« 餅お講 | トップページ | 喪主は甥 »

葬式革命

Post 
午前10時過ぎ、若院・長男とお参りに。
満中陰。
東の街外れの集落のご門徒。
30名ほどの参列者。
お揃いとのことで10時半の定刻前にお始め。
お仏壇前で阿弥陀経、中陰壇前で正信偈・同朋奉讃。
納骨は、春から初夏に。
午後もお参りのお約束があるのでお斎・昼食はご辞退。

午後2時、若院は百ヶ日に。
私は満中陰に。
お勤めを終えて納骨も。
高台の墓地で寒い。
帰宅して、コーヒータイム。
その後コンビニ。
雑誌を。
 
Post3 
この記事が読みたくて。
正覚寺でも年末年始に数件の家族葬が・・・。
数件の家族葬のご相談をお聞きしている。
記事は都会のことではない。
輪島のような田舎でも始まっている。
それもそのはず、喪主が都会から駆けつけてきたり、親戚が都会から・・・。

« 餅お講 | トップページ | 喪主は甥 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 餅お講 | トップページ | 喪主は甥 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック