« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

熊野へ

201607311302470

  
午前7時朝食。
8時頃チェックアウト。
地下鉄を乗り継いで天王寺。
9時21分発の特急くろしお。
11時16分紀伊田辺着。
予約してあったレンタカーで本宮大社に向けてドライブ。
昼食をと探しながら・・・。
道の駅発見。
ところが、食堂は休業中。
再出発。
清姫墓近くの食堂発見。
ここに。
16~20名の先客。
注文をすると、団体さんの食事を出さなければならないので時間がかかると。
他に店は見当たらない山の中なので待つことに。
待つ・待つ・待つ、30分あまり。
 
201607311249480_3 
ようやくありついた蕎麦。
まずいとはいわないが、特別旨くもない。
このお店の店主、手際が悪いようだった。
 
201607311400180 
 
201607311404160 
本宮大社。
山中の雰囲気のある神社。
さすが世界遺産。
 
Kodoh  
ちょっとだけ古道の雰囲気も。
 
Kodoh2
続いて、新宮・速玉大社。
 
Kodoh3 
紀伊勝浦へ。
那智の滝。
大きな滝を堪能。
今日はここまで。

ザ・アイス

201607301231360
午前5時半頃目覚め、起きる。
携帯でチェックすると予約の際にまとまった席が確保できなかったサンダーバードに空席が・・・。
で、予約変更。
6時半頃出かける。
8時過ぎ金沢駅着。
みどりの窓口でチケットと駐車場の割引券を受け取り、立ち食いうどんで朝食。
9時3分発のサンダーバード。
11時37分大阪着。
暑い中、できるだけ歩きたくないので、地下鉄を乗り継いで、堺筋本町。
ホテルへ。
向かいのうどん屋に行列。
ホテルに荷物を預けて、私たちも列に。
鱧天うどん、太麺で旨かった~!

201607301321262
徒歩で、難波別院・南御堂へ。
立派、さすが大阪。
地方の北陸と違う。

201607301330312
続いて本願寺派の別院・北御堂へ。
地下鉄内の案内放送で北御堂があることを知ったので・・・。
こちらも立派。
高い階段を上った敷地、そこから階段を上がって堂内に。
そして内陣はさらに高い位置に。
参詣者からは見上げる位置。
「権威主義的」と女房が・・・。

201607301340390

201607301422290
時間があるので、地下鉄であべのハルカスへ。
展望台へ。
スカイツリー以上の眺め。

The_ice
JR、地下鉄を乗り継いで大阪市中央体育館へ。
ザ・アイス。
これが今回の旅行のメイン。

201607302047460
ホテル前で遅い夕食。

孫の誕生日

Ichi  
女房は朝から出かける。
七尾の教務所へ。
私とベルが留守番。
ネットでいろいろと。
昼食はマーケットの弁当。
昼食後、ちょっと読書と昼寝。

今日は孫・一華の誕生日。
2年前の7月29日は土用の丑の日だった。
で、今日の夕食はうな丼。
愛犬ベルは7月15日生まれ。
で、ケーキにはベルの名前も。

Dscn9012 
Dscn9015 
朝食後準備をして出かける。
女房の実家へ。
依頼されていた物をお届けに。
義兄夫婦は所用で留守。
庭師さんが入っていて、義父母が留守番。
帰路、手打ち蕎麦の看板の店へ。
残念ながら定休日。
町中の食堂へ。
こちらは残念ながら自然薯が無くなったので秋まで蕎麦は休みとのこと。
うどんをいただく。
女房は肉うどん、私はカレーうどん。
食堂を出ると、11時40分頃。
新しくできたおさよトンネルへ。
道の駅で野菜を。
12時半頃帰宅。
昼寝と読書。
午後2時、月忌。
帰宅して、ショッピングセンターへ。
帰宅すると、女房がエアコンにと。
居間にエアコンは今夏初めて。

上の写真はえさ箱にやってくる雀。

 
Dscn9018 
池に井戸水。
金魚やメダカがきれいな水の中で気持ちよさそう。

留守番

Win_20160727_20_37_24_pro 
5時半に目覚まし時計が・・・。
女房は美術館の日帰り旅行・見学会。
私は休み、留守番。
9時半、開店の時間に合わせて書店へ。
文庫本を2冊。
隣のホームセンターへ。
欲しい商品が見つからなかったので電気店へ。
2点ゲット。
帰宅後は読書とうたた寝。
2月~6月までの会計をパソコンに転記。

日本軍の謎

Sensoh 
今日はお参りの予定はなし。
外は雨、涼しい。
リクライニングチェアで読書+うたた寝。
昼食後、所用に一回り。

女房は友達と習字。
私は、リクライニングチェアで読書+うたた寝。
夕方、鍼灸院へ。
上の本を読み終える。
先日の本に続いて、支離滅裂で負けて当然の戦争だったと思う。
治安維持法、国家総動員法、国防保安法、現代の政治家たちはこの復活を目指しているように感じる。
国民がしっかりしなきゃ。

すずめ

Sensoh1  
北海道へ行くの飛行機内でこの本を読み終える。
始めてはいけなかった戦争、もっと早く終わらせるべきだった戦争。
想定が甘いっていうか、緻密さに欠けるっていうか、適当すぎるっていうか・・・。
日本人は勤勉で、まじめっていうが、なんか違うような気がする。
福島原発事故も起こって当然だったって思う。
アメリカなどの敵に殺されたんじゃなく、日本兵などの国民は日本軍・国に殺されたんだと改めて思った。
写真の左は、お気に入りのしおり。

 
Dsc_0159 
午後1時半、27回忌の年忌のお参り。
ご夫婦が参列。
それ以外はウダウダと過ごす。
写真の中心に小さく見えるのは小鳥のえさ箱。
雀が来ている。

飲み続け

Hokkaido8 
旅館の窓からの風景。
いびきで寝不足。
8時半に旅館を出発。
新千歳空港へ。
荷物を預けて、空港散策。
孫にお土産。
11時頃から早めの昼食。
刺身などと生ビール、ハイボール。
12時半発羽田行き。
プレミアムクラスに保阪正康。
機内で、鹿児島ハイボール。

 
Hokkaido7
2時過ぎに羽田着。
空港内の寿司屋で生ビール、日本酒。
2時55分発の能登便。
富士山を期待して左側の座席に。
しばらく眠る。
残念ながら写真の景色。
飛行機内でも後輩に誘われてハイボール。
4時過ぎ、帰宅。
リクライニングチェアで眠る。
午後7時半過ぎ、出かけていた家族が・・・。
女房と向かいのスナック・ロゼへ。

ディープインパクト

Hokkaido1  
午前9時前にホテルをチェックアウト。
ゴルフグループと観光グループに分かれて行動。
私は観光チーム。

 
Hokkaido2 
社台スタリオンステーションへ。
種牡馬見学。
ディープインパクトなど。
 
Hokkaido3 
室蘭へ。
ラーメン屋さんで昼食。
私はポスターにあったカレーラーメンを。
濃厚なまさしくカレー。
 
Hokkaido4 
地球岬。
丸い水平線。
残念ながら写真には入りきらない。
 
Hokkaido5 
虎杖浜。
海産物屋を散策。
 
Hokkaido6 
登別熊牧場。

札幌へ

1469230515382.jpg
午前4時前、目覚ましがならないのに目覚める。
4時半前に後輩が迎えに。
三角州の駐車場へ。
マイクロバスと合流。
12名で小松空港へ。
7時45分の飛行機で羽田。
飛行機を乗り継いで札幌へ。
まず、キリンビール園。
ビールやジンギスカンなどなど。
夜はサッポロドーム、ナイター観戦。

バーベキュー

1469172249944.jpg
今日もお参りの予定なし。
本を読んだり、雑務をしたり・・・。
夜は、焼き肉・バーベキューを、後輩の住職等と。
後輩の肉屋さんにお世話してもらって。

ネコの爪研ぎ

Neko1 
本堂の東側の外壁。

 
Neko12 
ネコの爪研ぎ?
どうしようもないのかなぁ?
 
今日はお参りの予定はなし。
日中は読書とうたた寝。
夕方、鍼灸院。
夜は祭りの相談会。
班長なので・・・。
懇親会でお酒を・・・。

君が代

Kimigayo 
夕べから孫たちが発熱。
で、瑞恵ちゃんは仕事をお休み。
孫は病院へ。
妹の一華は溶連菌とのこと。
想は???
女房は朝から七尾の教務所へ坊守会の決算業務。
私は留守番をしながら読書とうつらうつら。
上の本を読み終える。

Kimigayo_2  
右翼?っと思える石原慎太郎、君が代は嫌いだと。
明治時代からこんな暗い陰気な歌・・・そんな批判があった歌。
起立・歌唱を義務づけている大阪って石原慎太郎以上の右翼の町???
この本、君が代反対!という本ではない。
歴史と問題点を知った上で、まぁいいんじゃない?っという本。
面白く勉強した。

午後6時半から門徒交流会委員会。
責任役員さんら4名のご門徒の方々が第2回目に向けてご相談。

初コストコ

Mago_2 
午前9時前、郊外のご門徒宅へ。
3回忌。
故人の子供さん3名が参列。
10時過ぎ帰宅。
着替えて一家で出かける。
金沢近郊野々市市。
コストコ。
私と女房は初コストコ。
帰路、夕食のお弁当を。
5時過ぎ帰宅。

祭り

Dsc_0132 
午前9時半過ぎ、出かける。
郊外の集落のご門徒宅へ。
午前10時からのお約束でご法事。
17回忌。
9名ほどの参列。
準備ができたので10時前にお勤めを始める。
10時半過ぎ、一旦帰寺。
私の車の前に駐車場に入る車が。
良ちゃん。
キュウリの差し入れ。
雨樋の修理を依頼する。
再び出かける。
川向こうへ。
市街地のご門徒宅。
3回忌。
9名ほどの参列。
12時頃帰寺。

 
Dsc_0134 
夕方、出かける。
女房の実家へ。
祭り。
10年前と比較してずいぶん縮小された。
かつては大勢の子供の乗った山車、子供たちによる獅子舞、数本のキリコ・・・。
今は、キリコが1本と神輿。
いつまで・・・と思ってしまう。

家族葬

Kazokuso1  
午前8時過ぎからスタッフさんと。
午前10時、お葬式。
ご隣寺のご住職・若さんがお参り・お勤め。
私はスタッフさんの手伝い。
午前10時半頃、お勤めが終了し、出棺。
スタッフさんを手伝ってお荘厳払い。
11時半頃、スタッフさんとともに早めの昼食。
食後のコーヒーも。
午後1時頃、遺骨とともにご遺族が・・・。
ご隣寺の若さんも。
午後1時半頃、後輩住職が。
1時間ほどお話しを。
午後3時、すぐ裏手のお宅へ2七日のお参りに。
10名ほどの参列。

還骨・中陰は本堂で

Dsc_0129  
午前中は予定なし。
少し早めに昼食。
午後1時、お葬式。
川向こうのお寺のご門徒。
私はお手伝いをしながら諷経。
終えて、スタッフさんのお荘厳替えを手伝う。
広間は家族葬のお通夜の準備。
本堂は還骨・中陰の準備。
午後4時過ぎ、ご遺体・お棺が・・・。
受け入れる。
広間へご遺体を安置。
川向こうのお寺の若さんが還骨・中陰に。
遺骨とともに遺族の方々が。
本堂で還骨・中陰。
私はスタッフさんの控え室で・・・。
午後6時、広間でお通夜。
ご隣寺のご住職と若さんがお参り。
家族葬なので私はお参りしない。
午後6時半過ぎ、スタッフさんを送り出す。

市役所

Dsc_0128 
若院・長男は、金沢の親戚のお寺へお盆のお参りのお手伝いに。
若坊守は、昨日から金沢へ出張。
朝食後、市役所へ。
相談・交渉に。
まず、寺院規則の変更を・・・と言われる。
その件に関しては県と相談済みで変更の必要はないとの回答をもらい、県からこちらにも伝えておくとのことだったが・・・と。
続いて、責任役員・総代会の議事録。
こちらは準備完了。
あとは・・・。
担当課長?は、4月に転属になったばかりで知識不足なので、資料を読んで提出書類などを連絡するとのこと。
かなり説得・説明・交渉が必要なのでは・・・と構えていたのでちょっと拍子抜け。
ただ、市役所に苦情が来ないようにして欲しいと何度も。
そういうことだな、結局。

本屋へ行って新書を1冊。
読書とうたた寝。
夕方、お通夜の準備をしていると、マネージャーが葬儀の受付をしている。
早速、火葬場の予約。
マネージャーはドライアイスの準備と打ち合わせに・・・。
午後7時からお通夜。
川向こうのお寺のご門徒。
その後頼母子講に遅れて参加。

部落問題

Sazae 
昨日いただいたサザエ。

 
Saba 
女房は友達と金沢へ。
友達のショッピングのお付き合い。
朝食後電話。
お葬式をするのに経費はいくら?との問い合わせ。
電話で困る質問。
お弁当や香典のお返しなどそれぞれの使い方によって大きく金額が変わる。
会場の使用料は、正覚寺はお荘厳など一式を含んだ金額。
セレモニーホールは基本料からいろいろプラスしていく金額。
電話ではそれが分からない。
9時過ぎに電話。
お葬式会場の申し込み。
問い合わせとは別の方。
明日・明後日の日程で。
マネージャーに連絡して対応してもらう。
9時半頃セレモニーホールへ。
10時からのお葬式、諷経。
ご導師を含めて7名の出仕僧。
近頃ではめずらしい。
帰宅して留守番。
漁師のご門徒の方がトロ箱に魚。
ありがたい。
 
Dowa 
留守番をしながら上の本を読む。
これまで部落差別って知識としては知っていたものの、なんとなく遠いところのことで現実感がなかった。
この本を読んで、なんとなく感覚的に部落差別の問題が理解できたような気が・・・。
なんとなくだけど・・・。
おすすめの1冊。

「芸」

Kure  
昨日この本を読み終える。
誤解・間違いと思うところがあり途中で止めようかと思ったのだけど、せっかく買ったのだからと読み終える。
最後まで読んだ感想は、読んでもよかったかな? (^^ )

 
Mitsuhuji_2 
先日の展覧会で譲っていただいた作品。
展覧会が終わって送っていただく。
本堂に飾る。
三藤観映という七尾市のお寺の先輩僧の作品。
日展作家。
「芸」の象形文字とか。
人が苗木を植えている姿。
 
午後1時、月忌。
それ以外は予定なし。
女房はお花のお稽古。
私はリクライニングチェアで読書+音楽+うたた寝。

選挙

Senkyo3Senkyo1 Senkyo2
昨日の選挙、自公の圧勝、改憲勢力が3分の2を超す。
でも、自民党や公明党に投票した人たちは、憲法改正、安保法案、原発、アベノミクス・・・これらに賛成して投票したのだろうか?
そういう意識、自覚はないのではないだろうか?
選挙と政策が結びつかない、困ったものだ。
先に行われたイギリスの国民投票、結果はEU離脱。
しかし、EUとはなんぞや、EU離脱はどういう意味を持つ、そういうことを理解せずに投票した人が多かったとか。
日本も同じように感じる。

今井絵理子氏、米軍基地問題は「これから向き合いたい」 池上彰氏が驚く
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/10/eriko-imai_n_10914758.html

三原じゅん子氏「神武天皇は実在の人物」と認める 池上彰氏が質問
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/10/mihara_n_10914060.html

こんな人たちが国民の代表。
選ばれた人より選ぶ国民が悪いと思う

 
Senkyo4 
参議院選挙で隠れ気味だけど、こんなニュースも。
鹿児島知事選で自公が推す現職ではなく新人が当選。
鹿児島も保守王国。
そこでこんなことが・・・。

納骨

Oono2 
若夫婦は早朝からそれぞれ選挙事務に。
午前10時、郊外の集落のご門徒へ。
納骨のお参り。
まずお仏壇前でお勤め。
お勤め中にお焼香をしていただく。
お勤め後、遺骨を木綿の納骨袋に移していただく。
お墓へ。
お墓は移転新築。
除幕のお勤めと納骨のお勤め。

Oono1 
午後1時半、七尾からご門徒のご兄弟が・・・。
10月にお約束の1周忌について、納骨後のお仏壇、法名、遺影などのお飾りについてご相談、ご質問。
空き時間は読書とうたた寝。
夕方、孫とともに参議院選挙の投票に。
続いてマリンタウンに新しくできた遊具へ。
マーケットで買い物。
百均にも。
帰宅して百均から買ってきたネコよけを設置。

家族葬

Dsc_0120  
午前9時、お葬式。
10名ほどの参列。
9時半過ぎに出棺。
霊柩車、マイクロバスに続いて火葬場へ。
炉前のお勤めを終えて、棺掛七条を片付ける。
川向こうのご門徒宅へ。
1周忌。
お斎のお約束をしていたのだが、還骨・中陰のお参りと重なるのでご辞退。
11時半頃帰宅して、早めの昼食。
いただいているとスタッフさんが。
遺骨が帰ってこられたと。
正午前、早い。
早速着替えて、お勤め。
当初は大阪へ持ち帰るとおっしゃっていた遺骨、しばし本堂でお預かりに。
12時半過ぎに送り出す。
午後1時過ぎに再び喪主の方が。
経費の支払いとお礼に。
明日、喪主の方にとっては姪、喪主の弟さんの娘さんの結婚式が。
喪主は大阪、弟さんは京都。
夜はスタッフさんと慰労会。

理髪店へ2度

Dsc_0119 
午前9時、遺族のご兄弟が・・・。
写真と火葬許可書を。
私は火葬許可書を元に火葬の本予約を。
遺族のご兄弟は一旦帰られる。
私は理髪店へ。
混んでいて断念。
昼食後八日講へ。
川向こうのお寺が宿寺。
10名あまりの参詣。
7月から大谷派は新年度。
新年度の事業としてカルトの学習会をと話し合う。
帰宅して、理髪店に再チャレンジ。
散髪をしてもらう。
帰宅すると午後4時頃。
遺族の方々の姿はまだない。
任せたつもりなのだろうと思う。
自分たちは約束の6時に間に合えばいいと。
スタッフさんと待つ。
5時過ぎ、故人の義弟と言われる方が・・・。
しばらくして遺族の方々が・・・。
6時、お通夜。
6名の参列。
まさしく家族葬。

死亡診断書に間違い

Dsc_0116_2 
女房は金沢へ友達と遊びに。
私は留守番。
昼食を・・・と思ったところに訪問者。
男性2名。
寒い頃に家族葬の相談、下見に来られた方。
その後お母さんが回復されて老人介護施設に入所されたと。
ところが現在、今日・明日という状態だと。
弟さんの方の娘さんの結婚式を11日に控えているが、ネットで調べるとお葬式を先にして結婚式は延期すべきだと言われているが・・・と質問も。
私は、結婚式は早くから準備されて、相手の方の方の都合もあるだろうから予定通りされたらよいと。
そのときの状況に応じてご相談しましょうとお返事。
お二人を送り出して10分あまりで電話。
お母さんが亡くなられたと施設から連絡があったと。
死亡診断書を持って来ていただくことに。
スタッフさんに連絡。
午後1時過ぎスタッフさん、遺族の方がお出でる。
ご相談をして火葬場の予約、書類作成。
スタッフさんは受け入れの準備。
午後3時前市役所・市民課から電話。
死亡届を受け付けているが、死亡診断書の記載に間違いがあると。
死亡診断書の再交付をしてもらうが、火葬場の手続きに支障はないかと・・・。
こちらは大丈夫だと返事。
いろいろあるものだと思う。
午後3時過ぎ、施設からご遺体が搬送される。
搬送してきたJA職員2名とスタッフさん2名と私も手伝って遺体をお棺に。
ご遺族が来られない。
で、携帯電話に。
お出でいただいてお参り。
都会にお出でるご兄弟、都会的な感覚なのだろうと思う。
依頼したら任せておけばいいと。
お参りが終わって、打ち合わせが終わると帰られると。
あっさりしたもの。
で、ご遺体はお預かり。

 
Dsc_0117 
夜は幹事をしている後輩と旅行の打ち合わせ。
私は幹事ではないんだけど、指名・依頼を受けて。

スイレン

Suiren 
今日はお参りの予定はなし。
朝食後資源ゴミを出していると土砂降り。
しばらくすると雨がやんだので再開。
その後、金魚の池の水芭蕉を蓮のために掘った庭の穴へ移植。
蓮はダメだったみたいなので・・・。
池には順調に育ったスイレンが。
今年も花が。
先日まではあまりきれいではなかったのだけど、今朝の花はきれい。
つぼみもあるのでしばらく楽しめそう。
その後、リクライニングチェアで読書。
ところが眠くなる。
うつらうつら。
早めの昼食。
女房は坊守会学習会に。
私は留守番をしながら、読書。
やっぱり眠くてうつらうつら。
夕方、鍼灸院へ。

親戚のお葬式

Dsc_0111  
午前6時過ぎに起床。
朝食を済ませて出かける準備。
7時半頃女房と出かける。
コンビニに寄って、8時過ぎに女房の実家へ。
義母の準備ができるのを待って、8時半頃出かける。
小松の親戚のお寺へ。
前坊守さんのお葬式。
私は招待を受けた参勤僧ではないので、ネクタイに間衣・輪袈裟というスタイル。
11時開式。
正信偈に続いて五淘で三首引き。
選び三首らしい。
三重の和讃が如来大悲
初重は三朝浄土ではなかったはず
報恩講や御遠忌以外では使うべき和讃ではないのかと思っていたのだが、故人に対する感謝の念を表すには最もふさわしい和讃かも・・・と考えながらお参り
12時半過ぎに出棺。
お送りして、まず道の駅へ。
昼食。
そこから帰路に。
金沢近郊のショッピングモールでコーヒータイムと夕食のお弁当などを。
女房の実家へ義母を送り届けて、保育所へ孫のお迎え。
5時頃帰宅。


 
Dsc_0113

Hana 
午前10時、昨日のお葬式の遺族の方がお礼参りと経費の支払いに。
マネージャーが集金、支払い業務に。
マネージャー、ちょっと顔が青白い。
二日酔い?
実は夕べの友達の追悼会、マネージャーと同席だった。
故人のご兄弟お二人と娘さんお二人がお出でる。
今後の相談などを・・・。
お婆さん一人が家に残られるが、娘さんどなたかが介護することになるかもしれないと・・・。
すると家は空き家になる。
過疎が進んでいく。
お昼前、義兄に依頼された文書のプリント。
午後、良ちゃんが。
玄関・式台の雨漏り補修のチェック。
雨漏りはない。
よかった~!
玄関とはいえ、銅板葺、葺き替えなら数百万円?と心配していた。
良ちゃんは、ゴミ捨ても。
まず燃えるゴミを、続いて金属ゴミ。
ありがたい。
女房は、実家へ。
両親の食事を。
義兄夫婦が留守なので。

追悼の集い

Dsc_0110 
午前9時半頃セレモニーホールへ。
お葬式。
川向こうのお寺のご門徒。
私を招待して下さった方も同じお寺のご門徒。
帰宅して11時半頃昼食。
若院は金沢へ。
3回忌のお参りに。
私はスタッフさんとともに、午後1時にお葬式。
今日のお葬式も50人超の参列者。
故人には娘さんが3人、弟さんが2人、それぞれ4~5人の家族がおられればそれだけで20~25名。
その他親戚などの方がお出でれば40~50人になって当然かと思う。
すべて終了すると午後5時前。
若院も金沢から帰宅。
シャワーをして再び衣に。
午後6時、友達の追悼のお勤め。
金沢の本願寺派のお寺のご門徒。
法要は金沢で行われる。
自宅に遺骨。
輪島での友達の追悼の集い。
お斎も。

家族葬

Dsc_0108 
8時過ぎに訪問者。
ご兄弟が亡くなられて、子供さんたちは皆市外在住なので、家族葬とのこと。
参列者は10名程度とのこと。
私は20名を超えるようなら本堂がお勧めですよと。
群馬県から子供さんが駆けつけてこられるので、お通夜は7時~7時半頃に。
お葬式は、明日の午後にと。
早速、パソコンで火葬場の予約。
市役所提出の書類を準備。
スタッフさんに連絡。
正覚寺のすぐ裏のお宅。
午後、スタッフさんとお通夜の準備。
午後6時過ぎ、羽咋付近を走行中だと連絡が入る。
同じ町内の方々がお参りに。
結局50人ほどの参列者。
7時過ぎに長女のご家族が到着。
着替えを待って、7時10分過ぎから。

 
Image_d3c8b27  
女房はお友達のお宅で食事会。
長男らは裏庭で友達とバーベキュー。

Yasuhara1 
小さいジャガイモいりますか?っというメールに
欲しいです、いただきに行きます、と返事。

 
Yasuhara2
Yasuhara3
ご夫婦で畑を。
 
Yasuhara4_2 
ジャガイモ、レタス、ブロッコリーなどをいただく。
 
15年以上前、ご門徒のお寺さんが来られないから・・・とお葬式のお参りを依頼され、お勤めさせていただいたことがあった。
お葬式後、本来近隣のお寺のご門徒になるべきお宅だということが分かる。
故人は山間の集落の出身の方。
本来のお寺の住職さんから、どういういきさつで私が導師を勤めることになったのかと・・・。
友達からも私が他寺のご門徒のお参りをしたと巷の話題になっていると。
故人の出身の集落の方から、元々○○寺の門徒だと・・・。
正覚寺(山吹)が○○寺の門徒を取った、そうレッテルが貼られる。
数か月嫌な思いをした。
この方は厳密には手次(門徒)寺を変えたわけではない。
しかし…。
それが手次(門徒)寺を変えるというのは大変。
事情・理由なく寺を変えるはずがない。
何らかの理由・事情があるから寺を変える。
今また正覚寺(山吹)が門徒を取ったという噂が流れているらしい。
○○家のお葬式を○○寺ではなく○○寺が行った、その結果だけで他人は判断をしレッテルを貼る。
それは仕方のないことだし、お引き受けする際には覚悟をする。
しかし、一般の事業所のようにそれまでお付き合いのなかった方から仕事を依頼されて、はいようこそ、と二つ返事で引き受けるようなことは寺はしない。
出身やそれまでのお寺とのつきあいをお聞きして他寺とのトラブルにならないようにする。
それが檀家制度での寺の常識。
途中経過も事情も分からないから、人は○○寺が門徒を取ったと批判する。
 
住職というと上に置かれて大切にされてなんの苦労もないように思われているのだろうと思う。
しかし、表には出ない様々な事情の中でお勤めをさせていただく。
それが結構なストレスになる。
このブログ、書くことによって自分の気持ちの整理になるし、書くことによってストレスの発散にもなる。
こんなブログ、面白くないから誰も読んではいないだろうと思っていた。
ところが、意外と読まれていることが分かった。
今後、少しは書き込みに配慮をするかもしれないが、それでは私のストレスの解消にはならないので、表現をぼかしたり軟らかくしたり・・・工夫しよう。
これまでも、ずいぶん柔らかくしていたつもりなんだけど・・・。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック