« 忘れられていた | トップページ | 義従姉妹のお葬式 »

新潟へ

Dsc_0075 
午前10時、お葬式。
私は諷経。
真宗大谷派から離脱したお寺のご住職がご導師。
脇導師(キン役・助音)の僧も同じ離脱されたお寺のご住職。
私は諷経。
お葬式を終えて、11時半頃女房と出かける。
新潟へ。
途中、昼食とトイレ休憩をとって午後5時頃新潟着。
ホテルへチェックインしてシャワーをして礼服に着替える。
帰宅ラッシュと思える中をセレモニーホールへ。
着いて、お弔いのお勤めをさせていただく。
午後7時半からお通夜。
従姉妹の檀家のお寺は曹洞宗。
まずご導師が法話・ご挨拶。
20分。
ちょっと長すぎるなぁ。
7時50分頃から勤行。
お勤めを終えて、義従兄弟が勤務していた新聞社の社長さんが弔詞。
最後に喪主の従姉妹がご挨拶。
9時頃終了。
そこから会場を替えて通夜振る舞い。
握り寿司や刺身、生ハム、エビチリ、肉じゃが・・・、バイキングパーティといった雰囲気。
通夜振る舞いを終えて、10時半頃からパソコン入力のお手伝い。
私と女房は12時頃に失礼させてもらう。

« 忘れられていた | トップページ | 義従姉妹のお葬式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忘れられていた | トップページ | 義従姉妹のお葬式 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック