« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

3七日

Dsc_0256 
日中はお参りのお約束はなし。
友達のところへ書類を受け取りに。
それを持って、お世話をされている方にお届け。
タイヤの準備ができたという連絡があったので、ソリオを冬用のタイヤに交換。
女房の父親が病院へ定期的な診察に。
昼食によると言うので待つ。
1時頃電話が。
遅くなるから先に食事をと。
お先にいただく。
2時半前に女房の両親と兄が。
随分と遅い。
気の毒。
午後7時、中陰・3七日。
お勤め後、お酒をいただく。

Mitsuji

休みにいろいろと

Dsc_0252 
今日はお参りの予定はなし。
午前8時半頃、フロントガラス交換の修理に行っていたソリオが帰ってくる。
9時過ぎ、昨日連絡してあったタイヤ屋さんが・・・。
14インチのタイヤを準備したが、このソリオは15インチとのこと。
タイヤを準備し直すので交換は明日に。

Dsc_0254 
10時半頃、依頼してあった加除式書籍の入れ替え交換作業に。
今春までは自分で交換を行っていたのだが、なかなかの労力なのと間違えるのでサービスを依頼。
助かる。
女房は、銀行や法務局へ。
後輩がやってくる。
書類の記入漏れがあったと。
早速記入。
報恩講のろうそく代を届けて下さる方、ケーキを届けて下さる方、天気がいいせいか訪問者が次々と。
私が入院しているという噂が流れていると友達が・・・。
??? (;´Д`)
午後1時過ぎ、再び後輩が。
女房が法務局で出してもらった書類を渡す。
夕方、鍼灸院へ。
背中にこりを感じるので・・・。

袖ヶ浜

Dsc_0261 
午前中はオフ。
ウダウダしていたら、11時頃後輩が・・・。
資料の最終チェックをと。
女房も交えてしばし打ち合わせ。

12時半頃、川向こうのお寺へ。
報恩講満座。
合唱団のミニコンサートが終わるのを待って出仕。
ご住職が首座で登高座、私は御代前の3座目。
音が高くて声を合わせられないが、如来大悲の恩徳讃。
報恩講。
終えて、お座敷で余韻を。
午後3時にお約束の月忌に。
いつもは2時のお約束のお宅。
これにて予定終了。

7回忌、3回忌、1周忌

Dsc_0257 
午前10時、7回忌とお取越・報恩講のお参りに。
かつては街外れの郊外のお宅であったのだが、市街地のお宅のように。
ご家族4名が参列。
お経に続いて正信偈。
ご家族も唱和。
帰りに野菜を持たせて下さる。
ありがたい。

 
Dsc_0258 
午後1時半過ぎ出かける。
漁師町のご門徒宅へ。
3回忌とお取越・報恩講のお参り。
親族10名あまりが参列。
午後3時前、続いて隣のもう一つの漁師町へ。
1周忌のお参り。
本来は浄土宗のお寺の檀家なのだが、独居老人が亡くなり、一人娘さんが正覚寺のご門徒に嫁がれておいでるので・・・。
4時頃帰宅。
これにて本日の予定終了。

今日も山間の集落へ

Dsc_0252_1 
午前10時、お葬式。
諷経。
ご導師とお手伝いの下寺さん、同じ珠洲のお寺の住職さん、そして私の4名が出仕。

午後12時半前に出かける。
昨日に続いて川向こうのお寺へ。
午後1時からの日中では首座でお調声を。
2時前からのお逮夜では御代前の二座目で巡讃。
3時前に帰宅。
 
Dsc_0255 
3時15分頃出かける。
隣町の山間の集落へ。
従兄弟の代理で中陰・2七日。
お寺のすぐ隣のお宅。
4名の参列。
お仏壇前の勤行中にお焼香をしていただく。
引き続いての中陰壇勤行は、正信偈・同朋奉讃。
勤行本をお渡しすると唱和してくださる。
 
Dsc_0256

山間のご門徒

Yoromi2 
午前9時半頃出かける。
南の山間の集落へ。
かつては4軒ご門徒のあった集落。
その中の1軒は創価学会になり、私が住職になったときには3軒。
写真の1軒はひとり暮らしのお婆さんが亡くなり、遺族は金沢、音信不通。
1軒は絶えてしまう。
で、残りは1軒。

Yoromi1 
報恩講・お取越。
居間は高齢者となったご夫婦が。
息子さんらは金沢近郊で生活。
ご主人は78歳になられたと。
正信偈・同朋奉讃のお勤め。
お勤めの前後にお茶やコーヒーをいただきながらおしゃべり。
この集落、かつては約40軒あったとのこと。
それが今は15軒あまり。
その多くが独居老人。
私がお邪魔している時に玄関で声をかける人が。
振り売りの魚屋さんとのこと。
魚屋さんだけがやってくると・・・。
他のものは・・・。
買い物難民化しつつあるのでは・・・と。
 
Yoromi3 
これはご門徒のお向かいのお宅。
このお宅だけが若い人たちが同居されているとか。
お餅や野菜をたくさんいただいて帰る。
ありがたい。
 
帰宅して早めに昼食。
12時半前に出かける。
川向こうのお寺に。
報恩講初日。
1時からお日中。
若院さんが登高座。
終えて、ご法話。
その間は休憩。
お逮夜。
正信偈に続いて六首引き。
3時頃帰宅。
着替えて理髪店へ。
先客が。
待つことに。
散髪をしてもらって5時前に帰宅。
スタッフさんと合流。
午後7時からお通夜。
ご導師は能登半島先端の珠洲市のお寺のご住職。
役僧さん?下寺さん?も。

お葬式にお参りに

Dsc_0274 
午前7時30分頃出かける。
森本インターから北陸道。
小松へ。
順調に9時半頃到着。
近くの駐車場に・・・と思っていたら、お向かいのお寺の境内に。
ありがたい。 

Dsc_0273 
礼服に間衣・畳袈裟で参列させていただく。
新聞では午前10時から葬儀ということだったが、9時45分から出棺勤行。
ご導師を首座に、僧侶が内陣に出仕。
一旦退出して、外陣へ出仕して10時から葬場勤行。
五劫思惟のお調声後、招待僧がお焼香、続いて喪主、親戚僧侶、寺族、親戚、門徒総代、ご門徒、一般と続く。
私たちもご門徒に続いて一般の中でお焼香。
寒い。
持参したダウンジャケットを羽織る。
葬場勤行を終えて出仕僧は退出。
弔電の披露は割愛。
肩入れ式。
葬場へお棺を運ぶまねごと。
霊柩車の出発を見送って帰路。
 
Dsc_0276 
金沢近郊のショッピングモールでガソリン補給と昼食。
寒かったので温かいうどんがおいしい。
晴れていたのに輪島に近づくと雨。
午後2時頃帰宅。
昨日のお葬式・諷経の願主がお礼に。
一度訪問したが留守だったと・・・。
叔父さんのお葬式に・・・とお詫び。
3時頃、後輩が。
資料を元に打ち合わせ。
 
Dsc_0277 
午後7時、月忌。
帰宅して、入浴して、一杯。

予約通知書

Kawamoto_2 
午前7時頃電話。
お葬式会場の申し込み。
隣の市のお寺のご門徒。
お寺の都合で、25/26日の日程でお葬式。
火葬場の予約をしてスタッフさんに連絡。

午前10時前に出かける。
途中で書類を受け取ってご門徒宅へ。
月忌。
終えて、続いてセレモニーホールへ。
諷経。
午後、パソコンの作業。
女房とスタッフさん宅へ届け物。
夕方もパソコンで作業。
午後7時、中陰・2七日。

白龍園と三井家別邸

Dsc_0263 
7時のオープンを待って朝食。
7時半過ぎにホテルを出る。

Dsc_0264
四条通を東へ。
鴨川を渡って京阪電車四条駅へ。
7時51分の特急で出町柳へ。

 
Dsc_0265_2 
Dsc_0266 
ホームを上がると、叡電前にはすでに長い列が。
ぐるりと回って最後尾へ。
聞くと、私らあたりでちょうど100人だと・・・。
8時に並べば大丈夫というネット情報だったんだが・・・。
しかたがないので1時間並んでみることに。
 
Dsc_0267_7 
8時過ぎ、96番目、97番目でチケット、ゲット。
危ない、危ない。
 
R0002003 
鞍馬行きの電車に。
途中、もみじのトンネルを。
二ノ瀬駅で下車。
白龍園へ。
 
R0002009  
R0002015 
R0002019 
R0002023 
R0002024 
京都でも北の山間なので紅葉はすでに散っていたが、雨上がりで苔がきれい。
 
R0002031
R0002033
R0002034
R0002035
R0002038
R0002042  
ゆっくり園内を見学。
 
R0002047 
再び叡電で出町柳へ。
高野川を渡って、下鴨神社の鳥居前へ。
 
R0002048 
R0002049 
R0002050 
R0002058
ここは大勢の人。
でも、60分は待たずに見学。
ラッキー!
 
Dsc_0270 
河原町今出川の蕎麦屋へ。
限定の二八そばを。
京都のそばにしてはおいしい。
 
Honzan 
同志社大学前の今出川から五條まで地下鉄。
珠数屋へ支払いと数珠の修理を依頼。
本山が報恩講中だからだろう、混んでいるとのこと。
急がないので・・・と。
続いて本山へ参拝。
京都駅で買い物をして午後3時40分のサンダーバードで帰路に。
8時前に帰宅。

京都へ

Ryukoku  
午前9時半頃出かける。
セレモニーホールへ。
10時からのお葬式。
諷経。
ご隣寺のご門徒。
ご隣寺の若院とお手伝いの役僧さん、先輩住職と私の4名の僧が出仕。
11時頃帰宅して、着替えて出かける。
金沢駅西口時計駐車場。
みどりの窓口でチケットを受け取って、立ち食いうどんで昼食。
ホームのコンビニでコーヒーを買って、午後2時前のサンダーバードで京都へ。

 
Ryukoku2 
4時過ぎに京都着。
駅から西本願寺前の龍谷ミュージアムへ。
目当ては国宝鏡の御影。
ゆっくり見学。
写真では見慣れた御影だけど、実物は写真とは違った。
デッサンといった感じに見えた。
ビデオ上映室で輪島の友人に出会ってびっくり!
 
Dsc_0253 
西本願寺前のバスを・・・と思ったが、乗り継がなければならないようなのでタクシーに。
四条河原町付近で降車。
ホテルへ。
ホテル界隈は京都らしい風情のある小路。
 
Dsc_0256  
ホテルにあったグルメマップから1店を選んで、先斗町へ。
 
Dsc_0257
Dsc_0259 
Dsc_0260 
Dsc_0261 
京都先斗町にしてはリーズナブル。
料理もお酒もおいしくいただく。

孫の靴

Dsc_0252 
午前9時半前、役僧さんが迎えに。
セレモニーホールへ。
私は諷経。
役僧さんは、キン役としてお手伝い。
10時40分頃お葬式終了。
着替えて役僧さんと失礼する。
郊外の集落のご門徒宅へ。
11時のお約束で満中陰。
40名あまりの参列。
お仏壇前で伽陀・表白・阿弥陀経・短念仏・和讃・回向。
中陰壇前で正信偈・同朋奉讃。
役僧さんが御文。
終えてそば屋さんへ移動。
お斎。
これ以上予定がなかったのでビールをいただく。

結婚式

Mune4  
10時半集合、出発。
金沢へ。
ご隣家の結婚式。

Mune3 
午後1時頃、式場到着。
ロビーでお弁当をいただく。
式は3時半からなので、約2時間半待機。
女性らの着付けのため。

 
Mune2 
3時半から結婚式。
式場のチャペルでキリスト教式。
お嫁さんスタイルいい、きれい。
モデル?ってかんじ。
 
Mune5 
Mune6 
4時半頃から披露宴。
7時頃終了?
女性らの着替えを待って、8時頃出発。
10時半頃帰宅。
12時間の結婚式でした。

東へ西へ120Kmあまり

Dsc_0229 
午前9時の密葬は若院とスタッフさんにお任せ。
私は8時半頃出かける。
夕べのお通夜に続いて、隣町のお寺のお葬式に。
9時40分集会、式次第のご案内。
10時開式。
出棺勤行後一旦退出。
10時半頃再び参列。
10時40分頃から葬場勤行。
順調。
しかし、その後状況が一変する。
弔辞を終えるまでに30分近く。
お焼香もなかなか進まない。
正信偈が終了しても法中(僧侶)の焼香が終わらない。
念仏が続く。
結局お葬式が終了したのは11時50分頃。
挨拶を受けて着替える。
帰りたいと係の方に伝えるが、渡したいものがあるから待って欲しいと・・・。
12時過ぎまで待つが、お渡しいただけそうにない。
しかたがないので失礼することに。

Dsc_0230



Dsc_0231 
12時10分頃出発。
秋晴れの中、1時間ほどのドライブ。
午後1時10分頃、女房の実家のお寺に到着。
到着してすぐに女房の兄から説明を聞いて着替える。
1時20分頃出仕。
主座に出仕させていただく。
式間念仏と添勤めのお調声をさせていただく。
女房の兄は御代前(蓮如前)の主座に出仕して登高座を。
若院、私からすると甥が祖師前2座目、義父は余間出仕。
下寺さんを含めて5名が出仕してお勤め。

Dsc_0232



Dsc_0233 
女房の実家のある集落の奥に巨大な産廃施設が計画され、市は許可を出そうとしている。
それはたまらないと住民投票を求めた運動が行われている。
従順でおとなしいはずの人たちが立ち上がる。
なんとか住民投票に持ち込みたいものだと思う。
午後5時、密葬の喪主の方が経費の支払いに

マネージャーが集金。

お参り~病院~お参り

Dsc_0226 
午前9時頃、今夜のお通夜の喪主と私とスタッフさんで打ち合わせ。
10時、祥月兼お取越・報恩講。
大きく立派なお仏壇のお宅。
お経に続いて正信偈・同朋奉讃。
ご夫婦二人が大きな声で唱和。
帰宅すると約束通りの11時30分に保険屋さんが。

 
Dsc_0227_2 
午後2時半前、病院へ。
定期的な診察とインフルエンザの予防接種。
採血・採尿検査。
決して節制しているとは思われないので、γGTPやHbA1cなどの値に覚悟をしていた。
ところがどちらも問題なし。 \(◎o◎)/!
5時、お通夜。
喪主夫婦とご近所の方が参列。
終えて、出かける。
輪島市から隣町へ入ったところのお寺へ。
従兄弟の代理でお通夜にお参り。

密葬に

Dsc_0220 
今日は資源ゴミの日。
女房が分別したものを運び出す。
寒いので本堂に暖房を。
午後1時、本堂で祥月命日のお勤め。
母娘が参列。
お経の途中ですすり泣きの声が聞こえる。
つらい思いの中で生活されているのだろうと思う。
お勤め後、愚痴の一つも・・・と思ったが、帰って行かれた。
居間にこたつが。
横になると昼寝。

Dsc_0221 
3時頃電話。
ご門徒のお祖父さんが亡くなられたと・・・。
密葬をしたいと。
明日にでも火葬を・・・と言われる。
24時間経たないと火葬はできない、と伝えると、死亡時間を確認すると・・・。
しばらくすると再び電話。
死亡時間は3時とのこと。
火葬場の最終火葬時間は3時。
無理だと判断し、明日お通夜、明後日お葬式に。
空き家になっていたので自宅には戻ることができないと。
で、病院から直接正覚寺へご遺体が。
早速、火葬場の予約、スタッフさんへの連絡。
スタッフさんより早くご遺体が。
とりあえず、広間の床の間前に。
慌ただしく準備。
疲れた。

 
Dsc_0224
夜は頼母子講。
帰宅して、法名の準備。

冬の空

Dsc_0223_1  
若院は親戚のお寺のご門徒のお葬式のお手伝いに。
私は午前10時に裏の墓地で墓前勤行。
激しい雨の合間に。
米の精米に。
午後、女房は美術館へ。
私は留守番。
夕方、鍼灸院へ。

頼母子講

Dsc_0221  
午前中、遠方の門信徒の方へ報恩講のお供えのお下がり、カレンダーなど、祠堂・永代経の記念品などの発送作業。
続いて、近くの門信徒のお宅8軒ほど。
ついでに自動車修理工場へ。
実は、昨日里山海道で石と思われるものがフロントガラスに当たって・・・。
修理をしてもらうことに。
ラーメン屋で昼食を済ませて帰宅。
午後1時過ぎ、昨日のお葬式の喪主ご夫婦がお礼参りに。
報恩講の花瓶を片付ける。
マネージャーが支払い業務。
夜は頼母子講。
隣の居酒屋。

ケンタッキー

Photo 
午前10時、お葬式。
故人の長女のお宅の住職さん、喪主のご実家のお寺さん(代理の方)、私と若院、4名の僧が出仕。
11時頃出棺。
昼食代わりにカボチャの煮物をいただいて、11時40分頃出かける。
金沢の西隣の白山市のご門徒宅へ。
7回忌のお勤めに。
1時半過ぎ着。
ご遺族6名が参列。
伽陀、表白、観無量寿経、短念仏止
報恩講も・・・というご依頼だったので、持参した勤行本で正信偈・同朋奉讃を唱和。
御文を拝読して終了。
お茶をいただきながら30分ほどお話しをさせていただいて、3時15分頃失礼する。
金沢近郊のショッピングモールに寄る。
約束のものを求めて。
ケンタッキー。
6時前に帰宅。

墓地看板

11122_2  
11123
 
10時半頃出かける。
まず酒屋さんへ。
今夜は役員さん(門徒会会員さん)宅のお通夜なので、役員会・山吹会のお供えを注文に。
続いて東の郊外の集落へ。
時間があったので墓地へ立ち寄る。
許可を得た墓地に看板が立っているのではないかと。
あった。
そこで、お墓参りに来られたご門徒の方に出会う。
郊外のご門徒宅へ。
お祖父さん、お祖母さんの17回忌。
7名が参列。
12時過ぎに帰宅。
 
11121  
午後1時頃、スタッフさんらが。
私も本堂でのお参りの準備。
2時から納骨のお約束。
その準備。
1時半前、お出でる。
で、お勤め。
本堂でのお勤め後、本堂裏の墓地へ。
納骨。
4時頃、お棺を受け入れ。
スタッフさんとともにお荘厳。
7時、お通夜。
若院と出仕、お勤め。
役僧さんはご隣寺のお手伝いのため。

いろいろと

Dsc_0250 
午前10時、お葬式。
ご隣寺のご門徒。
ご隣寺の若院ご兄弟、川向こうの先輩住職、郊外の真言宗のお寺のご住職、私の5名の僧が出仕。
お葬式を終えて着替えているとスタッフさんに呼ばれる。
ご門徒の方がおいでていると・・・。
玄関にご門徒のお婆さん。
報恩講のろうそく代を・・・。
僧侶方を送り出して本堂でスタフさんと。
玄関のチャイム。
出るとご門徒の方。
報恩講のろうそく代。
再び本堂へ。
スタッフさんに呼ばれる。
玄関に訪問者と。
出ると、報恩講のろうそく代をと。
本堂に還骨のお荘厳をする。

カップ麺で昼食。
そこへ電話。
正覚寺の役員さん。
お母さんが亡くなられたと。
午後1時、月忌に。
お母さんが亡くなられたご門徒の方が正覚寺でお葬式をと。
帰宅して、マネージャーに連絡してもらう。
搬送車の手配などを・・・。
搬送は、4時過ぎ。
枕勤めは5時頃。
それまでにできる寺務を。
枕勤め。
 
Kaki 
牡蠣貝をいただく。
今シーズンの初物。
夕食後、お葬式の法名などの準備。

祠堂・永代経

1110 
午前9時前、本堂の確認に。
すると、寒い。
???
昨日、暖房のタイマーがかかっていることは確認したはず。
???
すると、ボイラーのスイッチが切られている。
(´;ω;`)ウウ・・・
昨日は7時前に確認したのに、今朝は大丈夫だろうと確認しなかった。
大失敗。
深く反省。
1時間あればなんとか・・・とスイッチを入れる。
 
11101  
午前10時半から祠堂・永代経。
今年は少なくて20名あまりの参列。
役僧さんが不在なので、先輩後輩の住職方にお手伝いしていただく。
3名が出仕。
11時半過ぎに終えてお斎(昼食)を召し上がっていただく。
私とお手伝いのご門徒の方はお荘厳払い。
12時半頃から慰労会。
 
Dsc_0247  
午後2時頃からスタッフさんから指示された書類の作成、プリント。
3時過ぎ、後輩の会社へ。
打ち合わせ。
4時頃、スタッフさんとともに搬送されてきたお棺を受け入れ。
4時過ぎ、後輩が迎えに来たので共に出かける。
町内会長さんや区長さん宅に挨拶。
7時、お通夜。
ご隣寺のご門徒。
ご隣寺のご住職は入院中とのことで、若院がご兄弟で。
私を含めて3名が出仕。

報恩講満座

Dsc_0241 
昨日に続いて5名のご住職、私と若院と役僧さん、総勢8名の僧。
午前10時から報恩講満座。
私が首座。
登高座、式・嘆徳文、正信偈、念佛讃淘五ツ、和讃 三朝浄土 次第三首、回向 願似此功徳。
約1時間。
続いて法話。
約1時間。

Dsc_0243 
お斎・昼食。
昨日と同じメニューだけどおいしい。

 
Dsc_0244 
午後は明日の祠堂・永代経の準備。
供華というお道具の箱、嘉永元年というのは1848年。
160年以上前。
 
Dsc_0245 
夜までかかって準備。

報恩講

11081 
午前6時半頃電話。
マネージャーから。
10日お通夜、11日お葬式の日程で依頼があったと・・・。
8時過ぎから女性スタッフさんが・・・。
9時半前男性スタッフさんが・・・。
5名の住職さん方がおいでる。
10時から報恩講初日。
私と役僧さんが加わって7名の僧が出仕。
午前中のお参りだが、事情があってお逮夜のお勤め。
正信偈真四句目下、念佛和讃淘五、和讃五十六億七千万 次第六首、五遍返、回向 願似此功徳。
お勤め後、御俗姓。
ご法話をお願いしていたご住職、隣町で10時からお葬式。
11時頃ということだったので、まぁいいかと思っていたが、おいでたのは11時20分頃。
失敗した、前座を準備すべきだった。
反省。
35~40名ほどの参詣者。
近年の正覚寺としては上出来だと思う。

11083 
正午頃からお斎・昼食。

何を食べてもおいしい、すべておいしい。
女性スタッフさんに感謝。
 
11084 
午後1時、再び僧侶方が。
私を含めて7名の住職、役僧さんを加えて8名の僧。
八日講。
午後1時半からお勤め。
10名ほどの参詣者。
3時頃終えて、明日の準備。

今日も1周忌、報恩講

Dsc_0234  
午前9時頃から女性スタッフが。
明日からのお斎(昼食)の下ごしらえ。
午前10時町外れの集落へ。
今日がご命日の方の1周忌。
親族10数名が参列。
11時前に帰宅。
着替えて本堂へ。
仏旗を出す。
 
Dsc_0235  
昼食を挟んで、掲示を。
恩徳讃と三帰依文。
参詣席の横になる。
それがイマイチ面白くない。
参詣者の正面、頭上に掲示したい。
来年に向けて改良したい。
 
Dsc_0236   
午後1時前に出かける。
西の山間の集落のお寺へ。
報恩講の満座。
御代前の首座に出仕させていただく。
二首目のお調声を。
3時前に帰宅。
お預かりした祠堂・永代経の掲示を。

金沢まで1周忌

11061   
午前8時40分頃出かける。
金沢へ。
山側環状を通って金沢工業大学・金沢赤十字病院近くのご門徒宅へ。
10時20分頃到着。
予定より早い到着。
しばし休ませていただく。
11時頃からお勤め。
11時半過ぎに終了。
12時頃移動してお斎(会食)。
私はノンアルコール。
午後2時頃、デザートをいただいて失礼する。
帰路はカーナビに従って8号線経由。
8号線が混んでいる。
失敗かも。
遠回りでも山側環状経由が速かったかも。
4時前に帰宅。
コーヒーを飲んで一服。
4時半前から本堂へ。
 
11062  
本堂のお荘厳。
ほぼ出来上がる。

お葬式~1周忌~お荘厳

Dsc_0229  
午前10時、お葬式。
輪島から1時間あまりの宝達志水町のご導師と役僧さん、川向こうのお寺のご住職と私の4名が出仕。
出棺後スタッフさんがお葬式のお荘厳を払う。
私は還骨のお荘厳を準備。
昼食後遺骨の帰りを待つ。
スタッフさんが、セレモニーの方ですか?と訪ねられたと・・・。
正覚寺をセレモニーホールだと思ったのか?
外部の葬儀社が入っていると思ったのか?
午後1時20分頃電話。
火葬場を出たと。
1時35分頃遺骨が。
本堂の前卓に安置。
あとはスタッフさんにお願いして、私はご門徒宅へ。
1周忌のお勤め。
故人の奥さんと息子さん夫婦、娘さん夫婦、4人のお孫さんらが参列。
帰宅してコーヒータイム。
夕方、報恩講の準備。
本堂のお荘厳をできるところまで。

年忌やお通夜

1104      
午前10時、33回忌と23回忌の年忌のお参り。
信号機のある交差点のお宅。
駐車場がないので近くの六和精舎というお寺の境内に。
お勤め前、お勤め後、お茶をいただきながらおしゃべり。
11時半過ぎ帰宅。
午後、資料を準備し後輩の会社へ。
後輩は旅行中なのが分かっていたけど・・・、時間がないので。
社員さんと打ち合わせ。
帰宅してスタッフさんと合流。
お通夜の準備。
午後7時、お通夜。
ご導師は、輪島から1時間あまり金沢方面へ、宝達志水町のお寺のご住職。
正信偈の前に阿弥陀経。
金沢方面の習慣。

協力依頼

Hohonkoh1_2  
午前9時、高台のご門徒宅へ。
祥月命日のお勤め。
ご夫婦が参列。
お勤めを終えてお茶をいただきながらいろいろお話し。
帰宅すると、女房や若夫婦一家はお出かけの準備完了といった様子。
私が留守番。
ある運動の書類を作成して近くのお宅へ届ける。
その後、ほう報恩講の準備。
野菜提供依頼のはがき作成、プリント。
 
Hohonkoh2  
昼食を挟んで午後も。
郵便局からはがきを買ってくる。
お手伝い依頼のはがき作成・プリント。
役員さんへの協力依頼のはがき作成、プリント。
案内が届いたので、ご門徒の方々がお出でる。
ろうそく代、本山相続講金をお届けに。
ありがたい。

許可

Bochi2 
午前9時頃、念押しの書類を書類を持って市役所へ。
少々じれてきたので催促に。
私の顔を見た担当職員が、今日届きますよと。
え!
郵送ですか?
役所は郵送なんです。
交渉する気で出かけてきたので気が抜ける。
許可後の提出書類を書いて行かれますか?と書類を出される。
え?私ひとりで決められないから・・・と説明を受けて、後輩の会社へ。
後輩は不在。
担当の社員さんと相談。
帰宅して、昼食後女房とも相談。
そこへ後輩が。
後輩とも相談。

Bochi1  
書類を作成して市役所へ。
担当者に提出すると、あ!管理者は・・・。
私も、申請書の写しを確認。
あ!間違っている。
ここで書き直していって下さい、と新たな書類を出される。
で、手書きで書き直す。
掲示の作成の説明も聞いて、後輩の会社へ。
後輩に説明し、今後の日程の打ち合わせ。

 
夕方、鍼灸院へ。
夜は2歳上の先輩と6歳上の先輩が経営する焼き肉屋へ。

報恩講に向けて

_20161101_172329 
朝食後から報恩講のろうそく代(志)のお返しの準備。
大作業と覚悟を決めて始めたが、女房と二人で午前中で完了。
眠くて、昼食前にしばし昼寝。
 
Dsc_0226  
午後、百均で買い物。
で、買ってきた額に9/10月のカレンダーの絵を・・・。
女房は銀行などへ。
留守番をしながらネットで調べ物。
3時頃女房が帰宅。
建具屋の後輩も。
コーヒータイム。
夕方もネットや寺門興隆という寺院向けの雑誌など。
昼寝も。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック