« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

お墓の新設

Dsc_0200 
昨夕から裏の墓地でお墓の設置作業が・・・。
彫刻家なのでお墓も作品。
 
明日の行事に向けて準備。
午後1時、隣の町内まで。
天気がいいので徒歩で。
月忌。
息子さんがお出でる金沢の墓地でお墓をと決められたと。
それはしかたのないことだと思う。
息子さんの代になったら寺とのつきあいはなくなるだろうと・・・。
そういう時代になってしまったんだと感じる。
帰宅後も明日の準備。
午後6時、百箇日。
約10名ほどの参列。
お勤めを終えてお茶をいただきながらおしゃべり。
お葬式が少ないという話題から、家族葬が増えたという話題。
さらにお葬式をされない直送が・・・という話題。
寺も厳しい時代になったという話題に。

ザクロ

Dsc_0197_1 
なぜか毎年1個だけ実をつける、実が残る?ザクロ。

女房は朝から明後日に迫った行事に向けて窓ふき、掃除。
今日はお参りの予定はなし。
午前、マネージャーが・・・。
支払い業務。
そこへご門徒の役員さんが・・・。
明後日の行事の打ち合わせに・・・。
午後、お葬式の際に使用する紙華を作成・交換。
その後、教区からの文書を探す。
見つからない。
まぁ、いいか。
 
Dsc_0198_1

アンケート

Dsc_0197  
午前9時半前に出かける。
セレモニーホールへ。
お葬式。
東の谷の奥の山間のお寺のご門徒。
裳家は、西の町外れの集落の方。
私を含めて3名の諷経。
ご導師、脇導師を含めて5名の僧でお勤め。
 
Dsc_0198  
ご門徒の漁師さんが魚を届けて下さる。
ありがたい。
午後2時、月忌に。
いつも待っていて下さるお祖母さんがお出でない。
楽しみにしているデイサービスとのこと。
以前はお参りより介護施設のデイサービスを選ばれたかと少々不満に思ったものだが、今はそうは思わない。
それはそれでいいと思う。
娘さんがお参り。
終えておしゃべり。
玄関でもおしゃべり。
お婆さんは認知症とのこと。
今日はお婆さんがお出でないのでそのお話し。
娘さんの悩みを少し聞かせていただく。
 
Photo  
能登教務所から教区のお知らせが届く。
アンケートが入っていた。
10月1日が調査期日。
アンケート内容に10月1日時点での数字を答える箇所はない。
3~4日で考えが変わるという質問でもない。
で、時間があったので返答を書き込む。
10月20日までに組長に届けるとあったが、明日、副組長宅に届けることにする。
  
Photo_2

お葬式

Dsc_0200  
午前10時、お葬式。
夕べの同じ私を含めた4人の僧でお勤め。
30~40名の参列者。
お葬式を終え、11時前に僧侶方を送り出す。
少し早めの昼食。
午後1時20分頃出かける。
隣の町内のご門徒宅へ。
17回忌のお勤め。
ご夫婦2人が参列。
2時40分頃帰宅。
お葬式のスタッフさんらはすでに撤収。
着替えて、裏門の戸締まりなど。
居間にいくと同級生の保険屋さんが。
インターネットで保険の登録。
4時過ぎ、書店へ。
文庫を2冊ゲット。

世界史としての日本史

Img002  
午前9時、年忌のお参りに。
徒歩4~5分の距離。
いつもは徒歩で伺うのだがあいにくの雨。
で、車で。
いつもはお祖母さんが待って下さっているのだが、今日はお嫁さんも。
お嫁さんの仕事の時間に合わせて9時だった様子。
ありがたい。
お勤めの前後にお茶をいただきながらおしゃべり。

帰宅して、物干しの電灯を・・・。
夕べから蛍光灯の交換を。
続いて昨日撤去したホテイアオイをゴミ袋に。
で、リクライニングチェア。
午後もリクライニングチェア。
スタッフさんはお通夜の準備に。
上の本を読み終える。
「自尊史観と自虐史観は表裏一体」。
右翼も左翼も勉強不足。
午後4時過ぎ、お棺が搬送されてくる。
搬入を手伝う。
本堂の電話が。
スタッフさんが対応。
自宅の電話番号を教えている。
スタッフさんが私に自宅へ戻るようにと。
お葬式の会場の申し込みと。
居間でパソコンを開いて待つ。
電話がない。
マネージャーも様子を聞きに。
でも電話がない。
???
午後7時、お通夜。
朝ドラ「まれ」のロケ地の方。
お手継ぎのお寺もそちらの地区の集落のお寺。

孫に誘われて

Dsc_0197  
朝食後池のホテイアオイの撤去作業。
終えて、リクライニングチェアで・・・。
11時過ぎ、孫に誘われてラーメン店へ。
帰宅して再びリクライニングチェア。

 
Dsc_0198 
孫に誘われ隣町のパン屋さんへ。
パンを買って帰路ジェラート。
マーケットで買い物をして帰宅。
コーヒータイム。
夕方電話。
お葬式会場の申し込み。
火葬場の仮予約をしながらスタッフさんに連絡。
市役所へ提出する書類の作成。

お墓の大問題

Haka  
午前10時、同じ時間にご法事のお約束が2件。
で、若院と手分け。
若院は13回忌に。
私は役僧さんと3回忌と満中陰、納骨に。
ご自宅で1時間ほどのお勤め。
正信偈・同朋奉讃で閉める。
正覚寺へ移動。
本堂で、納骨前の作業。
遺骨を納骨袋に。
合葬墓に納骨。
午後、女房は庭の草取りに。
私はリクライニングチェアで・・・。
上の本を読み終える。
お墓ばかりではなくお葬式、お布施、相続の問題も。
考えさせられ勉強した。

3週間以上遅れの誕生日プレゼント

Dsc_0193  
今日もお参りの予定はなし。
午後、女房は七尾・教務所へ。
で、早めの昼食。
私は、午後、隣町の病院まで先輩のお見舞いに。
病名など状態が分からなかったので心配しながら伺う。
総合案内で病室を訪ねる。
で、階段を上がって、廊下を進むと、長いすにてんてき点滴台を脇に先輩が。
どうしてここに?と逆に尋ねられる。
先輩が入院しているらしいというので様子を見に・・・と。
誰も知らないはずなんだけど・・・と。
今度は私がどうしたの?と。
先輩は、突発性難聴だろうとの診断がされていると。
私はもっと深刻な生命に直接関わるような病気も想定していたので、突発性難聴と聞き少しほっとする。
しばらく話をして失礼する。
帰宅すると同級生から電話。
訪ねたが留守だったと。
今帰ったと。
すぐに同級生がやってきた。
3週間以上遅れての誕生日プレゼント。
うれしい。
夕方、鍼灸治療に。

彼岸の中日

_20160922_202655 
若者家族と女房は高岡のショッピングモールへ。
私も誘われたが、体調イマイチなので留守番を選択。
門前に車が止まって花を買う人たちが・・・。
そうか!お彼岸だ!
彼岸の中日だけどお参りのお約束はなし。
リクライニングチェアで音楽を流して読書。
長い昼寝も。

非農地通知書による地目変更できない

Photo  
この文書が届いていた。
面倒くさいので放置しようかとも思った。
しかし、畑としては使っていないのだから、指示・要請に従い手続き申請しようと・・・。
ネットで調べてダウンロードした書式で書類を準備。

Dsc_0202 
金沢法務局輪島支部へ。
先客がいて待たされる。
私の順番が来て、土地の状態を質問される。
説明をすると、それでは地目変更できないと・・・。
原野化しているか山林化していなければ地目変更は不可能だと・・・。
ムカ!っとする。
私が自分の都合で地目変更を申請に来たのならともかく、農業委員会の要請に従って来たのに・・・。
農業委員会は農林省の指示に従っているのだと・・・。
自分たちの法務省は無関係だと言わんばかり。
おかしいだろ!
国は私にどうしろと言うんだ?
納得がいかなかったが、らちがあきそうになかったのでとりあえず帰る。

 
続いて市役所へ。
墓地の手続きで許認可申請中の件で・・・。
お互いの行き違いがあったようで、再度整理。
で、帰宅して指示された書類の準備。
再度市役所へ。
別の部署へ承諾書の依頼に。
そこから後輩の会社へ。
書類の準備を依頼。
 
帰宅して、女房と酒屋さんへ。
10月1日に迫った行事の酒の発注。
 
後輩の夫婦が旅行の相談に。
午後、マネージャーが支払い業務に。
そこへご門徒の保険屋さんが火災保険の更新に。
良ちゃんが雨漏りの補修作業に。
 
午後7時月忌に。
母子が参列。
お勤めを終えて息子さんとお茶をいただきながらおしゃべり。

真言宗

Dsc_0197 
午前10時お葬式。
裳家は高洲山という山の麓の真言宗のお寺の檀家さん。
午前9時からご住職・ご導師が一人でお勤め。
午前10時からご導師と脇僧2名の3名の僧がお勤め。
内勤めを終えてろうそくの立て替えなどお荘厳替え。
そこからは私もお参り。
11時前にお葬式終了。

 
Dsc_0200_1
ご導師らにご挨拶をして、着替えて出かける。
10時のお約束だったお参りを11時に。
月忌。
帰宅して昼食。
午後、女房は婦人聞法の会の会議へ。
留守番をしながらパソコンで作業。
お葬式の資料を・・・。
スタッフさんらが静かになったようなので様子を見に行くと、スタッフさん一人が遺族の方々の帰りを待っている。
で、私とベルがお付き合い。
10時からのお葬式だったので通常なら1時半過ぎには帰ってこられるはず。
2時になっても帰ってこられない、2時15分になっても帰ってこられない。
で、スタッフさんに、まっすぐ自宅へ送ってもらったという可能性も・・・と。
経費の領収書を自宅の留守番の方に預けられては・・・と。
で、スタッフさんを送り出す。
今に戻ってすぐに外から車の音が・・・。
窓から見ると遺骨を抱えた遺族の方が。
こんなもの。
パソコンで続きの作業をしてと、3時過ぎに女房が帰宅。
交代で私が買い物、百均に。
金魚のえさとネコよけとカラーボールペン。

Dsc_0200 
午前8時頃ホテルをチェックアウト。
帰路に。
9時半過ぎに帰宅。
準備をして待つ。
11時に電話。
道路が混んでいて未だ穴水だとのこと。
11時半前、遺骨とともにお出でる。
早速、死亡診断書の情報を参考に法名を準備。
納骨は来春。
午後、スタッフさんらはお通夜の準備。
3時、月忌。

  
Shingon  
午後7時、お通夜。
真言宗の檀家さん。
私は裏でスタッフさんの補佐。

チック・コリア

Dsc_0195 
午前10時、ご近所のご門徒へ。
33回忌の年忌のお勤め。
46歳で亡くなられたご主人・お父さん・お祖父さんのお勤め。
家族だけとお聞きしていたのだが、10~20名の参列。

11時過ぎに帰宅すると、ご門徒のご姉弟が。
24日にお約束しているご法事の打ち合わせ。
 
Jazz4_2 Jazz2Jazz3  
午後1時半過ぎに出かける。
金沢へ。
金沢市街は込んでいる。
片町・香林坊へ向かうが渋滞。
田舎者にはつらい。
駅付近のホテルにすべきだったかと考えるが、予約したホテルは会場のすぐ隣。
なんとかホテルへ。
駐車場に車を預けて、チェックインをして部屋へ。
あ!携帯を忘れた!
で、フロントへ行って駐車場のカードを借りて、係員に車を出してもらう。
申し訳ない。
ホテルの周辺を一回り。
東急ハンズの看板を見つけたので行ってみるがまだオープン前のよう。
ラーメンでも食べておこうかと思ったが、そういう気分でもなかったので、コンビニでサンドイッチとコーヒーを。
サンドイッチを食べてシャワーをしてしばし休憩。
午後7時、出かける。
ロビーまで降りて気づく。
傘を忘れた!
傘を取りに再び部屋へ。
すぐ隣のホールへ。
500人規模の小さなホール。
座席はほぼ満席。
期待以上に音がいい。
昔はひどい音のコンサートが多かったけど、近頃は音響がよくなったのかとても音がいい。
約2時間、アンコールも含めて堪能した。
 
Dsc_0198 Dsc_0199 
お一人様で寝酒。
1軒目にのぞいた鳥料理のお店では断られ、2軒目。
ホテルのすぐ裏のお店。
カウンターに先客の女性の2人組。
1人はカウンターにうつぶせに酔いつぶれてしまった様子。
しばらくするとトイレに。
聞こえてくる話しによると、たまたま入った店が元カレの店だったとか。
それで悪酔いしてしまったらしい。
このお店、2階もあるのだが、2階のお客さんがトイレに。
そこから小説かドラマのような騒ぎ。

金沢へ

Dsc_0200 
予定より少し遅れて午前9時頃出発。
途中ののと里山海道は混んでいる。
そうか!連休初日だった!
それでも10時半に金沢の港町のご門徒に到着。
祥月命日のお参り。
ご夫婦が待って下さる。
遠いところを・・・と迎えて下さるが、こちらこそお呼びいただいてありがたいと感謝。
お茶をいただいてお勤め。
終えてお茶をいただきながらしばしおしゃべり。
11時半過ぎに失礼する。
途中のショッピングモールに立ち寄る。
ガソリン補給。
昼食に盛岡冷麺。
書店で新書を1冊。
帰路に。
午後2時半頃帰宅。
ちょうどコーヒータイム。
夕方、鍼灸院へ。

ガンド

Dsc_0196  
今日はお参りの予定はなし。
朝食後、漁師さんの門徒総代さんが。
魚の差し入れ。
ありがたい。
のんびりとリクライニングチェアで・・・と思っていたところへ、保険外務員をしている隣人の友達が・・・。
アンケートの依頼。
アンケートは簡単なものですぐに終わる。
コーヒーで女房とおしゃべり。
私はその横で寺務。
10月1日に予定されている行事の参加者の追加募集。
人を集めるというのは大変です。
それも定員が決められているので多すぎるわけにもいかない。
午後、案内の文書、返信用はがき、往信用封筒の印刷。
発送。
今月初めに許認可申請をした案件の状況を尋ねるため市役所へ行こうかと思ったが、その元気がなくなったのでそれは来週に。
夕方、鍼灸院へ。
なんと残念ながら金沢での鍼灸師会理事会のため早じまい。

恐竜は滅んでいない

Kyoryu  
午前9時半セレモニーホールへ。
お葬式、諷経。
裳家は西の山間の方、ご導師も同じ谷の山間のお寺のご住職。
隣町の山間のお寺のご住職がキン役・助音。
東の山間の集落のお寺のご住職と私が諷経。
故人はお寺の総代さんだったようでご導師が焼香の後感謝の言葉が・・・。

帰宅して、お葬式でいただいたお弁当で昼食。
昼寝。
午後1時半、2時半と月忌。
上の本を読み終える。
面白かった。
6600万年前の恐竜の絶滅は5度目の大量絶滅。
そして今、6度目の大量絶滅が進行中。
人類は自ら絶滅の道を歩んでいくのだろうか?

もしも

Mosi 
寝不足ではないはずなのに朝から眠い、だるい。
体調イマイチ。
お参りの予定がないので、朝からリクライニングチェアで読書。

この本を読み終える。
武田信玄が亡くならずに上洛を果たしていたら・・・。
小早川が寝返らずに石田三成西軍が勝っていたら・・・。
坂本龍馬が生きていたら・・・。
日清戦争に負けていたら・・・。
敗戦後、ロシア・アメリカ・イギリス・中国などに分割統治されていたら・・・。
午後もリクライニングチェア。
長い昼寝をしてしまう。

ベル

Dsc_0193_2 
今日のお参りのお約束は明後日に延期。
で、お参りのお約束はない。
朝食後、ネット。
女房の坊守会事務の手伝い。
11時頃、庭の水鉢にボウフラがわいていたので金魚の池に・・・。
カメの水槽にもボウフラがわいていたので、水の交換を。
そこへ訪問者。
そうだった!京都から立ち寄られるとのことだった。
京都で旅館を営まれる元・正覚寺のご門徒のご親戚。
巻障子という内陣と外陣の境に建てられている戸を寄付された方の子孫。
ようこそでした。
なんとなく体調イマイチ。
風邪気味?
午後はリクライニングチェアで・・・。

神社とお寺

Dsc_0216 
8時半頃ホテルをチェックアウト。
駅のコインロッカーに荷物を預けて、のんびりバスで上賀茂神社へ。

Dsc_0217 
Photo_6  
今日も今日の夏の旅・文化財特別公開。
本殿・権殿見学前に脇の部屋で神主より説明を聞き、お祓いを受ける。
お祓い初体験。
見学のために拒絶するのもと・・・。
本殿・権殿前でも説明を聞き、拝礼。
拝礼も初体験。
一応形だけ。
 
Dsc_0219 
上賀茂神社脇の漬け物やなり田で買い物。
 
2 
バスで下鴨神社へ。
ここではガイドさんから説明を受ける。
上賀茂神社、下鴨神社とも勉強になった。
 
Dsc_0221 
徒歩で賀茂川を渡って・・・。
 
Photo_4 
相国寺。
大学1回生時には近くに住んでいたのだが、初めて。
大きなお寺だが、お堂などは見学できない。
 
4 
美術館を。
美術館があることも若冲展をしていることも知らず偶然。
多くの若冲作品を堪能。
 
Photo_5 
同志社大学で遅い昼食。
女房はパスタ、私はハヤシライス。
コーヒーも。
烏丸今出川から地下鉄で京都駅へ。
チケットを受け取ってそれぞれ分かれる。
女房はデパートへ。
私は書店。
新書を2冊。
待ち合わせの時間までに20分以上あったので、みどりの窓口のベンチで休憩。
3時40分のサンダーバードで金沢へ。
金沢駅西口時計台駐車場から車で帰路。

善巧能

Photo 
午前6時15分前に起床。
6時半頃出かける。
8時過ぎ金沢駅着。
チケットを受け取って朝食。
9時3分のサンダーバード。
11時過ぎ京都着。
駅に隣接したホテルへ荷物を預けて、早めの昼食・ラーメン。
地下鉄で烏丸丸太町へ。
「京の夏の旅・文化財特別公開」。
まずは平安女学院・有栖館ー有栖川宮旧邸。

R0001985_5 
次の見学地へ移動。
烏丸通りから堀川通りへ。
府庁前を通って堀川へ出ると、目の前に長男・次男が2年間住んでいたマンションが。
何度も通った懐かしいマンション。
このマンションの前のバス停から。

Photo_2 
藤田家住宅。
旧西陣織営み栄えていたお宅。

Photo_3 
バスと地下鉄を乗り継いで次の目的地へ。
並河家住宅ー並河靖之七宝記念館。
すばらしい七宝焼きの作品も鑑賞。

R0001987_2 
地下鉄を乗り継いで本山へ。
本山の施設内のカフェで一服。
その後両堂(親鸞聖人の御影を安置した御影堂、阿弥陀如来・本尊を安置した阿弥陀堂)を参拝。
残念ながらお荘厳中なのか障子が閉められていた。
それでも多くの参拝者。

Dsc_0209 
日頃入ることのできない門から入り直す。

Dsc_0211 
受付を済ませ、座席を決めて、広間でお茶の接待を受ける。

Dsc_0212
Dsc_0213

Noh1 Noh2 
今回の旅行の主目的。
本山での能鑑賞。
残念ながら不勉強で詳しい内容は分からなかったが、退屈せずに1時間半ほどの薪能を楽しんだ。
機会があれば再び・・・。
蓮如上人以来、東西の浄土真宗では布教に能が活用されていたことを知る。
本山・宗派としてもとてもよい催しだったと感じる。

猫の糞

Dsc_0193  
女房は朝から美術館。
美術館の25周年でお茶の振る舞いに。

朝、金魚やメダカにエサをやり、裏の駐車場を一回り。
すると、しばらくぶりにフン。
猫だと思われる。
猫をかわいがる、そのことを否定しない。
しかし、飼うでもなく、無責任にエサだけを与える。
猫はエサをもらいにやってきてなつくとかわいいと思う。
だが、その人の知らないところで猫のフンを始末しなければならない者がいる。
その苦痛を想像して欲しい。
朝食後、百均から猫の忌避剤とネコよけの器具の電池を。
ついでに書店によって文庫本を1冊。
若者一家は金沢へ買い物に。
今日もベルと私。
 
Daimyoh 
この本を読み終える。
貧乏な五千石の小藩。
清和源氏、名門足利将軍家の末裔というプライド。
天皇の臣下であっても徳川の家来ではないと幕府の依頼を断る。
江戸時代の280年間、大きな騒動も一揆もなく藩が存続
それは領民第一の治世。

それに引き替え、現在の日本。
あれやこれやで東電全面バックアップというよりおんぶにだっこ状態。
悪代官そのものじゃないかと思ってしまう。
どこに向かって誰のための政治をしているんだろうと思う
 
夜は頼母子講。

組会など会合

Dsc_0205_3 
お参りの予定はなし。
11時過ぎ早めの昼食。
11時半過ぎ女房は出かける。
坊守学習会。
私はリクライニングチェア。
読書のはずが昼寝。
体調イマイチ。
3時過ぎ出かける。
組会(真宗大谷派の末端組織の会議)。
6時に中座。
一旦帰宅して、6時半前に出かける。
山吹会・正覚寺役員会。
ご門徒の居酒屋。
9時頃解散。
居酒屋の前に後輩らが。
拉致される。
別の会合の2次会。 (^^;)

11時頃帰宅。

大雨警報で雨漏り

Ame1

 
スマホの防災速報。
強い雨から激しい雨、さらに非常に激しい雨。
そして、大雨警報発令。
何度も広間などを巡回。
雨漏りなどは大丈夫?
 
Ame2 
何度目かの巡回で雨漏り発見。
北西からの風雨なので雨漏りをしているらしい。
数十年雨漏りに悩まされている箇所。
再び。
バケツを当てて対処。
午後1時過ぎ西のご隣寺へ。
八日講。
激しい雨の中数名の参詣。
常連の方々は誰もお出でない。
前坊守さんが電話をしてご門徒を誘われたとのこと。
えらいなぁ!
女房は第2回門信徒交流会のお料理の打ち合わせ。

部落史入門

Buraku 
女房は七尾の教務所へ坊守会の会議。
連日私とベルという日々。
午前9時頃散髪屋さんへ。
店頭に張り紙。
午後1時からの営業と。
残念、出直すことに。
で、午前中はリクライニングシートで留守番をしながら読書+うたた寝。
上の本を読み終える。
「部落史入門」というタイトルから私がイメージした内容と少し違った。
部落史に関する文献の検証が主で、塩見鮮一郎のイメージする部落の起源、歴史が理解できなかった。
人種や食文化の差異が差別の原因だと考えていないことは理解できた。
勉強にはなった。

午後1時、散髪屋さんへ。
先客がおらず、私が。
マネージャーにLINE。
散髪屋さんに来てる、2時過ぎには帰ると。
散髪を終えて2時前に帰宅。
すでにマネージャーが。
支払い業務。
マネージャーを送り出してしばらくすると同級生の保険外交員が・・・。
書類に不備があり訂正に。
夕方、鍼灸院へ。

お茶とお菓子

Cha 
午前11時、昨日のお葬式の最首の方が・・・。
お礼と支払い、今後の相談。
中陰は取りやめ。
満中陰・納骨の日程をお約束。

11時半前、早めの昼食。
いただいたお弁当を。
午後1時、お葬式。
控え室でお茶をいただく。
スタッフさんが右にお茶、左にお菓子。
なんとなく左にお茶を移動する。
ふと自信がなくなる。
で、スマホで確認。
すると、右にお茶、左にお菓子と。
お葬式は20~30名の参列。
ご導師の住職さんご夫妻と私がお勤め。
2時前に出棺。
ご導師ご夫婦を送り出してちょっと休息・昼寝。
3時半頃義兄が。
午前中から会議があったとのこと。
4時半頃、遺骨とともに遺族の方が。
遺族の方々を送り出して、スタッフさんを送り出す。
本日の業務完了。

家族葬~お通夜

Dsc_0203  
10時の予定で家族葬。
スタッフルームで控えていると、10分前に喪主の方が。
揃いましたと・・・。
お葬式を早く終えても霊柩車の準備ができなければ・・・。
でも、お荘厳をして始めることに。
参列者は故人のご兄弟のご夫婦2組4名。
10時半前に終える。
出棺の霊柩車、マイクロバスに続いて火葬場へ。
11時過ぎに帰宅。
スタッフさんと昼食。
しばし休息。
午後1時頃、そろそろかと待機していると、住職と声がかかる。
遺族の方々が遺骨とともに。
喪主の車に続いてご自宅へ。
還骨・中陰。
2時頃帰宅。
加除式書籍の差し替え作業。
次からは差し替え作業は業者にお任せしようと考える。
4時、お棺を受け入れ。
7時、お通夜。
西の山間の集落のお寺のご住職ご夫婦が。
奥さんお手製のところてんをいただく。
ありがたい。
終えて、スタッフさんを送り出すと午後8時。

叔父さんの3回忌

Dsc_0201_1 
午前8時過ぎに出かける。
ガソリンを補給して、まずは親戚のお寺へ。
住職さんご夫妻をお迎え。
続いて女房の実家へ。
義父母を迎えに。
で、約1時間のドライブ。
かほく市の女房の実家のお寺の支坊へ。
女房の叔父さんの3回忌の法要。
熱い中汗をかきかきお勤め。
終えて、近くの料亭でお斎をいただいて帰路に。
行きとは逆、女房の実家、親戚のお寺にそれぞれお送りして4時頃帰宅。
スタッフさんらはお通夜の準備をして待機。
引き続き、明日・明後日の日程でお葬式とのこと。
東の山間の集落のお寺のご門徒。

Dsc_0202 
スタッフさんと控え室で待機していると、午後6時の予定の10分前に故人のお兄さんの喪主の方が全員揃いましたと・・・。
お通夜のお勤め。
7~8名の参列。
正信偈、三首引(同音を入れると四首引)のお勤めに続いてお文、帰敬式。

93 
夕べ遅くに電話。
ご門徒の65歳の方が亡くなられたと。
金沢近郊の病院で。
まずは、遺体の搬送をどうしたらいいかと。
病院で紹介してもらうのがベストだと・・・。
次はお葬式の日程の相談。
4日はかほく市の親戚のお寺のご法事があるので5日にしていただけないかと。
で、5日に。
早速、火葬場の仮予約。

朝食後、許認可申請中の予定地の図面を。
GoogleMAPを元に画像処理。
予定地を切り抜こうとするがうまくいかない。
こんな作業しなくてもいいのに・・・。
で、9時半頃断念。
郵便局へ行き葉書を。
女房と百均へ買い物。
10時過ぎ、女房と長男、孫は七尾方面へお出かけ。
私は第2回門信徒交流会のご案内の発送作業。
封筒を印刷すると、あれれ?買ってきた封筒は長4、ダメだこりゃ。
再び百均へ。
長3封筒を。
正午頃マネージャーから電話。
遺体が自宅に帰られたと。
午後1時頃に枕勤めの約束。
カップ麺で昼食。
火葬場の仮予約などの書類を準備。
午後1時前にご門徒宅へ。
故人のお兄さん夫婦のお宅。
枕勤め。
終えてお話しを始めているとマネージャーも。
帰宅して門信徒交流会のご案内の発送作業再開。
郵便局から発送。
しばしリクライニングチェアで休息。
明日のお通夜の準備。
法名の選定。
遺骨箱などの準備。
その後、時間があったので、ソフトを調べてダウンロード。
申請中の予定地の図面を。
切り抜き・貼り付け、うまくいく。
な~んだ。
5時半、仮通夜に。
 
Dsc_0199_1Dsc_0200 
今日いただいた栗、炊き込みご飯に。
おいしい。
夕食後、孫に誘われて、一家でご門徒の温泉旅館へ入浴に。

野菜トマトらーめん

Dsc_0198 
午前9時後輩が。
最後の同意書などの準備、打ち合わせ。
書類を準備して11時に市役所へと約束。
後輩から受け取った書類を添削。
11時、後輩の車で市役所へ。
担当者は、一昨日私が依頼したとおり石川県へ問い合わせをしてくれた様子。
石川県の担当者は以前と同じ回答をしてくれたよう。
宗教法人としての活動範囲内ということで許可手続きを進めてくれるとのこと。
ほっと安心する。
宗教法人にとって宗教活動と認められるか収益事業だとされるかの違いは大きい。
単に寺院規則を変更すればいいというレベルのことではない。
細かい書類の訂正など指導を受けて帰宅。
昼食は8番ラーメンへ。
コマーシャルしていた野菜トマトらーめん。
おいしい。
帰宅して、しばし休息。
10月1日に予定されている第2回門信徒交流会のご案内を作成。
3時頃、後輩が市役所から指導により訂正された書類を。
で、それを添えて申請書を提出に市役所へ。
担当者の職員は席を外しているようで、同じ課の職員に依頼。
無事許可をいただけることを願うのみ。
4時半過ぎ鍼灸院へ。

同意書

Photo  
今日もお参りのお約束はなし。
午前中から女房の坊守会の事務作業。
研修会の領収書約200名分の作成。
昼食後、作業を終えてホームセンターへ買い物。
ついでにマネージャーの店によって用事を。
帰宅すると同級生の保険屋さん。
個人年金の契約。
午後6時頃、高台の区長さん宅へ。
説明をさせていただくつもりで伺うと、すでに同意書に署名・捺印。
ありがたい。
私が全責任を負うのでご迷惑は掛けませんと・・・。
いろいろ条件を出されたりして苦労するのでは・・・と言われていたので拍子抜け。
手続きが完了したら、改めてお礼に伺うつもり。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック