« 孫に誘われて | トップページ | お葬式 »

世界史としての日本史

Img002  
午前9時、年忌のお参りに。
徒歩4~5分の距離。
いつもは徒歩で伺うのだがあいにくの雨。
で、車で。
いつもはお祖母さんが待って下さっているのだが、今日はお嫁さんも。
お嫁さんの仕事の時間に合わせて9時だった様子。
ありがたい。
お勤めの前後にお茶をいただきながらおしゃべり。

帰宅して、物干しの電灯を・・・。
夕べから蛍光灯の交換を。
続いて昨日撤去したホテイアオイをゴミ袋に。
で、リクライニングチェア。
午後もリクライニングチェア。
スタッフさんはお通夜の準備に。
上の本を読み終える。
「自尊史観と自虐史観は表裏一体」。
右翼も左翼も勉強不足。
午後4時過ぎ、お棺が搬送されてくる。
搬入を手伝う。
本堂の電話が。
スタッフさんが対応。
自宅の電話番号を教えている。
スタッフさんが私に自宅へ戻るようにと。
お葬式の会場の申し込みと。
居間でパソコンを開いて待つ。
電話がない。
マネージャーも様子を聞きに。
でも電話がない。
???
午後7時、お通夜。
朝ドラ「まれ」のロケ地の方。
お手継ぎのお寺もそちらの地区の集落のお寺。

« 孫に誘われて | トップページ | お葬式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 孫に誘われて | トップページ | お葬式 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック