« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

お葬式~病院はしご

Dsc_0018 
午前7時前に旅館を出発。
車の中でおにぎりで朝食。
9時前に帰宅。
スタッフさんと合流してお葬式の準備。
午前10時、お葬式。
曹洞宗のお寺の檀家さん。
喪家は正覚寺と同じ町内の方。

Dsc_0001_2 
午後2時頃、病院へ。
8週間ごとの診察。
今日は採尿・採血検査も。

Dsc_0002 
薬を処方してもらって一旦帰宅。

午後5時頃、診療所へ。
鍼灸治療の同意書をもらいに。
1時間以上の待ち時間を覚悟して・・・。
ところがすんなりと・・・。

山代温泉

Dsc_0003 
午前6時過ぎに起こされる。
訪問者。
母子らしい。
聞くと、ご主人が病院で亡くなり家族葬をされたいとのこと。
お手次のお寺を招待せずに、正覚寺でできないかと・・・。
私は、今後そのお寺とはお付き合いしないのですか?と問うと、
中陰や満中陰、納骨、法要をお願いすると・・・。
それじゃぁ、そのお寺の方にお葬式をお願いすべきじゃないですか?と。
そういう時代になったことを改めて感じる。

 
午前11時頃、友達夫婦と出かける。
羽咋の道の駅で食事。
近くのお寺を見学。
本堂が火事に遭われた様子。
 
Dsc_0011 
小松へ。
苔の里を見学。
 
Dsc_0017 
山代温泉へ。

新聞

Photo 
昨日の北陸中日新聞。
25日の夜は輪島での食事時に2時間ほど共に。
26日朝には輪島を出発前に正覚寺へ。
長年大阪から能登へ。
ありがとう。

 
Photo_2 
今日の読売新聞。
輪島のアパートは高く、近隣のアパートは安い。
なぜ?
建設費の違い?
それはないでしょ?
この施策、なんか違うような気がする。

サザエ

Dsc_0002

 
午前中は予定無し。
玄関先でお椀にペーパー掛け。
女房はちょいとご近所を一回り。
正覚寺のご門徒の供養にと志が届けられる。
その方からサザエをいただく。
女房のお友達がアメリカ土産を・・・。
 
午後、女房は公民館へ。
パッチワーク教室。
午後2時、月忌。
帰宅して漆塗り。
玄関先でペーパー掛け。
孫が帰ってきたので、お守り。

タヌキ

Dsc_0021_1 
午前10時半、満中陰。
ご自宅でのお勤め後納骨。
墓所は正覚寺本堂裏。
お斎もお付き合い。
郊外の温泉旅館。

 
Dsc_0027 
タヌキが・・・。
顔や頭に蜘蛛の巣が。
年老いて弱っているみたい。

祭り

Dsc_0016 

朝食後、軸に法名をお書きしてご門徒宅へお届けに・・・。
今夜は漁師町のお祭り。
 
Dsc_0019_1 
向かいに警察官やその他・・・。
事件等ではなかったらしい。
 
夜はピースサイクルの方々の夕食にお邪魔する。

キン台にキャスター

Kiyome 
この本を読み終える。
勉強した。

 
Dsc_0010_4  
先日から塗っていたキャスター付きのスノコ。
ゴム製の滑り止めを設置して、キン台の下へ。

輪島大祭

Dsc_0022


Dsc_0023 
昨日から輪島大祭。
午前10時、月忌に。
徒歩で。
町中では祭りの準備が。
 
午後1時、漁師町のご門徒へ。
納骨に。
お仏壇と中陰壇前でお勤め。
終えて、木綿の袋に遺骨を移して戴いて、墓地へ。
納骨。
上の写真は帰路、隣の漁師町のお祭り風景。
 
Dsc_0009 
夜は斜め向かいの重蔵神社の祭り。
女房の実家の家族や息子らの友達が・・・。

塗装

Dsc_0019

 
キン台にキャスターを付けようと。
キャスター付きのスノコをネットで購入。
朝食後、ホームセンターへ。
塗料やパーツを。
午前中は裏を塗装。
午後は、表を塗装。
夕方、2週間ぶりに鍼灸院へ。

山中へ

Dsc_0015  
友達夫妻と山中へ。
木地屋さんや蒔絵師さんを見学。
勉強させていただいた。
 
Dsc_0018

円光寺さん跡地

Dsc_en01 
Dsc_en02 
義姉のご実家のお寺の移転前の跡地へ。

 
Dsc_en03_2 
Dsc_en04  
Dsc_en06 
En05 
古い時代、想像を膨らませて見学した。

お葬式

Dsc_0002

 
Dsc_0001 
午前10時過ぎに出かける。
昨日に続いて七尾市へ。
正午からお葬式。
祭壇に遺物。
故人は僧侶だったわけではないが五條袈裟が。
地域の風習らしい。
住職などの僧侶のお葬式で飾られる遺物をそのまま在家・ご門徒にも・・・ということだと想像する。
お葬式を終えて、火葬場へも同行。
セレモニーホールへ戻って遺骨が戻ってこられるのを待つ。
3時過ぎに還骨・中陰。
お斎はご辞退。

代理でお通夜

Kamihasi 
夕べ、女房が酔っ払い。
私は、正覚寺と比較にならない大寺の生まれで、お嬢様、じょうろ様と様付けで呼ばれて育ったと。
正覚寺のような貧乏な寺ではなく、もっと金持ちの寺へ嫁に行けると思っていたと・・・。
それを何度も繰り返す。
寺が裕福であるかどうか、そこに寺の規模、門徒数は大きく関わる。
それから地域性もある。
そして僧としてのあり方、生き方もあると思う。
私に大きなお布施をせびる生き方はできない。
女房はどのようにぜいたくで優雅な生活がしたいのだろうか?

午前11時、朝市通り脇のお宅へ。
約10名ほどの参列。
 
午後5時過ぎ出かける。
約1時間。
七尾市郊外のセレモニーホールへ。
代理でお通夜にお参り。
正信偈3首引のお勤めを。
後ろから大きな唱和の声。
浄土真宗を感じる。

暁斎展

Gyohsai1

 
Gyohsai2 
今日はお参りの予定はなし。
で、金沢へ。
暁斎展。
様々な分野の絵という感じ。
画家というよりイラストレーターのハシリという印象。
鳥獣戯画のようなカエルの絵、達磨大師の絵が気に入った。
 
午後はアウトレットへ。
ショッピングが苦手だが・・・。

ひとり死時代

Kotani 
この本を読み終える。
ひとり死時代。
ご縁があって施設に入所されている方がお参りにおいでるように・・・。
身寄りがなくなられたその方から、お葬式~納骨までの一切を依頼されお引き受けする。
で、その方がお亡くなりになり、スタッフさんや福祉関係の方々とともにお葬式を・・・。
満中陰を終えるまで本堂でお守りをして、合葬墓へ納骨。
ひとり死の方の弔いを寺としてなにかできないだろうか?そんなことを考えながら読んだ。

組という真宗大谷派の組織で取り組めればいいと思うけど、難しいだろうなぁ!
 
午後3時、月忌のお参りに。
お勤めを終えてお話しをしていると、来月から月忌は止めると・・・。
 
午後6時、新盆のお勤めに。

墓苑

Dsc_0001_2Dsc_0002_2
左側は15年以上前に初めて塗った汁椀。
右の椀も10年以上前に塗ったものだと思う。
淵の剥げが気になるので数日前に塗り直す。

 
若は、朝食後から盆勤めを・・・。
私は、11時、役僧さんの近くのお宅へ。
満中陰。
故人は私の2歳年上。
願主・喪主は、若・長男の同級生。
中学校では同じバスケ部。
 
Dsc_0003_2 
夕方、墓苑を巡回。
駐車場には数台の車。
しかし、墓苑には参拝者はなし。
帰り際に挨拶を交わした女性、水を汲みに・・・。
墓苑の参拝者???
市営の墓地に囲まれた立地なので・・・。

盆花

Dsc_0012_2 
今朝も予報にはない雨が・・・。
午前9時半、郊外のご門徒宅へ。
1周忌。
故人のご主人や子どもさん、お孫さんら十数名が参列。
ご自宅でのお勤めを終えてお墓へ。
除幕式をしてから納骨。

Dsc_0014 
午後1時半、盆勤めに。
2軒。

 
Dsc_0015_2 
輪島でいう盆花。
かつてはこの花でなければならないかのようにお墓にもお仏壇にもこれがお供えされていた。
 
Dsc_0016 
しかし、気づけばこういうお花の方が多くなった。
何が理由で変わったのか・・・?

思わぬ雨

Dsc_0010 
天気予報に反して朝から雨。
午前8時、墓前勤行に。
町外れの高台のお墓。
ご兄弟3軒のお宅のお墓が並んでいる。
テントが立てられて・・・。

 
Dsc_0011 
午前10時、盆勤め。
満中陰を終えたばかりの新盆のお宅。
故人のご主人や子供さん、お孫さん、7名が参列。
 
若院は漁師町のご門徒の盆勤めに。

お盆勤め

Dsc_0020  
午前10時半、墓前勤行。
50代半ばでガンで亡くなられたかたの初盆。
故人のご両親、子どもさん、お孫さんら十数名が金沢から参列。

Dsc_0022 
昼食前、午後と漆塗り。
 
夕方5時半、6時半とお盆勤め。
その後、頼母子講に合流。

バーベキュー

Dsc_201780012 
今日はお参りのお約束はなし。
お盆勤めをされているお寺があるというのに・・・。

で、午前・午後と漆塗りを。
 
Dsc_201780015 
夕方から友達を誘ってバーベキュー。

大逆転

Koku 
朝からペーパーかけから塗り物。
女房は航空学園の試合観戦。
1-2で負けているところで、相手が1点追加で1-3。
ラジオを聞きながら塗り物。
1-5の4点差。
航空学園はチャンスが作れない。
7回を終わっても1-5。
8回、ノーアウトで航空学園が1点を返し2-5。
最悪でももう1点と思ったが、ダブルプレーなどで追加点ならず。
ダメかぁ!
その裏、相手に追加点のチャンス。
だめ押しをされてお終いかと思ったら、0点でしのぐ。
相手にも少しイヤ~な雰囲気?
9回、ノーアウトでチャンスを作るが、後が続かず2アウトになってしまう。
これまでか?と思ったら、そこから4連打4点。
まさかの逆転。

11時半、金沢近郊からお墓参りの方が・・・。
墓前勤行に。
帰宅して昼食。
12時半前に出かける。
月忌。
12時半にしてほしいとのご依頼で・・・。
午後も漆を一塗り。
夕方、保育所から帰った孫を境内の駐車場で遊ばせる。

ベル

Beru 
午前中、ペーパーかけをして、椀の外側を漆塗り。
昼食後は、読書 兼 ウツラウツラ。
午後3時、お墓のご相談に・・・。
夕方、椀の内側を漆塗り。
漁師町のご門徒へお盆勤めの御案内発送。
夜は頼母子講。
先輩が経営の焼き肉店。

家族葬

Dsc_0010_1 
今回の漆塗り、これで完成とする。

 
Dsc_0003_1 
午前11時、広間で家族葬。
後輩住職のお寺のご門徒。
なので私は出仕なし。
スタッフさんの補佐をしてお世話。
 
午後1時30分、八日講。
川向こうのお寺が宿寺。
いつもは10名ほどの参詣のあるお寺。
今日は台風の影響の雨と暑さのためか数名。
 
帰宅するとマネージャーが支払い業務に・・・。
 
午後6時、月忌。
夏休みのお孫さんら6名の参列。

山吹塗

Dsc_0008_2 
夕べ、寝室へ・・・と思ったところで電話。
後輩住職から。
ご門徒の方が家族葬を・・・。
造花屋さんに依頼したら明朝まで対応できないと言われたと・・・。
で、正覚寺に電話。
喪主の方からお話を伺うと、自宅葬をご希望。
で、正覚寺は祭壇を所有していないので・・・と。
すると正覚寺を会場に家族葬を・・・・と。
で、早速火葬場の予約。

 
朝食後、漆塗り。
終えて階下へ降りるとスタッフさんが。
お通夜の準備。
 
Dsc_0010_2 
午後もスタッフさんと。
午後4時、近くのご門徒宅へ。
13回忌のお勤めに。
帰宅してスタッフさんと。
午後7時、お通夜。
私は出仕しない。
南の山間の集落のお寺のご門徒。
私はスタッフさんを補佐。

テレビ

Etv 
夕べこの番組を見た。
安倍晋三や稲田朋美、櫻井よしこ、加計孝太郎らに見せたいと思った。
見せても、戦争とはそんなものとしか思われないだろうが・・・。
戦争で犠牲になるのは弱者、弱者はそのことに気づいてほしい。

 
Dsc_0002 
若夫婦と女房は金沢へお出かけ。
留守番をしながら漆塗り。
午前10時、昨日のお葬式の喪主のご兄弟がお礼参りに。
スタッフさんも集金に。
 
Nabigeshon 
一昨日、お通夜で視ることのできなかった番組、録画した。
それを視る。
40年ほど前から正覚寺はご依頼(上納金)の門徒戸数を減らしてほしいと訴えてきた。
しかし、地域の寺院や教区・本山は、それを聞き入れてはくれなかった。
過疎ということが現実のこととして実感できなかったのだろう。
私・正覚寺は、我慢できずに調停~裁判。
その後、本山は門徒戸数調査を行い、ご依頼の制度を改革した。
そして今、過疎が現実として目の前に・・・。

教養としての仏教入門

Bukkyou 
午前10時、お葬式。
午後1時半過ぎ、還骨・中陰。
帰宅して漆塗り。
シャワーをして鍼灸院。

上の本を読み終える。
著者の意図するところは理解できる。
とても読みやすい。
しかし、何も残らない。
宮沢賢治・銀河鉄道の夜が大きなスペースで・・・。
宮沢賢治が所属していた国柱会という会も名前だけは・・・。
宮沢賢治は法華経を信仰と紹介。
しかし、そうだろうか?
国柱会は、日蓮宗・法華宗系の団体だけど、右翼的な活動をしていた団体。
そうだろうか?

お通夜

Dsc_0001 
午前中は塗り物にペーパーを。

午後、お通夜の準備。
午後7時、通夜。

無縁墓供養会

Dsc_0014 
朝食後、涼しい間に・・・と漆塗りを・・・。

昼食後は読書とうつらうつら。

 
午後4時、社会福祉協議会の無縁墓の供養会。

特別公開

Dsc_0011  
9時頃の新幹線で京都へ。
まず本山・東本願寺の枳穀邸へ。
お茶室が特別公開されているので・・・。
説明も聞かせていただく。

 
Dai1 
Dai2  
Dai3 
昼食後、バスで大雲院へ。
ここも特別公開。
鉄筋作りの新しい本堂。
どうしてここが?
説明を聞いて納得。
宝物館、石川五右衛門のお墓などを含めてゆっくり見学。
 
午後4時10分発のサンダーバードで帰路に。

宮島

Dsc_0006 
ホテルの部屋の前を新幹線が通勤電車並み?
9時過ぎの新幹線で広島へ。
駅前のホテルへ荷物を預けて、電車とフェリーを乗り継いで宮島へ。

Dsc_0007 
Dsc_0009 
厳島神社、大願寺、資料館などを見学。
暑い。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

気象協会

  • 気象協会

最近のトラックバック