« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

大晦日

12311 
時折日が差して、風もなくて暖かい。
ありがたい。

 
12312 
香炉のヤニを台所の油汚れ落としで・・・。
 
12313 
12314 
12315 
手抜きながら、午前中、本堂のお荘厳。
 
12316 
除夜の鐘の準備。
残蝋(ろうそくの残り)をかがり火で焚く。
 
12319 
123110 
長男と3男が除夜の鐘。

プリンター目づまり

Px7050Pxs70501
プリンターのノズルの目づまりが解消しない。
マニュアルに従い何度もクリーニングをしているのだが・・・。
ネットで調べて、

 
EPSON用プリンタヘッドクリーニング液 顔料 染料 両対応 PP-HC-E01
 
これを試してみることに。
修理を依頼すると、出張費と基本技術料だけで2万数千円。
部品代とかをプラスすると・・・新品交換の方がお得かも・・・。
 
午後1時からお葬式。
川向こうのお寺のご住職がご導師。
若院さんが脇導師・三匝鈴役。
私は諷経。
午後5時過ぎ、還骨・中陰終了。
6時過ぎ、親族の方が決算と支払い。
スタッフさんも解散。
 
夜は若夫婦の友達らと会食。

一覧表

Nenkaiki1
Nenkaiki2今日はまず来年の年忌一覧表のプリント。

Dsc_0361 
ベルはトリミングに。
午後、長男と孫は女房の実家へ。
私は買い物に。
数日前から行かなきゃと思いながら伸ばし伸ばしに・・・。
まず電機店。
残念ながら、プリンターのインクも換気扇のフィルターもなし。
続いて百均。
額や台、ファイル、のど飴などを・・・。
3軒目はホームセンター。
口の洗浄剤と歯間ブラシを。

Photo Photo_3  
パンフレットをプリント。

Dsc_0358 
午後7時、お通夜。
川向こうのお寺のご門徒。
喪家も川向こうの方。

家族葬

Dsc_0350 
雪の舞う寒い日。

 
Dsc_0349 
午前10時、広間でお葬式、家族葬。
約10名の参列。
 
Dsc_0352 
後輩・友達の建具屋さんが窓枠の工事に。
 
Dsc_0351Kimuchi_2Dsc_03512 
責任役員さんが。
自家製キムチを。
大変凝り性の方で詳細な説明も・・・。
よい辛みでおいしく戴きました。
 
Nenki 
来年の年忌のご案内を・・・。
 
Dsc_0354 
女房の実家から、20数年前から続く贈り物。
七面鳥。

おつまみ

15741004_3 
夕べは少し飲み過ぎ。
午前中はウダウダと・・・。
午後1時頃からスタッフさんがお通夜の会場設営。
2時、お取越・報恩講。
3時頃帰宅。
法名などお通夜の準備。
コミックを返しに来て戴く。
コミックに写真のおまけが・・・。
6時、お通夜。
広間での家族葬。
約10名?参列。

議会報告?

122601
122602  
今朝の新聞折り込み。
輪島市民のひとりとして恥ずかしく思った。
こんなのどこが議会報告?
産廃業者のPRでしかない。
市議会議員さんたち、わざわざチラシで産廃業者の手先ですと宣伝したようなもの。
情けない。
輪島市民は、こういう人たちに投票して市議会議員にしているんだと自覚し、責任を感じて欲しいと思った。

20161226  
お正月の準備を・・・。
年始のお引きの準備。
封筒をプリント。
家庭用のプリンタで試みるがプリントできない。
ビジネスジェットで・・・。
続いて年賀状のプリント。
家庭用プリンタで・・・。
今度は遅い。
やっぱりビジネスジェットで・・・。
 
夜は正覚寺役員会・山吹会。
近所のお寿司屋さん。

クリスマス

1225212251  
今日はお参りのお約束はなし。
ありがたい。
今朝は寒い。
で、家族で昼食はうどん屋さん。
新メニューの味噌煮込みうどんを。
おいし~!
今シーズンは、このうどん屋さんでは、カレーうどんと味噌煮込みうどんを交互に・・・と思う。

 
12253 
女房から、掲示板に11月初旬の報恩講の案内がそのままだと指摘を。
で、作成して、交換。
どれだけの方の目にとまるだろう?と効果に疑問を感じるが・・・。
 
12254 
有馬記念。
1番人気サトノダイアモンドが優勝。
第4コーナーを回ったところではキタサンブラックの優勝かと思ったが、ゴール直前でさして優勝。
キタサンブラックという馬に対してはどうとも思っていないが、私は演歌が嫌い、北島三郎も嫌い。
キタサンブラックが優勝して、北島三郎が喜び、“まつり”を歌う姿を見たくなかった。
 
12255 12256  
夕食は、クリスマスモード。
ノンアルコールのシャンパンでチビちゃんたちと乾杯。

鍼灸院

Hari  
午前10時、漁師町へ。
お取越・報恩講。
話題は、境港の漁船転覆事故、糸魚川の大規模火災。
技術やシステム、構造が進化した今も事故や災害が起こるんだと・・・。
女房は、病院へお見舞いや美容院へ。
私は帰宅して、昨夕の本堂でのご法事のお荘厳を払う。
その後、留守番。
午後2時半前、女房帰宅。
コーヒータイム。
夕方、4時頃鍼灸院へ。

満中陰

Mitsuji 
午前10時、月忌。
女房は本堂で立華。
今夕は本堂で法事。
午後、遺骨が・・・。
午後4時前、本堂の玄関などの電気を点けに行くと、母娘らしき方が。
予定の時間に1時間以上あるが、交通の都合か・・・。
5時、約60名の参列で満中陰。
終えて、近くのホテルへ移動してお斎。

糸魚川、大規模火災

Itoigawa4 
午前9時過ぎホームセンターへ。
プリンターのインクやコピー用紙などを・・・。
10時、昨日のお葬式の喪主の方がお礼参りに。
11時、漁師町のご門徒へ。
お取越・報恩講と分骨の納骨、のつもりで・・・。
お宅に伺うと、礼服を着たご兄弟が・・・。
お仏壇の脇にはご兄弟のお供えのアレンジフラワーが・・・。
様子が違う。
お仏壇に掛けられた法名軸の命日から数える。
今日が7回忌の命日。
ご法事とは聞いてない。
法衣の準備はないがお勤めはご法事のお勤めに。
終えて、同じ町内のお寺の境内の墓地へ。
雨が降り始めていたが、皆で傘を差して・・・。
ご自宅へ戻ってお茶をいただいて・・・。
一緒に昼食を・・・と誘われたが、ご辞退。
昼食後、休んでいると電話。
26日に納骨のお約束の方。
お婆さんが、お爺さんの遺骨に向かって、寒くて冷たい雨が降る気候なのに納骨されることになってかわいそうだと話しかけていると。
来年の6月頃まで納骨を延期したいとおっしゃっておられると・・・。
私は、荒れる気候のこの時期の納骨はおすすめしないと。
来春まで納骨を延期される方が多いこと。
お婆さんの気持ちを尊重してあげることが大切では亡いかと・・・。
結果、納骨は延期。
その電話をしながらスケジュール帳をチェックしていて気づく。
午後2時にお取越・報恩講のお約束が・・・。
危ない、危ない。
うっかり伺わないところだった。
で、すぐに着替えて出かける。
午後6時半、中陰・3七日。
新宅さんなので、ご本尊は仮掛け。
本山・教務所からご本尊と脇掛けが届いたのでお届けに。
仮掛けのご本尊を下ろして、新たにご本尊と脇掛けを。
お勤め。
引き続き、中陰・3七日のお勤め。

新築工事

Dsc_0347_2 
先日から裏手で新築工事が。
どんな方が引っ越してこられるのか?
若夫婦と女房は保育所へ。
孫の発表会。
私は、午前11時、お葬式。
午後2時、お取越・報恩講。
高齢者のひとり住まい。
娘さん、息子さん、お孫さんの話題。
それとご自分の病気・糖尿病のことなど。
帰宅すると、遺骨とご遺族が。
本堂で還骨・中陰。
午後7時、月忌。
いつものように母息子が待って下さる。
お勤めを終えて、お茶とお茶菓子でおしゃべり。
互いの観劇やコンサートについて。

這ってでも

Dsc_0343 
午前10時、漁師町へ。
お取越・報恩講。
1軒目は親息子3名が参列。
お勤めの前後にお茶をいただきながらおしゃべり。
産廃は出来てしまうんですかね?っと問いかけられる。
私は、必要数の倍以上の8000名超の署名数。
住民投票は行われるだろうと。
次は有権者の半数の投票を確保することが重要。
住民投票が成立すれば、過半数が反対だと思うので、産廃は出来なくなると思うと・・・。
2軒目は、高齢者のご夫婦が参列。
お爺さんは、足の具合が悪く、立ち座りが不自由。
毎年12月21日のお婆さんのご命日にお参りさせていただいていたのだが、明日はお爺さんのデイサービス、介護施設での入浴サービスを受ける日とのこと。
お勤めを終えて、お焼香。
お爺さんは這ってお仏壇の前へ。
這ってでもお参りしたいという気持ちが伝わってくる。
手を合わせるお姿に、心のそこからのお念仏を感じる。

 
午後7時、お通夜。

お取越

12191  
午前10時、郊外のお宅へ。
祥月兼お取越・報恩講。
独居老人のお宅。
湯沸かしポットとインスタントコーヒーなどのセットが準備されてる。
セルフサービスで・・・。
それをいただきながら25分ほどおしゃべり。
それからお勤め。
まず祥月のお経、阿弥陀経。
続いてお取越・報恩講。
正信偈、三淘三首引・三朝浄土の大師等。
正信偈以下は唱和される。
お勤め後、再びコーヒーをいただきながらおしゃべり。
お布施などをいただいて帰る準備をするが、おしゃべりが止まらない。
ひとり暮らしなので・・・、そういう気持ちがよく分かる。
午後1時過ぎ、後輩の会社へ。
捺印を頼まれていた書類を届けに・・・。
3時、月忌。
6時、仮通夜。
7時、仲間の僧侶方と会食。

12192


12193

融雪装置

12181 
写真は夕べ設置した融雪装置。
朝6時半、電話で起こされる。
ご門徒の方。
娘さんの嫁ぎ先のお舅さんが亡くなられ、正覚寺でお葬式がしたいと。
金沢の病院から直接正覚寺へと。
お引き受けすることに。
しばらくすると喪主になられる方から電話。
パソコンで火葬場の予約状況を確認すると、19日は予約一杯。
20日は友引のせいでしょう、10時に1件だけ。
21日は10時が予約で埋まっている。
11時に1件の空き。
「20日は友引だから・・・」私が余計な一言を・・・。
で、21日の11時からのお葬式を選択される。
失敗、失敗。
スタッフさんに連絡して受け入れの準備をしてもらう。
午前9時半、漁師町へ。
お取越・報恩講。
終えて帰宅して、本山へご本尊や脇掛け、院号の下付申請をメールで。
火葬場の本予約。
午後1時、枕勤め。
マネージャーのチェックにより書類の修正。
午後4時、仮通夜。
当初は午後6時のお約束だったが、今夜は一旦帰宅したいとのことだったので・・・。
夕方は、修正したお葬式の打合せ書の印刷。

ベル

Dsc_0322 
女房は朝から美術館のお茶会に。
若院はお取越・報恩講に。
私は留守番をしながら友達に頼まれた書類の作成を。
昼食を挟んで夕方まで・・・。
夕方、ホームセンターへ。
ホースを。
昨日買ってきた融雪用具にあったホースがなかったので・・・。
夜は、墓苑の案内書作成。
パソコンに向き合って文書作成の1日だった。

ドンキとアウトレット

Dsc_0321 
朝、外を見ると雪。
8時頃朝食を。
その食堂で20年ぶり?という人に出会い驚く。
9時過ぎにホテルをチェックアウト。
金沢のドンキホーテへ。
旧・ヤマダ電機の店舗で開業した店舗。
かつてのドンキホーテにイメージと違う。
駐車場も広いし、店舗内も気持ちよく買い物ができる。
11時過ぎ、小矢部へ向かう。
アウトレット。
昼食を済ませてショッピング。
帰路、高岡と氷見の道の駅で夕食の惣菜を。
輪島で新しくできたホームセンターへ。
融雪のためのホースを購入。
ついでにポイントカードも作ってもらう。
6時前、帰宅。
すでに若夫婦家族も帰宅している。
孫が玄関まで出迎えてくれる。

挽歌

Banka  
朝食後、所用に一回り。
帰宅後パソコンで作業をしていると、そこへ来客ラッシュ。
次から次へと対応。
午後1時半、月忌に。
終えて、2時過ぎに出かける。
小松へ。
4時半頃ホテルにチェックイン。
大浴場で入浴。
6時過ぎに出かける。
こまつ芸術劇場うららへ。
挽歌を観劇に。
6時40分開演。
登場人物は6名。
5名は大熊町から会津への避難者。
原発立地町民であり、そこからの避難者。
悩み苦しむ心の物語。
福島を忘れてはいけない。
原発事故は継続中だと考えさせられる演劇だった。
終えて、ホテル横の居酒屋へ。
遅い夕食。

この世界の片隅に

Sekai1
午前9時半頃出かける。
富山へ。
12時頃到着。
映画のチケットを買って、昼食。
コーヒーを買ってスクリーンへ。
小さいスクリーンだが、大勢の観客。
水曜日なのに驚き。
北陸3県では各県1館の上映だからか。

Sekai2 
原作本は数年前に読んでいた。
今日は映画。
わざわざ富山まで観に来た甲斐があった。
観てよかった。
戦争はしてはならない、改めてそう感じた。
集団的自衛権だとか、駆けつけ警護だとか、自分が銃を持つわけではないくせに勇ましいことを決めていく政治家たちに見せたい映画だと思った。

 
夜は頼母子講。

鴨ヶ浦

Dsc_0318 
午前中はオフ。
女房は朝から教務所へ、坊守会役員会。
集金や宅配便、本山の相続講懇志(本山経常費・年末金)を届けに来られる方、冷蔵庫の検診・・・。
私は昨日作成した文書の修正作業。
午後2時、お取越・報恩講に。

Dsc_0319 
帰宅後も文書の修正作業。
夕方、漁師町のお取越・報恩講の案内葉書をプリント、投函。
夜は頼母子講。
産廃の住民投票で盛り上がる。

パソコンの作業

Dsc_0317  
午前中はオフ。
朝からパソコンで書類作成。
お葬式の打ち合わせ所を作り直し作業。
午前中で1ページ。
10ページ作り終えるのに何日かかるんだろうと思う。
午後1時、街外れの集落のご門徒宅へ。
月忌。
ご夫婦が参列。
公務員の旦那さんの昼休みを利用しての月忌のお参り。
40過ぎのご夫婦。
若いのに感心。
帰宅して再びパソコンの作業。
夕食後も。
一応10ページ完成。

山芋、おしき海苔入りうどん

Dsc_0316 
一昨日の夜から風邪気味。
昨日の3件のお参りもちょっと不安だった。
先輩のお寺の報恩講、夜の忘年会はドタキャンも・・・と思ったが、なんとか。
午前11時、1周忌。
故人の娘さん夫婦が2組、お孫さん4名、合計8名が参列。
無事お勤めを終える。
今日はこれにてお勤め完了。
午後は、パソコンで書類作成、ちょっといたずらも・・・。
夜はスタッフさんの忘年会。
町内のお寿司屋さん。

一本松墓苑

3 
今朝の新聞折り込み。
墓地開設のチラシ。
後輩がやってくる。
早速問い合わせや予約があるらしい。

 
Dsc_0311_2 
午前10時、漁師町へ。
階段の小路のお宅。
この小路、朝ドラ・まれで使われた。
1話だけだったと思うが・・・。
お取越・報恩講のお参り。
90歳になるお婆さんが待っていて下さる。
足腰が痛いので椅子に腰掛けて参列。
仏間へストーブを・・・と思ったが、重たくて持てなかったと。
私は、そういう危ないことをしてはいけないよと・・・。
前の階段などでけがをしないようにとも・・・。
 
午後1時頃、郊外の先輩のお寺へ。
途中まで行って引き返す。
めがねをしていない。
報恩講。
先輩を含めて8名の僧が出仕。
小さい本堂ながら大勢の参拝者。
 
Dsc_0313 
夕方、隣町の山間の集落へ。
これは従兄弟のお寺の本堂。
 
Dsc_0314 
これは庫裏。
このすぐ斜め後ろのお宅へお参り。
中陰・4七日。
2七日、3七日に続いてお参りさせていただく。
 
Dsc_0315 
分かりにくいが雪が降っている。
今夜は積もるかも・・・とのこと。
 
夜は、町内の会の忘年会。
焼き肉屋さん。

カレーうどん

Kari  
夕べから3男が帰って来ている。
今日はお参りの予定はなし。
雷が鳴る荒れた天候。
寒いのでうどん屋さんへ。
カレーうどん。
お腹の中から暖まる。

Dsc_0308
夕方、孫を保育所へお迎え。
続いて、鍼灸院へ。

岩手リンゴ

12081_2 
午前10時、お葬式。
川向こうのお寺のご住職がご導師。
三匝鈴(さそうれい)を打つキン役のお手伝いの僧と私の3名が出仕。
一般参列席に真宗大谷派のご住職が・・・。
喪主の奥さんはロータリークラブの事務員さんなのでそのお付き合いだろうと想像。
ご導師のご住職がお花を少しとおっしゃるので、終了後スタッフさんに1束作ってもらう。
それをお届けに・・・。

昼食後、後輩ご住職が・・・。
写真のリンゴが届く。
facebookでお友達になった方の贈り物のお裾分け。
岩手リンゴ。
自家製とのこと。
ありがたい!
午後1時過ぎ、川向こうのお寺へ。
八日講。
宿寺のご住職と若院さんを含めて7名の出仕。
参詣は4~5名。
お勤めの前後に控え室でお茶、コーヒーをいただきながらおしゃべり、情報交換。
2時半過ぎに帰宅して、着替えて、南へ10分ほどの山間の集落のお寺へ。
プリンターを買い換えたが印刷ができないと・・・。
行ってみるとプリンターは複合機。
使用しているWindowsに合っていないドライバーなどがインストールされている様子。
プリンターを接続してドライバーをインストール。
無事終了。
お礼にビールなどをいただく。
ありがたい!
女房は風邪をひいたようで診療所へ。
私が夕食の惣菜を・・・。

高祖母の実家

Dsc_0303 
9時過ぎに女房と出かける。
町外れのお寺へ。
私の高祖母(ひいひいおばあさん)の実家のお寺。
ずいぶん古い親戚になってしまったので、普通ならお付き合いの途絶えてしまっているところだと思うが、車で5分という近さから未だに親戚の端くれとしてご招待いただく。
先々代のご住職さんの五十回忌、七回忌のご法事。
五十回忌の先々代さんとは私の祖父がお付き合いをさせていただいていたはず。
祖父にとってはお世話していただいた祖母の実家のお寺だから・・・。
私は、七回忌の先代住職さんにお世話になった。
特に、震災で被災してからは、陰に日向に・・・。
本堂が建て直された時には病院を一時退院されたお体でお参りに・・・。
今日はそんなことを思い出しながらお参りさせていただいた。

Dsc_0304 
会場をホテルに移動してお斎もいただく。
午後、お約束があったので、ノンアルコールで・・・。

Dsc_0305 
午後2時半頃帰宅。
スタッフさんはお通夜の準備。
3時頃、昨日のお葬式の喪主がお礼参りに。
4時、ご遺体が搬送されてくる。
お通夜のお宅は川向こうのお寺のご門徒。
お通夜のお参りは若院が。
私は中陰・4七日。
今夜も少々の見過ぎ。

アラレ

12061 
バラバラという大きな音で目が覚める。
外はまだ暗い。
時計を見ると4時過ぎ。
大粒のアラレが降っている様子。
雷も鳴り始める。
光も。
冬の到来。

 
1206212063 

今朝の新聞折り込み

産業廃棄物処分場。
産業のない超過疎地にどうして産業廃棄物の処分場?
問題のない安全な施設なら廃棄物の出る産業のあるところに作るのが合理的でしょ? 違う?
過疎高齢化でますます人口が減って、ますます廃棄物が少なくなる過疎地に大きな処分場は必要ないでしょ。

原発は、国策として専門のお役所まで作って、推進管理してきた。
絶対安全とまで言われた。
ところが福島原発事故。

それを忘れてはいけない。

安全で問題のない施設なら、誘致合戦で取り合い、奪い合いのはずでしょ?

30人の雇用のために産廃?
もっとまともな企業の誘致を考えよう。

 『「是々非々」の立場で』って書かれているんだけど、是々非々って言葉の意味分かっているのかなぁ?
このチラシからは、是ばかりで非は1つも見当たらないんだけど・・・。

 
12064 
午前10時、お葬式。
西のご隣寺のご住職も参勤。
午後2時頃から還骨・中陰。

ご門徒のお宅の近所の建物。
元・ご門徒の旅館で会った建物。
リフォーム(?)されている様子。
玄関の屋根がキンキラキン。
宗教団体の施設という噂も。
まっとうな団体であることを願う。

 
12067 
疲れがたまっているようなので、夕方鍼灸院へ。
ところが、先生は診療所へ行くとのことで治療終了。
残念!
ストレスも感じるので飲みに行きたいところだが、明晩はご門徒宅のお参りで飲むだろうと、今夜は自重。

不参のお詫びのはずが・・・

Dsc_02962 
Dsc_02963 
市街地から海岸縁を西へ20~30分の集落のお寺へ。
今日から4日間報恩講を勤められるのだが参勤できないのでお詫びに。

Dsc_02964 
ところがお返しをいただく。
お参りできないのでご辞退・・・と思ったのだが、お断りすると持ってこられるだろうと・・・。
で、申し訳ないと思いつついただくことに・・・。

Dsc_02965 
市街地では融雪装置の点検作業が。
当寺の境内の雪対策もしなくては・・・。

 
午後1時30分、祥月命日のお参りに。
父子のお宅。
寝たきりのお父さんを次男の方が介護しておられる。
ご長男は東南アジア勤務。
インターネットでのテレビ電話でお参り。
お勤めを終えてお茶をいただきながら介護の生活ぶりを伺う。
テレビ電話でお兄さんも。
お父さんが寝ておられる部屋へもお邪魔して・・・。
 
引き続き2時半頃、漁師町のご門徒へ。
お取越・報恩講。
ご夫婦が参列。
ご夫婦とも体調の不安を訴えられる。
 
Dsc_02961 
帰宅すると、スタッフさんが。
横の道路に面した外壁が痛んでいることに気づいているかと・・・。
女房と確認に行くと、車がぶつけたと思われる痛みが・・・。
早速大工さんに連絡。
 
Dsc_0296 
スタッフさんとお通夜の準備。
午後7時、お通夜。
正覚寺の役員をしていただいている方のお母さんのお通夜。
本堂からあふれる参列者。
廊下に立っていただく方も・・・。

枕勤め~ご法事2軒~仮通夜

Tateno1 
午前7時半頃枕勤めに。
夕べ電話をいただいたのだが、今朝にしていただく。
午前10時半、満中陰。
20名あまりの参列。
お仏壇前で阿弥陀経、中陰壇前で正信偈。
正信偈・同朋奉讃は参列者も唱和。
続いて納骨。
墓前へは役僧さんが・・・。
お斎もお付き合い。
料亭で。
午後も予定があるのでノンアルコール。
料理は完食。
締めの御飯はお持ち帰り。

 
Tateno2 
午後1半過ぎ帰宅。
1時間ほど休憩。
午後3時、1周忌。
お孫さん数名を含めて10数名の参列。
1周忌だが遺骨はまだ・・・。
お仏壇前で観経、遺骨壇の前で偈文。
納骨は延期。
4時頃帰宅。
午後6時頃、仮通夜。

山間と山間

12023 
長男・允は早朝から愛知へ友達と。
瑞恵ちゃんと孫、女房は金沢近郊へお出かけ。
10時半、郊外のご門徒宅へ。
6名の参列。
お婆さんの1周忌。

12024 
午後1時過ぎ、同級生が文書を受け取りに。
息子さんの受験計画一覧表。
私としての助言も伝える。

 
12021 
12022 
午後3時過ぎ出かける。
30分ほどのドライブ。
隣町の山間の集落へ。
午前中に訪問した集落と山を挟んで反対側の集落。
従兄弟の代理で中陰・3七日。
先週同様4名の方が待ってくださる。
お仏壇前の勤行中にお焼香、中陰壇前の勤行は正信偈、同朋奉讃。
これも先週同様。
終えて5時頃帰宅。
瑞恵ちゃんや孫たちも帰宅。

今日も休み

Dsc_0274_2 
今日もお参りのお約束はなし。
午前中はただなんとなく。
昼食は後輩・友達夫婦と我が夫婦。
午後、文書作成作業を始めたら、同級生から電話。
忙しいかと。
いや、と返事をしたらすぐにやってきた。
書類作成の依頼。
得意分野なので引き受ける。
同級生が帰ったあと、ネットで情報を調べながら書類作成。

数珠

12012 
お参りのお約束はなし。
居間に菓子箱が置いてある。
昨日のお参りでは菓子箱をいただかなかったはず。
なんだろう?と思っていたら、女房が修理された数珠が届いたと。
先日、京都へ出かけた際に依頼してきたもの。

 
120122 
東日本大震災復興支援の念珠も・・・。
 
12013 
夕方、診療所へ。
鍼灸治療のための同意書・診断書を出してもらいに・・・。
待つことを覚悟して出かける。
待合はがらんとしている。
受付を済ませて、待合のいすに腰掛けるとすぐに呼ばれる。
空いているんだ。
ラッキ~!
 
12011 
夕べは、ご門徒宅でがっつり飲んだので、今夜は控えたほうがいいと思わないでもなかったが・・・、風呂には行ってさっぱりしたら、やっぱりちょっと・・・と。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック