« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

Urusi 
午前9時半、セレモニーホールへ。
後輩のお父さんのお葬式。
ご招待があり諷経。
ご隣寺のご住職がご導師、若院が脇導師。
川向こうの先輩住職も諷経。

11時過ぎの帰宅。
うどん屋さんへ。
早めの昼食。

午後は、漆塗り。
まず、ペーパー掛け。
続いて塗り。
漆は仕上げ用を。
薄め液を加えて・・・。
筆も新しいものを。
縮まないことを祈る。

 
夕方、鍼灸院へ。

漆塗り

Dsc_0011 
9時半過ぎ、従兄弟が・・・。
代理でお参りさせていただいた中陰のお礼に・・・。
大きなスイカをお土産に・・・。

 
続いて10時頃、ご門徒のご夫婦が・・・。
昨日のお葬式のお礼参りに・・・。
マネージャーも集金に。
 
趣味の漆塗りを・・・。
 
午後2時頃、マネージャーが・・・。
支払い業務に・・・。

隣町のショッピングモールへ。
私は書店へ。
女房はマーケット。
帰路、保育所へ孫のお迎えに。
 
Dsc_0012

お葬式

Dsc_0010_2  
午前10時、お葬式。
私と役僧さんの2人が出仕。
お葬式を終えて、月忌。
午前10時のお約束を11時に。
午後1時半過ぎ、役僧さんとご門徒宅へ。
2時頃から還骨・中陰。
帰宅して、ペーパーかけ。
続いて漆塗り。
夕食後、ホームセンターへ。

差別

Amino_2 
この本を読み終える。
神仏、天皇直属の民が、神仏、天皇の権威低下と共に差別されるようになっていく。
一般の民にはない職能ゆえに差別される。

 
午前9時、祥月命日。
帰宅して、漆塗りを少々。
お通夜の準備。
法名の選定をして・・・。
午後7時、お通夜。

朝から晩まで

Dsc_0003 
午前8時、枕勤めに。
夕べご門徒のおばあさんが亡くなられたので・・・。

午前10時、お葬式、諷経。
後輩住職が導師。
脇導師のお手伝いのご住職と諷経のご住職、そして私、4名の僧が出仕。
早めに昼食をいただいて、午後12時前に火葬場へ。
昨日、ご門徒の方が亡くなられたのだが、お葬式ができないので、火葬場でお勤めをと。
帰敬式・お剃刀をさせていただいて、路念仏以下葬場勤行を・・・。
帰宅してしばし休息。
趣味の漆塗りを少し。
夕方、鍼灸院へ。
午後7時、月忌。

お葬式~お通夜

Dsc_0002 
午前10時、お葬式。
諷経。
ご導師の女性住職、ご導師と同級生の住職さんが脇導師、諷経僧が1名、そして私の4名の僧が参勤・出仕。

昼食後、出かけようとして気づく。
今夜のお通夜の看板。
居間に戻って看板をプリント。
そこへマネージャーが・・・。
お供えの盛籠の名札のプリントも・・・。
ホームセンターへ。
すだれとメダカのえさと、スタッフさんに依頼されたガムテープを。
続いてコンビニ。
女房に頼まれた牛乳を。
帰宅すると女性住職の勤行の声が・・・。
還骨・中陰らしい。
午後7時、お通夜。
午前中脇導師だった住職のお寺のご門徒。
海岸線を西へ20分ほどの海沿いの集落のお寺の住職がお手伝い・脇導師。
喪主は、午前のお葬式の喪主と同級生。
同じ方々がお手伝い。

お通夜

Dsc_0001_1_2  
数日前から孫が風邪で休んでいる。
女房が病院へ。
今夜はお通夜。
故人は私の父親の同級生。
弱々しく見える方だったが、その方が・・・。
お手次のお寺は、市街地から南へ8Kmほどの山間の集落のお寺。
お手伝いの脇導師は、市街地のお寺のご住職。

ザル麺

Dsc_0001 
今日もお参りのお約束はなし。
で、今日も趣味の塗り物のペーパー掛けをして過ごす。
昼は冷たいザル麺。
素麺とラーメンのミックス。
夕方、女房の兄貴が・・・。
お中元を・・・。
しばしおしゃべり。

ダイソン

Dsc_0003_3 
写真は景品でもらったダイソンの送風機。
今日はお参りのお約束はなし。
趣味の塗り物の作業をしながら過ごす。

ご法事と夏祭り

Dsc_0002 
午前10時、ご門徒宅へ。
7回忌。
故人の子どもさんやお孫さん、ひ孫さんら10数名が参列。
お勤めを終えて、高台の墓地へ。
お墓の修復をされたので・・・。

 
午後3時、ご門徒宅へ。
3回忌と50回忌。
約10名が参列。
 
Dsc_0003_2  
家族で女房の実家へ。
夏祭り。
 
Dsc_0005

お墓へ

Dsc_0014
Dsc_0017  
午前9時のお約束で郊外のご門徒宅へ。
お墓の修復工事が完工したのでお参りに・・・。
お参りを終えて、お宅でコーヒーをいただき、ニンニクとタマネギをいただく。

帰宅して塗装を・・・。
 
Dsc_0001 
午後5時過ぎ、隣町の山間の集落へ。
従兄弟の代理で4七日のお参り。
故人は昭和25年生まれの67歳。
ガンで亡くなられた。
お勤め後しばしお話しをして、お弁当などをいただいて帰る。

諷経

Dsc_0011 
女房は気管支炎でダウン。
午後12時半頃、セレモニーホールへ。

道路を挟んだ隣家のお葬式。
ご門徒ではないので諷経。
故人は、沈金作家。
芸術院会員。
多くの生花が飾られ、大勢の参列者。
2名の弔辞。
正信偈のお勤めを終えても4カ所の香炉ではお焼香が終わらない。
久々に延々と短念仏を。
お葬式を終えて控え室に戻ると時計は2時10分。
普通のお葬式に比べて30分ほど長い。
市長の弔辞も長かったし・・・。
夜は頼母子講。

応仁の乱

Ohnin 
午後1時、月忌。
40歳を過ぎたご夫婦が参列。
ありがたい。

上の雑誌を読み終える。
なんとなく応仁の乱の雰囲気が理解できたように思う。
戦国大名の誕生から戦国時代へも・・・。

 
Dsc_0010 
次に読み出した本に、「祠堂銭」と。
一般的には「永代経」といわれることを能登では「祠堂」という。
どうして言葉が違うんだろう?と思っていたが、古くは「祠堂」という言葉も使われていたんだと知る。
 
夜は頼母子講。

スイレン

Dsc_0004 
睡蓮が今シーズン初開花。
お参りの予定はなし。
午前中ちょっと塗装を・・・。
早めに昼食。
女房は坊守会学習会。
リクライニングチェアでうたた寝と読書。
マネージャーが、注文のろうそくを配達に・・・。
続いてご門徒の方がご法事の打ち合わせに・・・。
軽作業と塗装。
夕方、後輩が。
正覚寺の隣家の方が亡くなられたと・・・。
諷経の御案内。
シャワーをして鍼灸院へ。

2七日

Dsc_0005 
午後6時、漁師町のご門徒宅へ。
役僧さんも。
2七日。
数十人の親戚の方が参列し、お菓子箱や食事が準備される。
かつては初七日の行われていたのだが、初七日のお勤めは還骨に続いて勤めるようになったので・・・。
お勤めを終えて、私と役僧さんは、お菓子箱と寿司折りをいただいて帰る。
来週の3七日からは午後7時に。
お参りは役僧さんが・・・。

13回忌

Dsc_0004  
午後3時、13回忌。
故人は寺参りをされたり、寺の手伝いをしてくださったり・・・優しいお祖母さん。
願主の弟さん2名が亡くなられておられるので、併せてお勤めを。
大阪から願主の妹さんお二人と甥っ子らしき男性がお一人参列。

 
6時過ぎから正覚寺役員会。
今後のご相談をし、懇親会を。

書店はしご

Dsc_0004_2 
午前10時、3回忌。
ご家族ら5名が参列。

昼食後昼寝。
その後書店へ。
読みたいと思う本が見当たらない。
隣町の書店へ。
2冊買う。

ツエーゲン勝利

J2 
午前10時、月忌。
夕方6時のお約束だったのだが、土曜日で皆が出かけるからと・・・。
故人の奥さん、息子さんが2名、お嫁さん、お孫さん3名、合計7名が参列。
お孫さんは、1人が男子、2人が女子。
お姉ちゃんに、何年生?と。
小学校高学年かと・・・。
すると高2と・・・。
失礼 (;´Д`)

午後1時過ぎ、御隣寺へ。
八日講。
ご隣寺の若院を含めて5名の出仕僧。
参詣は4名。 (;´Д`)
帰宅してしばし休息。
午後5時、3回忌。
故人の子供さん4名を主に7名の参列。
これで予定終了。

ハウスクリーニング

Dsc_0004_1 
女房は、婦人聞法の会一日研修、金沢へ。
朝からハウスクリーニングサービス。
先日のエアコンのクリーニングに続いて、カーペットクリーニングと換気扇。
午前11時、祥月命日。
ご兄弟2名ら4名の参列。
お供えのスイカをお下がりにいただく。

Sohsikiこの本を読み終える。
時代が変わり、社会が変わる。
お葬式が必要とされなくなり、お墓も不要となる。
そんな時代に生きているんだと感じる。

https://www.kamakura-net.co.jp/newstopics/pdf/20150201.pdf
~約 6 件に 1 件が直葬~
関東で 22%、次いで近畿地方の 11%
東京、大阪、名古屋など大都市で直
葬の割合が高い傾向

病院

Dsc_0002_1  
今日もお参りの予定はなし。
女房は朝から七尾の教務所へ。
坊守会役員会。
私は留守番をしながら、雑誌を読んだりうたた寝をしたり・・・。
午後2時半、病院へ。
2ヶ月ごとの診察。
今日はレントゲンも・・・。

反省会

Dsc_0001_2 
今日はお参りの予定はなし。
夜、先日の七夕の集いの慰労会兼反省会。
生ビールが残っていたので、樽を空にした。

七夕の集い

午前9時、お葬式。
本堂が満席近い参列者。
午後1時前、本堂で還骨・中陰。
10数名の参列。

 
Dsc_0009 
午後4時、七夕の集い。
和太鼓虎之助の演奏でオープニング。
 
Dsc_0005_2 
ご門徒の焼き鳥屋さんに協力していただいて・・・。
 
Dsc_0006 
雨の予報だったのだが、曇り空でなんとか・・・。

お葬式~お通夜

Dsc_0001 
午前10時、お葬式。
故人は90歳。
お参りに伺うと、いつも待っていてくださった方。
その姿が懐かしくお参りさせていただいた。

 
午後7時、お通夜。
故人は64歳。
私の2年先輩。
板前さんで居酒屋を・・・。
がんで亡くなる。
高齢化と言われる中で、60歳前後の方のお葬式は、正覚寺のご門徒だけで今年3軒目。

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック