« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

お葬式~お葬式~お通夜

Photo 
午前11時、お葬式。
私は諷経。
ご導師は、川向こうのお寺のご住職。

終えて、昼食。
午後1時、月忌。
伺うと、あれ~!。
忘れられている。
お休みしましょうか?っと問うと、夕刻にと。
 
2  
1時半頃、六和精舎、通称本山事務所に。
準備を始めていると、霊柩車の都合がついたので早めに始めていいと・・・。
夕べ、夕方の日程が混んでいると話したので気遣ってくれたとのこと。
参列者、喪主を含めて3名。
まさしく密葬。
2時半前に出棺。
火葬場へ。
帰宅して、お通夜の準備をしながら、還骨の準備。
午後4時過ぎ、お通夜のお棺が。
5時前に午後2時のお葬式のお骨と共に遺族の方が。
広間で還骨、中陰・初七日。
終えて、お通夜。
午後7時、昼過ぎに勤められなかった月忌。
疲れた。

お通夜はしご

Photo 
午前中は息子がWin10にして使えるようにしてくれたタブレットPCの設定をしながら、お通夜の準備。
昼食は、女房と長男と孫の想と4人でうどん屋さん。
カレー南蛮。
帰宅して作業の続きを。
午後4時半過ぎ、六和精舎という小さなお寺へ。
密葬のお通夜。
喪主を含めて6名の参列者。
終えて、5時半頃帰寺。
チェックや準備。
午後7時、お通夜。
ご導師は、川向こうのお寺のご住職。
スタッフさんを送り出して、午後8時半頃入浴、夕食。
写真は夕食。

お葬式が続く

Sakurai_2 
午前5時頃電話で起こされる。
お葬式会場の依頼の電話。
川向こうの方で、川向こうのお寺のご門徒。

午前7時頃電話。
ご門徒の方。
奥さんのお母さんが亡くなられて、正覚寺でお葬式をと。
枕勤めに。
明日・明後日の日程をご希望の様子だったが、先約があるので明後日・明々後日の日程に。
帰宅してお参りの準備をしているとご門徒の方が。
弟さんが亡くなられて検体をするので、午後5時にお参りに来てほしいと。
午前10時、17回忌の年忌のお参り。
早めの昼食後、川向こうのお寺へ。
報恩講満座。
午後2時半、月忌。
帰宅すると、ご門徒のお婆さんが亡くなられたと・・・。
午後5時、検体をされる方のお勤めに。
お布施は、百円玉5枚とコンビニのお弁当、お供えのお菓子。
続いて、枕勤めに。
明日明後日の日程で、私一人で密葬。

登高座、大逮夜

Dsc_0010 
午前11時、お葬式。
隣町のお寺のご住職2人がご導師、そして脇導師。
そして喪家のご親戚の曹洞宗のお寺のご住職。
このお寺も隣町。
そこへ私。
4人の僧がお参り。
昼食後川向こうのお寺へ。
報恩講3日目。
午後1時からお日中。
私が首座で、登高座、嘆徳文を。
ご法話を挟んで、午後2時過ぎから大逮夜。
正信偈真四句目下、念仏讃淘5、和讃 五十六億七千万 次第6首、回向 我説彼尊功徳事。
私は、蓮如前の三座目で巡讃4首目のお調声を。
3時半頃帰宅して、散髪に。
ドラッグストアと百均で買い物。

win10

Photo 
午前中はPC。
Win10にバージョンアップ。
Surfaceは成功、lenovo・Yogaタブレットは失敗。

早めに昼食。
午後12時半過ぎに川向こうのお寺へ。
報恩講2日目。
お日中は音楽法要。
正信偈だけ唱和。
あとはお荘厳。
お逮夜は失礼する。
午後2時、中陰・4七日。
帰宅して、スタッフさんのお通夜の準備をチェック。
午後7時、お通夜。
南へ25分ほどの隣町の山間の集落のお寺のご住職がご導師。

日本史 その後

Dsc_0008 
旅行の移動中に読み終えた本。
面白かった。
読み始めて一ヶ月以上だと思う。
慌ただしくて、旅行の移動中以外本に集中できないので・・・。

早めに昼食を済ませて川向こうのお寺へ。
報恩講初日。
午後1時からお日中、その後30分ほどの法話、そしてお逮夜。
午後3時半頃帰宅。
夕方、鍼灸院へ。

本山・報恩講

Kiyomizu01_2 
朝食後、9時前にホテルを出発。
四条通を東へ。
八坂神社から南へ。

 
Kiyomizu02 
Kiyomizu03 
清水寺に向かう。
 
Kiyomizu1 
目的地、清水寺成就院特別公開。
清水寺の本堂の混雑と違って静か。
ゆっくり庭を堪能した。
 
Manga2Manga1 
これも良かった。
 
Kiyomizu2 
トイレを借りに立ち寄った店の裏庭。
 
Kiyomizu3 
円山公園へと。
 
Imoboh2 Imoboh1 
昼食はいもぼう。
初体験。
学生の頃、この店の前は何度も行き来したけど・・・。
 
Honzan 
一澤帆布、田中漬物店で買い物をして本山へ。
 
Photo
報恩講期間中公開されている阿弥陀堂へ。
写真撮影禁止なので、この写真は本山のもの。
3時40分発のサンダーバードで・・・。
強風のため米原経由で30分遅れ。

広岡浅子

Daido 
午前6時半頃出かける。
金沢駅の立ち食いそばで朝食。
8時20分。
あれ!8時15分の1本早いサンダーバードに乗れた。 (;^ω^)
大阪へ。
大同生命本社。
「加島屋と広岡浅子」。
勉強になった。

 
Ryukoku 
大阪駅に戻ってコインロッカーに預けた荷物を。
ところがコインロッカーがわからない。
ホテルのフロントやガードマンに訪ねて、30分ほどかかってようやくたどり着く。
ラーメンで昼食。
京都へ。
竜谷ミュージアム。
「アンコールワットへのみち」。
今春訪ねただけに・・・。
 
Kitamura1 
夜は木屋町。
きた村。
 
Kitamura2

須弥盛

Dsc_0007_1 
昨日に続いて本堂裏の棚の整理。
廃棄物を再利用して報恩講のお供物。
夕方、女房と孫の一華と報恩講のお供えのお下がりを届けに。
午後7時、月忌。
それで今日1日はおしまい。

物置整理

Dsc_0005 
午前10時からお葬式。
ご導師は川向こうのお寺のご住職。
お通夜に続いて、お手伝いの住職さんと私の3人の僧でお勤め。
午前11時前に出棺。
住職さんらを送り出す。

 
Dsc_0006_1 
本堂の物置棚などを整理。
空いたスペースにホームセンターから棚を。
少しスッキリした。

山間の集落へ

Dsc_0003 
午前9時半出かける。
車で20分余りの山間の集落へ。
能登では豪雪地域。
かつては4軒あったご門徒も、今は1軒だけ。
お取越・報恩講に。
午前11時ころ失礼する。
車にたくさんの野菜を積んでくださる。
昼食後、寺務。
百均に買い物。
夕方、スタッフさんとお通夜の準備。
午後7時、お通夜。
川向こうのお寺のご門徒。
いつもは住職さんと若さんがお参りされるのだが、若さんは本山の報恩講に。
で、住職さんと私、そしてお手伝いの住職さん、

 
Dsc_0004

墓標土台

Dsc_1004 
しばらくぶりに明け方から鼻水タラタラ、くしゃみ連発。
午前中は、寺務を少々。
裏の墓地の工事、基礎の土台まで。
墓石建立は来年とのこと。
石材店さんは群馬へ帰って行かれた。
昼食後、少し昼寝。
午後2時、中陰・3七日。
午後3時、月忌。
月忌のお宅の奥さんのお母さんの様態がよくないとのこと。
もしもの時は・・・、そんなお話しを。

石材店

Dsc_0006 
一昨日から裏の墓地で墓石の建立工事。
群馬県の石材店。

午前中はオフ。
寺務を。
そこへ花屋さんがカニの差し入れ。
で、急遽、女房とスタッフさんに配達。
早めに昼食をすませ、正午過ぎに出かける。
女房の実家へ。
報恩講満座。
女房の兄である住職が主座から登高座。
私は、御代前の主座で、式間念仏や添え勤めの調声をさせていただく。
午後3時半頃帰宅。
寺務を。
しばらくするとマネージャーが。
するとマネージャーの携帯に電話。
お葬式会場の申し込み。
早速手分けして作業。
スタッフさんも・・・。

お葬式

Dsc_0005 
午前中は寺務。
11時半前に早めの昼食。
午後1時、お葬式。
ご導師は、南の山間の集落のお寺のご住職。
女性住職。
役僧さんと私を含めた諷経僧が3名。
総勢5名の僧侶がお勤め。
午後2時前に出棺。
寺務。
夕方、鍼灸院へ。
午後6時前に帰宅すると、還骨・中陰のお勤めを終えたばかりという雰囲気。
6時半前、スタッフさんの業務が終了。

お通夜

Dsc_0004 
夜のお通夜までお参りの予定はなし。
午前中は、ろうそく代をいただきながらお供えのお下がりを差し上げられなかった方へお備えをお届け。
遠方の門信徒の方へは郵送。
午後は、少し寺務。
そして、スタッフさんの手伝い。
スタッフさんの一人が差し支えがあるので・・・。
お通夜のお参りは若院が。
私は頼母子講。

法要3軒

Dsc_0003_1 
お参りの準備をしていると電話。
お葬式会場の申し込み。
セレモニーホールが予約でいっぱいらしい。
午前10時からのお葬式・諷経と午前11時の1周忌は若院が。
私は、午前10時から満中陰。
帰宅してスタッフさんの手伝い。
午後1時半、祥月。
午後2時、27回忌と23回忌の年忌。
午後4時、33回忌と報恩講・お取越。

三尊像

Dsc_0002  
午前11時、満中陰。
正午過ぎに帰宅。
午後1時30分、祥月兼お取越報恩講。
床の間に三尊像。
集落共有のものとのこと。
ずいぶん古いものに見える。
2時半頃帰寺。
スタッフさんとお通夜の準備。
午後7時、お通夜。
喪家は東の山間の集落の方。
ご導師は、西の門前町の山間の集落のお寺のご住職。
本堂にあふれる大勢の参列者。

お見舞い

Dsc_0001
午前10時、7回忌。
父娘4名の参列。
終えて連絡をするとマネージャーが迎えに。
金沢医科大学病院へ友達の見舞いに。
夜は頼母子講。

諷経

午前10時、お葬式。
川向こうのお寺のご住職がご導師。
私は諷経。
午後1時、月忌。
午後2時、中陰逮夜、2七日。
女性ばかり5~6名の参列。
今日はこれにて終了。

お葬式2軒

Dsc_0010 
女房は8時過ぎに出かける。
七尾の能登教務所の報恩講のお手伝い。
今日はその準備に。

私は9時半にセレモニーホールへ。
10時からお葬式。
故人は66歳で肺がんで・・・。
終えて、11時頃帰寺。
役僧さんは火葬場へ。
11時半前に早めの昼食。
次のお葬式の準備。
着替えながら待つと、12時10分ほど前に役僧さんが火葬場から。
正午、お葬式。
12時45分頃出棺。
午後1時半過ぎにセレモニーホールへ。
しばらく待って、午後2時頃、還骨・中陰。
一旦帰寺。
午後3時半過ぎ、郊外のお宅へ。
還骨・中陰。
4時半頃帰寺。
午後6時お通夜。
ご導師は、川向こうのお寺のご住職。

祠堂・永代経~お通夜2軒

Dsc_0009 
午前10時半、祠堂・永代経。
50人あまりの参列。
約1時間のお勤め。
お勤めに最後は、正信偈・同朋奉讃を唱和。
私と責任役員さんがご挨拶させていただく。
その後、お斎・昼食。
私とお世話方はお荘厳払い。
午後1時頃からお世話方と昼食。
お世話方を送り出して、午後2時半頃からお通夜の準備。
午後6時、お通夜。
終えて、役僧さんとセレモニーホールへ。
午後7時、お通夜。
報恩講の余韻も何もなく、日常の現実に引き戻される。

報恩講2日目

Dsc_0008 
若院は昨夜は金沢泊で、今日はお葬式。
役僧さんも従兄弟のお寺のご門徒のお葬式のお手伝い。
午前10時報恩講満座。
お仲間のご住職5名が参勤下さる。
伽陀3章で登高座、正信偈、念仏讃淘5ッ、三朝浄土 次第三首。
午前中で報恩講は終了。
午後、明日勤める祠堂・永代経の準備。

報恩講初日

Dsc_0007_1 
午前10時、報恩講初日。
日曜日だがお仲間の住職さんが2名。
役僧さんと私を含めて4名でお勤め。
正信偈真四句目下、念仏讃淘五ッ、五十六億七千万 次第六首、回向 願以此功徳。
御俗姓拝読。
午後1時半、八日講。
お仲間の住職・若院、役僧さん、正覚寺の若院、私、7名でお勤め。
夜は、布教使さんを接待。
若院は金沢へお通夜。

報恩講と枕勤め

Dsc_0006 
午前6時に電話。
お葬式をと…。
報恩講なので…とお断り。
昨日も1件、お断り。
朝食後から明日に控えた報恩講の準備。
早めの昼食後、12時40分に役僧さんが迎えに。
一昨日に続いて山間の集落のお寺の報恩講に。
満座。
登高座、三朝浄土の三首引きで結讃は如来大悲。
終えて、コーヒーをいただいていると連絡。
ご門徒の方が亡くなられたと…。
枕勤めへ。
亡くなられたのは、60代半ば過ぎの方。
病気は肺がん。
セレモニーホールの都合で、10日お通夜、11日お葬式。
帰宅すると、今度は金沢在住のご門徒の方が亡くなられたと…。
明日・明後日の日程でお葬式。
やりくりをして、若院・長男がお参りさせていただくことに。
夕方、電話。
街外れの集落の方が亡くなられたと…。
9日・10日の日程で…という希望だが、報恩講なので10日・11日に。
書類などを準備して枕勤めに。

ホテルで法要

Dsc_0003 
午前8時40分頃出かける。
金沢へ。
郊外のホテル。
10時20分頃着。
満中陰。
11時からお勤めをして、12時前に失礼する。
帰路のショッピングセンターで昼食と買い物を。
2時半頃帰宅。
本堂のお荘厳の続きを。

西のお寺へ

Dsc_0004 
報恩講のお荘厳を始める。
早めの昼食後、12時40分頃役僧さんの車に同乗して、西の山間の集落のお寺へ。
報恩講初日。
住職さんを含めて8名の参勤。
内陣に6名、外陣に2名の出仕。
主座を勤めさせていただく。
帰宅して、本堂のお荘厳の続きを。
夜は、会の会計の引継ぎ。

祠堂の掲示

Sidoh 
一般的には永代経と言われている習慣、輪島では祠堂。
さらに輪島では報恩講に志納するという習慣。
で、報恩講の近づいた今、お納めいただいた祠堂の掲示の準備を。
用紙を買いに百均へ。
すると、いつもの用紙がない。
別の百均へいくとほぼ同じ大きさの用紙が・・・。
それを買ってきて、用紙を切断して印刷。
夕方、鍼灸院へ。
夕食後、印刷した祠堂を掲示。
すると、用紙が厚すぎてペーパーハンガーに合わない。
断念。
明朝、別の用紙を買ってきて印刷し直すことに。

報恩講準備

Photo 
午前10時、昨日のお葬式の喪主母子がお礼参り。
ご門徒、マネージャーを送り出して、寺務。
葉書を買ってきて、野菜提供の依頼の葉書を。
女房は、昨日は金沢へ買い物、今日は友達と…。
門徒の方々が志納金を届けてくださる。
作業の手を止めては玄関で応対。
午後、昨日に続いてろうそく代のお返しの準備。
帰ってきた女房が終わりの方を少し手伝う。
夕方、報恩講のお手伝いの依頼の葉書を…。

 
 

お飾り

Dsc_0011 
午前9時、広間で家族葬。
家族葬とはいえ30名弱の参列者。
広間じゃなく本堂のほうがよかったかも、と感じる。
火葬場へも同行し勤行。
10時半過ぎ、ご門徒宅へ。
3回忌。
午後12時半過ぎ、還骨と中陰・初七日。
帰宅してちょっと昼寝。
午後2時過ぎから作業。
報恩講のろうそく代を届けて下さった方のお返しの準備。
80袋ほど作業した4時頃中断。
明日に。

トビ

Dsc_0009 
午前9時、祥月命日のお参り。
午前10時、1周忌。
ご主人の姿が見えない。
10月29日に脳溢血で入院されたとのこと。
左側の脳が出血し、右半身に障害が残るとのこと。
11時過ぎに帰宅。
お通夜の準備。
昼食後、ベルと昼寝。
午後4時、満中陰。
午後6時、広間での家族葬のお通夜。
家族想とはいえ、20~30名の参列者。
本堂でもよかったのでは・・・と思う。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック