« 彼岸の中日 | トップページ | お墓の大問題 »

3週間以上遅れの誕生日プレゼント

Dsc_0193  
今日もお参りの予定はなし。
午後、女房は七尾・教務所へ。
で、早めの昼食。
私は、午後、隣町の病院まで先輩のお見舞いに。
病名など状態が分からなかったので心配しながら伺う。
総合案内で病室を訪ねる。
で、階段を上がって、廊下を進むと、長いすにてんてき点滴台を脇に先輩が。
どうしてここに?と逆に尋ねられる。
先輩が入院しているらしいというので様子を見に・・・と。
誰も知らないはずなんだけど・・・と。
今度は私がどうしたの?と。
先輩は、突発性難聴だろうとの診断がされていると。
私はもっと深刻な生命に直接関わるような病気も想定していたので、突発性難聴と聞き少しほっとする。
しばらく話をして失礼する。
帰宅すると同級生から電話。
訪ねたが留守だったと。
今帰ったと。
すぐに同級生がやってきた。
3週間以上遅れての誕生日プレゼント。
うれしい。
夕方、鍼灸治療に。

« 彼岸の中日 | トップページ | お墓の大問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼岸の中日 | トップページ | お墓の大問題 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック