勤めもと。
85歳のお母さんと59歳の息子さんがお参り。
午前11時半前に帰宅。
寺務をしながら、早めの昼食。
午後1時、お葬式。
故人は、ご門徒の93歳のお婆さん。
午後4時半頃、還骨、初七日・中陰。
帰宅するとすでにお通夜のご導師が。
午後6時半、お通夜。
市街地から西の山間の集落の方。
正覚寺へ来られるのは初めての集落の方々。
ご導師のお寺も同じ集落。

介護施設から直接

Dsc_0008 
午前10時、お葬式。
私は諷経。
終えて、ホームセンターへ買い物。
セロテープと猫よけ剤。
昼食後、お通夜の準備。
3時頃電話。
家族が亡くなられ、介護施設から直接正覚寺へ遺体を移送したいと。
お引き受けすることに。
午後7時、お通夜。
正覚寺のご門徒の方。
お通夜後、午後8時過ぎ、老人介護施設からのご遺体を受け入れる。
ご門徒のご住職が枕勤め。
午後9時前、完了。

印刷をしながら

Dsc_0007_1 
午前中は、言葉を選定して伝道掲示を交換。
報恩講の掲示も。

 
Dsc_0006 
午後は、スタッフさんとお通夜の準備をしながら、報恩講のお供えのお下がりを差し上げる封筒の印刷。
午後7時、お通夜。
市街地から南西の山間の集落のお寺のご門徒。
終えて、7時半過ぎ、月忌。
8時半頃、帰宅、入浴、夕食。

宛名印刷

Dsc_0005 
今日も空き時間は寺務。
午前10時、月忌を。
天気が良いので徒歩で。
午後1時半、婦人聞法の会の追悼会。
帰宅後は宛名の印刷。

ソフト乗り換え

Rui  
報恩講のご案内の準備を始める。
まずはろうそく代の封筒の印刷。
続いて宛名のプリントをしようとするが、これまで使ってきたソフトがこれまでのような動作をしてくれない。
使い勝手が悪くなったみたい。
で、ソフトを変えることに。
家電量販店へ。
午後3時、月忌を1軒。
今日のお参りはこれだけ。
伺うと、お願いがあると。
年忌が当たっている方のお経をと。
で、一巻。
帰宅後も寺務の続きを。

百ヶ日

Dsc_0003 
午前11時からの正覚寺本堂でのお葬式のお参りはご辞退。
午前10時半、元門徒総代、責任役員だった方の百ヶ日法要。
8名の参列。
関西方面から故人の娘さんらも。
次回お経でお焼香をしていただく。
引き続き、持参した勤行本で正信偈・同朋奉讃を唱和。
お勤め後、納骨。
近くの墓地へ。
風がなく天気がよいので暑いほど。

夕方、温泉へ。
夜は、飲み会。

ベル

Dsc_0001  
午前中は、祠堂・永代経のご案内の発送作業。
報恩講のご案内の作成。
午後2時、本堂で7回忌のお勤め。

母娘でお参り。
続いて、裏の墓地で墓前勤行。
東京から父子3名でお参り。
女房は友達とコンサ-ト。
私は、午後7時、お通夜。
川向こうのお宅が喪家。
川向こうの大きなお寺のご門徒。

六和精舎報恩講

Dsc_0002 
午前10時、お葬式。
曹洞宗のお寺の檀家さん。
私もお参りさせていただく。
故人がコーラスグループに入っておられたので、出棺時、本堂玄関ホールでコーラス。
終えて、お葬式の残りの生花を、先輩住職のお寺へお届け。
午后12時半過ぎに六和精舎という小さなお寺へ。
通称本山事務所。
本山世話方の追悼会、報恩講。
参勤法中(僧侶)10名あまりに対して参詣者は・・・。
厳しい現実。
帰宅して寺務を少し。

姫リンゴ

Dsc_0013 
午前中はオフ。
お葬式の看板のプリント、法要の法名の準備。
午後1時半に月忌のお参りをお約束しているお宅の奥さんの訪問を受ける。
急に遠方からのお客さんがあり午后のお参りはできなくなったと・・・。
で、準備された茶筒を一缶届けて下さる。

 
午后1時頃からスタッフさんがお通夜の準備。
私も法事の準備。
午后1時半過ぎ、車で約1時間ほどの時間をかけてご法事のお参りに。
午后2時頃からお勤め。
午后3時頃、お送りする。
その後スタッフさんと共にお通夜の準備。
午后7時、お通夜。
曹洞宗のお寺の檀家さん。
本堂にいっぱいの参列者。

布団クリーナー

Dsc_0012 
マネージャーやスタッフさんに薦められて購入を決断した布団クリーナー。
昨日の正午頃発注したのに今朝一番に宅配便で。

 
朝食後電話。
お風呂でお婆さんが亡くなられ、正覚寺でお葬式をされたいと。
火葬場の予約をしてマネージャーに連絡。
マネージャー、スタッフさんと準備、手配。
午前10時、昨日のお葬式の喪主の方がお礼参り。
それぞれを送り出して、散髪に。
昼食後、マネージャーが支払い業務、新たなスタッフ候補者さんとの面談。
夕方、買い物、鍼灸院。

今日もいろいろと

Dsc_0011 
午前10時、お葬式。
午前11時過ぎ、昨日のお葬式の喪主のご夫婦がお礼参りに。
昼食。
午後1時、月忌。
午後2時、お仏壇をしまうお参り。
帰宅してスタッフさんを送り出す。
午後3時過ぎ、近くの墓地へ墓前勤行に。

ご法事~お葬式~お通夜

Dsc_0010 
午前10時、千葉からのご夫婦の訪問を受ける。
奥さんのご両親を含めた方が埋葬されている輪島にあるお墓についてのご相談。
10時半、そのご夫婦と子供さんら8名の参列で、ご両親とお兄さんのご法事。
本堂はお葬式のお荘厳。

午後1時、お葬式。
午後4時半過ぎ、還骨、中陰・初七日。
午後7時、お通夜。

若院誕生日

Dsc_0009 
朝食後からお通夜の準備等々。
午前11時、満中陰。
納骨はせず。
午後1時半、7回忌。
空き家のお宅。
遺族が集まられてのお勤め。
近い将来、このお宅は解体されそう。
帰宅して、明日のお通夜の準備。
午後7時、お通夜。
その後、頼母子講に遅刻して駆けつける。

会食

Shohwa 
午前10時、東へ10分あまりの集落へ。
集落の入り口から路肩にコーンが並べられている。
連休だから?っと思ったら、今夜、集落前の千枚田でイベントとのこと。
ご両親の3回忌と1周忌。
お墓も。
正午過ぎに帰宅。

昼食後、昼寝、読書。
上の本を読み終える。
日中戦争~太平洋戦争、軍の暴走だけではなかったらしい。
日中戦争の泥沼化、抗日の世論という中国の国内事情も関係していたらしい。
勉強になった。
夜は、ご法事を勤められたご兄弟らと会食。

50回忌

Dsc_0007 
午前10時半過ぎに若院と出かける。
隣の町内のご門徒宅へ。
ご主人の50回忌法要。
30名弱の参列者。
伽陀、表白に続いて観無量寿経。
ろうそくを立て替えて、阿弥陀経。
阿弥陀経は願主も唱和。
最後に正信偈・同朋奉讃を全員で唱和。
若院が御文で締めくくり。
近くのホテルへ移動してお斎・昼食。
テーブル上に食前の言葉。
そういえば、先日尋ねられたんだった。
説明をさせていただいて、全員で唱和。
私と若院はノンアルコール。
夜は、友達夫婦と若い弁護士さんと会食。

大お講

Dsc_0005 
午前中は、昨日に続いて手作りお経本を2冊。
お昼前に出かけようとすると電話。
ご門徒のお婆さんが亡くなられたと・・・。
枕勤めは午後2時頃にお約束。
火葬場の予約など打ち合わせなどはマネージャーに依頼。
で、出かける。
川向こうのお寺へ。
八日講。
10月は大お講、お斎・昼食が。
午後1時からお勤め。
40~50名の参詣。
お勤め後、ご講師のお話を聞かずに失礼する。
枕勤めへ。
お勤め後、尋ねられる。
お花は菊の一本花ですか?と。
できれば樒、なければ青木を・・・と説明すると、私の家に樒の木があるという方が・・・。

午前11時、戦没者追悼法要。
なぜか集合は午前10時。
午後は、お世話をしている会の事務、郵送作業。
その後は、儀式用のお経の本を自作。
夜までかかる。

手帳作成

今日はお参りの予定はなし。
お世話をしている会の手帳作成をしたり、本を読んだり・・・。
昨日のお葬式の遺族の方が支払いに来られたので、お相手をしたり。
午後は、マネージャーが支払い業務。
コーヒーでおしゃべり。
夕方、ドラッグストアへ買い物、鍼灸治療。

Dsc_0002 
朝、ご門徒の方が。
漁師さん。
鯖の差し入れ。

午前10時、お葬式。
51歳でガンで亡くなられた方。
西の郊外のお寺のご門徒。

 
夜は頼母子講。

家族葬~家族葬

Dsc_0001 
午前10時、広間で家族葬。
ご導師は、川向こうのお寺のご住職。
私は居間で事務。
午後も事務。
午後3時、1周忌のお参り。
午後4時過ぎ、帰宅してスタッフさんと合流。
お通夜の準備。
故人は、51歳。
西の山間の集落のお寺のご門徒。
午後7時、お通夜。
家族葬とお聞きしていたのに、70~80名?の参列。

広間で

R0000589 
夕べは山吹会、正覚寺役員会。
本堂でお勤め。
ミニ会議。
来年の行事について。
その後、懇親会。

 
朝食後電話。
お葬式会場の申し込み。
明日・明後日の日程。
火葬場の予約をして、スタッフさんに連絡。
 
看板など、今夜のお通夜の準備。
午後は、若院家族と女房は、女房の実家へ。
私は、スタッフさんとお通夜の荘厳。
広間で家族葬。
ご導師は川向こうのお寺の住職さん。
私はお参りせず。

七尾へ

Tohaku 
午前11時過ぎ、出かける。
七尾へ。
まず、子供たちが還暦の祝いにプレゼントしてくれたオーダーメイドの枕を作りに。
体型が測定され、枕が作られる。
遅い昼食後、美術館へ。
等伯展。
グレースケールの水墨画、黒の濃淡だけでの表現。
当たり前の感想だが、うまいなぁ!と思う。

帰路、ショッピングモールに。
夕食を。
 
Handoh 
この本を読み終える。
坂本龍馬、暗殺して欲しくなかったとあらためて思った。
維新とはいうが、権力闘争だったんだと感じた。
大久保利通、ずいぶんイメージが悪くなった。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック