« 山咲 | トップページ | 御遠忌 »

御遠忌お逮夜

本堂でのお参りの準備。
午前11時のお約束。
10時頃、そろそろ白衣に着替えて・・・と思っていたところへお出でる。
早!
早速着替えてお荘厳などの準備をして、10時半頃からお勤め。
伽陀・表白・お経・経後短念仏、正信偈・同朋奉讃、御文。
お勤めを終えて広間へ移動。
11時半頃からお斎。
午後1時前までお付き合い。
 
Dsc_0220_2  
午後1時頃女房と出かける。
能登半島の先端に近い親戚のお寺へ。
御遠忌法要のお逮夜。
2時前に到着。
2時半のお始まりの予定。
準備が整ったので2時半前からお勤め。
お経が配られて開くと、あれ?ご導師の発声のお経と違う。
めくっても裏返しても・・・。
準備されていたお経が間違っている。
合図を送ってお経を交換していただく。
3時半前、お勤め終了。
着替えて再び本堂へ。
まず、ご法話。
話術が巧み。
仏教用語を使われないわかりやすい内容で好感が持てる。
でも、わざわざ東京から来ていただくほどの・・・、というのが私の率直な感想。
 
Dsc_0222_13   
続いて人形劇。
山伏弁円というお話し。
女房が見たいというので、っということは私は期待していなかったということ。
しかし、なかなか素晴らしい。
お母さんの名を呼ぶことは、南無阿弥陀仏と称えることと同じ。
可能ならば正覚寺でも・・・、そう思った。
 
Dsc_0223

« 山咲 | トップページ | 御遠忌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山咲 | トップページ | 御遠忌 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック